スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#487 ファイナルとか言っといて、お前いったい何作出しゃ終わるんだよ(笑)

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…歯痛的経済水域…」

不意に脳裏に浮かんできた、謎の水域。

この海域を航行した者は、もれなく原因不明の歯痛に苛まれ、その後治療のために通う事になる歯科医と薬局の経済が潤うという。

とりあえず、痛い歯に正露丸を詰めて応急処置とすることを推奨する。
逆に痛いらしいが。



…『ファイナルファンタジーⅢ』のプレイステーション・ポータブル版が発売されたようで。

当ブログを覗いてくださる方々は、まず大抵ゲームの素養があるものと思うので説明は要らないだろうと思うが、念のために軽く説明すると…。

元々は、かれこれ20年は昔に発売された、「スクウェア」(今のスクウェア・エニックス)を代表するゲームタイトルの三作目であり、ファミコンのRPGソフト。

通称“FF”あるいは“ファイファン”。
FFと言っても、ジョジョのプランクトンとかマイク・ハガー市長などと誤解してはいけない。

以上。

初めてFFⅢを見たときは、“999の車掌さんが戦ってる…(※)”などと思ったものだが…。


※…“黒魔道士”や“風水士”、“魔人”などのジョブのグラフィックが『銀河鉄道999』の車掌さんに似ている。
主に顔部分が。


当時はそれなりに遊んでいたゲームだったが、終盤で攻略の仕方につまづいて、結局クリアできなかった事。

モンク(→空手家)は「じょうたろう」。
戦士(→ナイト)に「ポルナレフ」。
黒魔道士(→魔人)が「かきょういん」。
白魔道士(→導師)を「じょうすけ」…とそれぞれ名付け、無節操なジョジョパーティを作った事。

パーティのデフォルトジョブである“たまねぎ剣士”は、何故たまねぎなのかが未だに分からない事。

長い歴史を持つシリーズ作品ながら、“バイキング”などというジョブがあるのは、後にも先にもFFⅢだけだろうな…という事。
よく知らんけど。


そんなこんなと、色々と懐かしい時代のRPGだったFFⅢがリメイクされるとあり、私しろへ~としても少なからず興味はあった。

が。

今回のPSP版を、あえて手を出すことはしない。

何故なら、同時に二つ三つのゲームに浮気…というか没頭できない一途な私しろへ~。
今もなお『グランナイツヒストリー』を遊んでいるので、ほいほい手を出すわけにはいかない訳で。

そもそも、今年の正月に買ったニンテンドーDSの『メタルマックス2リローデッド』だって積みゲー状態だし(苦笑)。

そして何より、今回のPSP版FFⅢは純正オリジナルのファミコン版ではなく、ニンテンドーDS版のリメイクだと判ったから。


ファミコン版は良くてDS版が気に入らない理由のきっかけは…
“DS版の主人公パーティに、女性が混入された事”。

本来、オリジナルのファミコン版では、主人公パーティの四名すべてが少年である…という設定だった。
それを、DS版は事もあろうか一名を性転換させてしまったのである。

これは別に、“パーティにおにゃのこが混ざってるのが嫌”という偏見では決してない。

少年四人だった筈の一人を突然おにゃのこにした挙句、四人すべてに固有の名前や相関関係…ひいては個性やストーリーを与えてしまうその所業。
(それはそうと、おにゃのこはやめろ)

こうなると、元祖たるファミコン版とは大局的なストーリーが同じでも、全く別の物語になってしまう。

無論、この仕様変更に対して“それがいいんじゃないか”と肯定する見解もあるだろうが、オリジナルを尊重して変化を嫌うしろへ~の気質としては、これをFFⅢと認められない。

これには、“余計なことをするな”と本気で言った記憶があるし、そんなDS版をPSPソフトとしてリメイクしたとか言われても正直困る。


キャラクターの一人一人に個性が出るのは、普通に考えれば当たり前で魅力的だけど、逆に無個性であることも悪くないと思う。

例えばファミコン版のⅢ、同じく初代FFは、プレイヤーキャラクターに名前がなく、これといった設定もない。

でも、それはそれでプレイヤー自らが自由に名付けることで個性が生まれるし、そこから色々な創造力を働かせる楽しみに繋がるのではなかろうか?

そして、そこには“誰々の物語”でなく“俺(達)の物語”というオリジナリティが生まれ、プレイヤーの愛着が増すことだろう。

そういう意味で、ファミコン版Ⅲは、キャラクターのビジュアルや性格といった個性が完全固定されがちなFFシリーズの中でも稀有な存在だったのたが…。

いやはや、残念でならない。


…あれこれ不満を述べたが、元祖ファミコン版のBGM──昔ながらの電子音源──でゲームを楽しめる…というおまけ要素には、不覚にもときめいてしまったしろへ~(苦笑)。

電子音源には電子音源でしか出せない味わいがあるんだよなあ…。





〈ファイナルファンタジー豆知識〉
『ファイナルファンタジー』というタイトルは、当時のスクウェアが業績不振であり、“このゲームが売れなかったら、これを最後にゲーム開発は止めよう”と覚悟を決めていた事に由来するそうな。

今の「スクウェア・エニックス」からは想像もつかない話である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。