スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#531 地域猫とTNR(後編)

〈これまでのあらすじ〉
…地域の野良猫を減らして、住民と猫との良好な共存関係を目指す“地域猫活動”が評価されない最たる理由は、本来の目的に反して野良猫を増やす要因になる猫への餌やりにあるのではないか…と思えてきたしろへ~。

地域の野良猫を減らすには、地域猫活動は、地域住民は、果たしてどうあるべきなのだろうか?


いつになく真面目な話題を立て続けに載せてきたが、恐らく今回が最後になると思うので、ご覧の方々にはいましばらくお付き合い願いたい。

また、色々考えながら文章を編集していたので、更新が非常に遅れてしまった点はご容赦願いたい。



(続き)
地域住民の意見「野良がゴミ捨て場を漁って困るんだよ」
しろへ~の意見「じゃあ、漁られないように努力と工夫をしましょうよ」

餌やり派の意見「じゃあ、野良猫(地域猫)はどうやって飢えをしのぐの?」
しろへ~の意見「自力でどうにか。それが元よりあるべき姿でしょう」

…という訳で、私しろへ~なりに、地域と猫との問題解決法を考えてみた。


【基本指針】
野良猫を減らし、地域住民が快適に住める環境を目指す

地域住民の意向を、可能な限り最優先に酌む

従来の猫への待遇を一新し、限りなく犬と同様に扱う

“生き物の飼育に伴う義務と責任”を通じて、命の重みを理解させる


【飼い猫と飼い主は】
飼い猫の室内飼い、もしくは不妊・去勢手術を義務とする

給餌は室内及び自宅敷地内でのみ行う

新たに(初めて)猫を養う場合は、必ず公認の里親紹介所を介し、面談などで適格と認められた場合のみ譲られる(猫自体に金銭は不要)

猫を飼うときは役所に届け出て飼い猫を家族の一員として登録し、死亡届などの提出も義務とする

飼い猫を手放す際に引き取り手が居ない時は即刻殺処分とし、また正当な理由なく手放す場合は罰金を支払う

飼えなくなった(不要な)飼い猫を捨てた、あるいは殺したことが発覚した場合、さらに重い刑罰を与える


【地域猫活動は】
団体は役所に届け出をし、屋外での給餌を認める許可証を交付して貰う(有料)

許可証は身分証明として携帯しておき、代表者の連絡先など責任の所在を常に明らかにする

活動はTNRと猫の健康管理、糞尿の処理を主軸とし、給餌は極力控える

給餌する場所は、地域住民の合意を得た上で指定された“地域猫保護区域(※)”でのみ行う

給餌者は給餌が完了するまでその場を離れない(置き餌の全面禁止)

活動内容と経過・結果を定期的に役所に報告し、地域・行政との連携を密にする

※…架空の概念


【地域住民は】
ゴミ捨て場の徹底管理と改良に取り組む

余計な給餌をしない


【その他】
単なる愛玩目的での生体販売の原則禁止

すべての賃貸住居で、ペットの飼育を認可する


…以上、ここまでやれば、おそらく、いや確実に野良猫は減らせるものと思う。
猫が地域に迷惑をかけることもなくなるだろう。

正直、非常に極端な手段が多々あり、これらを今すぐ実施するのは無理がある。

が。

これは今までの日本が、今までの地域住民が溜め込んできた負債、いわば“つけ”だと思う。

その辺は、また別の記事で述べるとして、とにかく長い年月をかけて、段階を踏んで辛抱強くつけを払わなくてはならない。

さて、野良猫問題が解決するのは何年後になるのやら?





今回で地域猫の話題は終了とするが、次回も猫関連の話題を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。