スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#398 ランパートの報告書

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…これが同じ日本だというのか…」

つい先日、犬福大好き仲間の「たける」さんからメールを頂戴しまして。
近況やら犬福グッズの通販やらについてやり取りした訳だけど…。

そこで、沖縄県にお住まいのたけるさんから“(今の)気温は22度。太陽の光が気持ちいいです”という一文を戴き、激しくショック。
22度って。

22度と言えば、人によっては半袖姿で充分過ごせるだろう気温。
北は東北・北海道、南は沖縄と、同じ日本でも寒暖の差が激しいことは承知していたが、まさかこれ程とは…。

羨ましいぞ沖縄(少なくとも今の季節は)。
一度くらいは行ってみたいものです。



…久々に『グランナイツヒストリー』の話題ですが、育成も戦争も両立して遊び続けております。

ところで、今まで勘違いしていたのが、騎士団に登録できるユニットの数について。

育成パーティが最大4人なのは正しいものの、叙任させた騎士は最大32人まで在籍させることができたみたい。
戦争に参加・出撃させられる3パーティ…最大12人だけだと思っていた(苦笑)。

だから、せっかく育て上げたユニットを無駄に解雇する必要がないらしく、かなり安心。


で、今度の育成メンバーは以下の4名。

ナイト…「シャルロット」(戦乙女)
ウィザード…「ナコルル」(聖職者)
ウィザード…「リムルル」(聖職者)
アーチャー…「ミナ」(狙撃手)

今度は『サムライスピリッツ』の女性陣を起用。
先代育成パーティ(美味しんぼ、孤独のグルメ、ザ・シェフ、ミスター味っ子)の性別を変えただけみたいな職種編成。

当然、シャルロットには細剣を、真鏡名ミナには弓を持たせて。
さらに言うと、シャルロットには高笑いをさせたいが為だけに、性格を“高飛車”にしてやった(笑)。
実際はそういう高圧的なキャラクターじゃないんだが。

ナコリム姉妹は巫女って設定なので聖職者。
ナコが光魔法で、リムが水魔法(氷)。
コンルノンノ~。

彼女らを叙任させたら、例のまどマギ部隊と入れ替えて戦場送りにしてあげよう。


一方、戦争モードでは、度重なる進軍で着々と貢献度を稼いで装備品を充実させているものの、こちらの手動操作パーティ(レベル99)では歯が立たない敵国プレイヤーのパーティに手を焼いております。

ちなみに、プレイヤーが手動で戦う相手は、全てAIで動くユニット。
完全なNPCか、敵国プレイヤーが育て上げたユニットのいずれか。

中でも、具体的に槍使いが3人以上いるパーティに遭遇すると、かなり絶望的。

この辺の話は、また次回に。





…そう言えば、この前の“キャラクターバトン”ですが、どうやらハローキティだのリラックマだのいう類のマスコット的なものについて問いたかったようです。

漫画とかゲームのキャラクター(登場人物)とは違うらしく、ちょっと恥ずかしい回答になってしまったかも。

でも、犬福はあながち的外れでもない筈(苦笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。