スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#278 犬福帳・コラム ~俺とゲースと犬福と~

フランス人しろへ~、ある日の呟き〉
「あ…ありのまま 今起こった事を話すぜ!
『おれは 一冊の漫画を買うだけの為に本屋に入っていたと思ったら いつのまにか八冊の漫画を買っていた』

な…何を言っているのかわからねーと思うが
おれも 何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…
抱き合わせ術だとか超セールスだとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……」

しかも、目的の漫画は見つからなかった(苦笑)。
また明日探すさ。
…ってか、この漫画すげー面白え!買って正解♪


〈以下、本題〉

…“ゲース”が、潰れた。

いや、正確に言うと、“潰れていた”だろうか。

何故なら、それは、しろへ~が“ケンさん”こと「はたのけん」さんのブログ『はたのさんちの雑記帳』を拝見していて初めて知った事だったから。

先日、ケンさんが所用で愛媛松山に帰還し、久々に市街中心部を散策していて気付いたそうな。

よりにもよって、ゲースから程近い場所に住んでいる筈のしろへ~が知らなかったとは!
どれだけの間、あの近辺に立ち寄らなかったのかが窺い知れよう。

過去にも述べたが、ゲースとは、愛媛松山のアーケード街“銀天街”に存在するゲームセンター「GAME IN BASE(ゲーム・イン・ベース)」の事。

そこは、かつてのしろへ~が頻繁に通っていた、二階構成のちょっと狭苦しいゲーセンだった。

そして何より、しろへ~が初めて『すくすく犬福』というゲームに出逢ったゲーセンだった。


…以下、例によって馬鹿長くなるので、気の向かれた方のみどうぞ。



…1998年11月。
友人の“G”ことジョージさんらと訪れたゲームセンターで、しろへ~は一台の筐体に目が留まる。

画面には、「六鹿文彦」氏の漫画『脱走急行』に登場していた、丸くて白黒の生き物と同じキャラクターが動いている。

『クイズ&バラエティ すくすく犬福』と題されたこのゲーム、よく見ると、六鹿氏がキャラクターデザインを担当した『ソニックウイングス』と同じ会社のゲームという事が判明。
ほほーぅ。


……
………

気付けば、筐体の前に座って、スタッフロールを拝んでいるしろへ~が居た。

今でも鮮明に憶えている。
合計14枚の100円玉を投入してクリアした事を。
“ふく”と名付けられ(※)、しろへ~に育てられた犬福が「竜福」に進化した事を。

クイズゲームは得意ではないが、面白かった。

破天荒なシナリオやキャラクターが愉快。
息抜きからガチンコまで、簡単ながらも楽しいミニゲーム。
そして何より、犬福がとても可愛かった。

これを機に、しろへ~は『すくすく犬福』に夢中になった。

※…恐らく初回だけ。
以降、ずっと“しろへ~”と名付ける。


当時の“ゲース”には、“プライズマシンの景品などに関するご意見、ご要望ノート”…後のコミュニケーションノートが設置されており、この時は何故だか『To Heart』(通称“東鳩”)というギャルゲーの話題が取り沙汰されていた。

そこで、少しながらも東鳩のプレイ経験があったしろへ~が、“「マルチ」(ヒロインの一人)が犬福を抱いている姿”の落書きをノートにがしがし書き込んでみたら、ちょっとした好感触を得ることに成功。

ここから、この店のノートを中心とした、客同士の交友が深みを増していく。

ケンさんを皮切りに、Fire君やキョウ頭さん等々、しろへ~にしてはかなりの数の人達と知り合い、友人付き合いをするようになった。


いろいろな事があった。

しろへ~の誕生日、ケンさんと店内で遅くまで談笑した結果、帰宅後、しろへ~父から叱責された事。

当時、学生服姿だったFire君と遅くまで談笑していたら、店員さんから早く帰るよう叱責された事。

店の前に自転車を停め、キーチェーンをせずに店内で『すくすく犬福』を遊んでいたら、店を出る頃にはキーチェーンだけがぽつんと地面に遺されていた事。

某氏が『スターフォース』のプレイ中、隠しボーナスキャラクター“ゴーデス”の破壊の顛末に、激しく一喜一憂していた事。

“犬福狩り”と称し、ぬいぐるみやキーホルダーといった犬福グッズを大枚はたいて取ろうとした事。

“プライズ(中略)ノート”が“コミュニケーションノート”になり、一部メンバーの暴走の末に一見さんをドン引きさせる程のカオスっぷりを見せ付けるまでに至った、通称“ゲースノート”。

もともと、他店舗からの借り物だった『すくすく犬福』が撤去(返却)されるのを嫌った我々が、“犬福助命嘆願書”として署名活動を行った事。
(努力は結実しなかったが)

エトセトラ、エトセトラ。

…そう、『すくすく犬福』は、いつしかゲースから撤去されてしまったのだ。


この頃は、犬福のプライズ景品が次々とリリースされていた時期、言わば“犬福の黄金期”の終盤…あるいは直後だったか。

もう、一番身近なゲーセンで犬福が遊べないのか…と落胆したものだった。

それでも、その頃には、既に“しろへ~=犬福”という図式が、ゲース常連客の頭に刷り込まれていた(笑)。
それだけ、しろへ~が『すくすく犬福』というゲームに惚れ込み入れ込み、小銭を筐体につぎ込んでいた訳だ。

犬福は、どこか別のゲーセンで遊べば良い。
しろへ~は、日々仲間たちと共にゲースに集い、二階のビデオゲームコーナーで遊び続けた。
(一階はプライズマシンとプリクラ)

が。

年月が経つにつれ、常連メンバーの就職や転職、転勤などから、各人のゲースに足を運ぶ頻度が次第に減っていった。
さらに、ゲースの経営方針が徐々に変わっていったというのも、客離れに拍車をかけていたのだろう。

ある時、しろへ~がゲースに入店すると、二階のビデオゲーム筐体が姿を消し、代わりにプリクラマシン数台が鎮座していた。

…ああ、“あの頃のゲース”は、もう戻ってこないんだな。
胸に去来する、一抹の寂寥感。


それ以後、しろへ~が、ゲースの中に入ることはなかった。

しろへ~にとってのゲースは、真向かいに位置する「明屋書店 松山本店」を訪れた際に遠目に見やる程度の…それもいつかは、“視界に入っただけ”というレベルの存在に成り果てていた。

自分が遊べるビデオゲームが無いから…というより、最早そこには友人が居ることもないし、友人と連れだって入る機会も無いだろうから。

…それから数年後、しろへ~の預かり知らぬうちに、「GAME IN BASE」は銀天街から姿を消した。

2010年の事か、それとも2011年の事だったのか。
それすらも定かではない。

思えば、“ゲース”に通っていた期間は、恐らく4年か5年程度の事だったと思う。
それが長いか短いかは分からないが、しろへ~にとっては貴重な年月だった。

あの時、ゲースに立ち寄らなかったら。
あの時、ゲースにノートが置かれてなかったら。
あの時、ゲースが銀天街に存在してなかったら。
…(中略)。
『犬福』を心の底から愛好する、今の幸福なしろへ~は確実に無かったであろう。

晩年のゲースを無価値と見なして蔑ろにしていたしろへ~だが、今のしろへ~を築く地盤となったゲースには、心から感謝している。

ありがとう、ゲース。
さようなら、ゲース。





かれこれ十数冊に渡って書き込まれてきた、あの“ゲースノート”も、きっとこの世には残されていないだろう。

…いや。

確か、当時の常連の一人が、溜まりに溜まったゲースノートの約半分を、ノート置き場の整理を兼ねて持ち帰っていた筈だ。

彼は今、どうしているだろうか?

彼と連絡を取る術がないのが残念でならないが、もしもゲースノートを未だに保存しているというのであれば、是非とも読ませて欲しいものだ。


…ここまでお読みくださり、感謝します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

そう、ゲースに「あの」ノートがなければ
しろへ~さんと知り合うこともできなかったんですよねぇ。

記事を読んであの楽しかった頃の事が鮮明に蘇ってきました。
・・・また閲覧できるならば読んでみたいものです。

昔のゲースに感謝。

そしてありがとう。

No title

まぁ、お店からしてみれば、私ぁハタメーワクな常連だった様ですが…

「胸板殺し」
「策士だな、抜け目ないじじいめ…」
「オレの独り舞台ヤッホゥ!」
「忍者龍剣伝んんん…」

良い思い出もたくさんありますネ

今はただ黙祷するのみ

あのお店があったからこそこうして皆に出会えました。

退店時間を過ぎてもゲーセンに居残り、店員さんにこっぴどく叱られたあの頃。
東鳩にハマりにハマり常連から「ベスト・マルチスト」の称号まで頂いたあの頃。
「大の男2人が年の瀬に市長の胸板でラスボスを圧殺し、抱き合って喜んだ」←※又聞き あの頃。
しろへ~さんと出会い、犬福にハマり、連コしまくった・・・あの頃。

どれもかけがえの無い、大切な思い出です。
最後に一言だけ。
『GAME IN BASE、今まで本当にありがとう!!』



・・・もしかして相当にクサイですか?(笑)

目を閉じると

今でも、あの頃の思い出は総天然色で残っています。
イカスミ色にするには、まだ早い。

はたのけんさん
そう、アレがなければ、互いに話す機会は訪れなかったかも知れません。
共通の友人が間に挟まっていたことも知らないまま。
ああでなければ、自分の人生は損していたと思えます(苦笑)。

キョウ頭さん
「力ダッシュ(ちからダッシュ)」とかとか(笑)。
私ら、基本的に声がでかいから、“静かにしろ”なんて注意もされましたね(苦笑)。
今は良き思ひ出。

Fireさん
かつての「一行ネタノート」なんて、今の“twitter(だっけ?)”とやらの先駈けですよね。
時代を先取りしていたのか(笑)。
そして、しんみりコメントは歓迎。そういう記事なんだから(笑)。

…お三方、今後とも長いお付き合いを宜しくお願いします。


そうそうケンさん、
“感謝。そしてありがとう”ってアレだと思うんだ!

KY発言で雰囲気台無し。

しろへ~さん

ナイス「突っ込み」ありがとうございます^^

私もコメント送信後すぐに気付いたんですが
既に編集も削除もできずもう後の祭りw
わざわざ訂正コメするのもどうかなぁ・・・と思い放置。
それはナンヤネンと突っ込みが来るかなぁとドキドキしていましたが
見事に突っ込まれちゃいましたね^^;

正直そっとスルーされるより有難かったデスw

文章推敲がまだまだ甘いはたのでした;

いやいや

私も、内心びくびくしながら突っ込みを入れましたよ(苦笑)。
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。