スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#274 犬福帳 ~ま行続き~

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…ATM(※)ならローソン♪」

※…“Anti Tank Missile”=対戦車ミサイル。


…夏のコミックマーケットやらメタルマックス3など、何やかやあったお陰でしばらく更新が止まっていた“犬福帳”。
と言うか、上の文章は去年の10月の話題です。

一体、どれだけ放置していたというのか。

…気を取り直して。
今回は、「む」「め」「も」の項目をいってみましょう。
いつにも増して馬鹿長いので、注意して御覧くださいませ(苦笑)。

これ以前の記事に興味をお持ちの方は、カテゴリ“犬福帳”をどうぞ。


〈項目分類と数字の説明〉
“犬福”…犬福の各種形態。また、『すくすく犬福』の登場人物に飼われている犬福

“イベント”…『すくすく犬福』のゲーム本編で発生するイベントに関するキーワード

“キャラクター”…『すくすく犬福』に登場するキャラクター(犬福を除く)

“ゲーム”…ミニゲームやゲームシステム等、『すくすく犬福』のゲームプレイに関わる用語

“台詞”…魅力溢れるキャラクター達の、インパクト溢れる名(迷)台詞

“その他”…『すくすく犬福』をより楽しむ為の豆知識


数字は各項目の登場作品。

“1”は初代『すくすく犬福』、“2”は『すくすく犬福2』を指し、“(家庭用)”はコンシューマー版特有の項目。

数字のないものは、両作品に直接関係しない項目。


【犬福帳 ~ま行続き~】

昔の癖(むかしのくせ)
…イベント・台詞/1

初代『すくすく犬福』で、11月のイベントの最中に主人公が銭湯「南方湯」の前で“大滝姉妹”の妹である「まい」さんと遭遇、会話するシーンでの事。

別れ際、彼女が男湯側の入り口から入っていこうとするのを呼び止めてみると…
「あら?いっけな~い。つい昔の癖で…」
…というリアクションが返ってくる。

「“昔”って!?」と主人公も突っ込んでいるように、彼女の過去が大変気になる思わせ振りの台詞だが、真相が明かされることはなかった。


メカキートン
…その他/1

初代『すくすく犬福』で登場した玩具セット「怪ロボットセット」に入っている、赤くて怪しいロボットの名前。

本名は「ブラスター・キートン」。
「緋炎」や「真尾まお」などと同じく、シューティングゲーム『ソニックウイングス』のパイロットキャラクターである。

アーケード版のシリーズ全てに登場する彼だが、第一作の彼はいたってシリアスな生身の人間で、正義を愛する強気な熱血アメリカンだった。
エンディングでは宇宙空間の只中で行方不明となり、星になったかと思いきや、次作で珍妙なメカとなって復活を遂げる。

以降、回を重ねる毎に性能と奇天烈さがパワーアップ。
同時に性格までもがぶっ飛び始め、すっかりイロモノキャラクターとしての地位を不動のものにしてしまった。

腕のドリルと鉄球が最高に渋い、通常の3倍のパワーを誇るロボットである。


メカ福・地上型(メカふく・ちじょうがた)
…犬福/1・2

“介護”“愛玩”をコンセプトに、「板良エリー」女史が開発、設計したという『メカ犬福』の試作第一号。

実際の犬福と比較すると、足が車輪だったり耳が尖っていたり、何より顔つきがメカっぽい。
色とシルエット、強いて言えば尻尾が似ている程度の出来である。

とにもかくにも、愛嬌の欠片も感じられない面構えが致命的な特徴だが、このシリーズの顔が終始変わることはなかった。

“パンを食べる”という(無駄な)機能が搭載されており、主人公の犬福とミニゲーム『ジャンプぱく』で対決する。
試作なだけあり、性能はさほど高くないらしく、勝利は比較的容易。


〈メカ福こぼれ話〉
『犬福2』では、この“地上型”が商品化されるエピソードがある。

厳密には、下の“Ver.Ik”のイベントを見るための条件を満たしていない状態で、3月に“模型屋”へ行った場合に発生する汎用イベントなのだが。

“本物以上”とさえ言われる、このメカ福の気になる性能だが、以下に挙げてみよう。

1…移動速度、時速1000mm。
2…10時間充電で3分間稼働。
3…三得ナイフ装備。


…確かに(ある意味)凄い性能である。

が。

それゆえに、このメカ福の開発元がかの“板良研究所”であるとは到底考えにくい。
一体、どこのメーカーが開発したのだろうか…?


メカ福・“Ver.Ik”(メカふく・バージョンアイケイ)
…犬福/2

「板良研究所」の科学者「郁瀬」さんが、数年かけて研究、開発してきた『メカ犬福』の完成形。

基本的には前述の“地上型”と外観が同じだが、耳や車輪に黄色のカラーリングが施され、何より特徴的な“角”が取り付けられているのが相違点。

“本当に人々の為に役立つメカ福をつくる”という想いの元、幾度かの改良と二度の大事件を経てついに完成、商品化された。

『犬福2』で郁瀬さん関連のイベント全てをこなし、かつ途中のミニゲーム『ラブミーテンダー』をクリアした状態で、3月の行き先に“模型屋”を選ぶとイベント発生。
“Ver.Ik”の姿が見られる。

「ゴーリキー」の看板娘「富田」さん曰く、“マスターでグレードな出来栄え”とのこと(笑)。


メカ福・飛行試験タイプ(メカふく・ひこうしけんタイプ)
…犬福/1・2

「板良エリー」女史が研究、開発した、『メカ犬福』の試作第三号。

従来の愛嬌ゼロな表情はそのままに、こちらは青のカラーリングが施されている。
「格好良いでしょ?」とはエリー女史の言だが、同意を求められてもちょっと困る。

足代わりのタイヤを廃して四基のブースターを搭載しており、通常はホバーで移動し、ジャンプの際にはジェット噴射(?)で上昇する。
自在な飛行はまだ出来ないらしい。

“パンを食べる”(要らない)機能も変わらず、地上型と同じく『ジャンプぱく』で対決。

初代『すくすく犬福』では電柱から降りられなくなった子猫を助けていたが、『犬福2』ではエリー女史の企みにより、他のメカ福と共に街中を荒らしていた。


メガ福平和記念公園(メガふくへいわきねんこうえん)
…イベント/2

『犬福2』の舞台となる街にある広場で、観光名所として知られる。

記念碑によると、
「これはかつてこの街に出現し、市民を恐怖させた犬福型汎用兵器“メガ福”の残骸です」
…とあり、広場の中央には前作に登場、陸上自衛隊の“特殊現象対策班”によって破壊されたメガ福の巨大な残骸が、モニュメントとして遺されている。

だが、その水面下では板良エリー女史による修理と改造が進んでおり、遂には『オメガ福』として復活を果たした。
その際、残骸が飛んでいってしまったため、広場には記念碑しか残されていないものと思われる。


女神様(めがみさま)
…キャラクター/2

『犬福2』のエンディングにのみ登場するキャラクター。

主人公のマンションの管理人さんに“福耳”(犬福の耳)を付けて、純白のドレスを着せた姿をしており、彼女と同じく京言葉を、おっとりとした口調で話す。

桜並木での最終クイズパートの直後、場面切り替わりと共に「おおきに~、女神どす~」という第一声で現れるさまはどうにも胡散臭い。
しかし、外見がはるかに優遇されている分、前作の「神様」よりは幾分ましに思える(笑)。

一方、主人公(プレイヤー)への一言コメントや犬福の最終進化の紹介、それと次回のプレイングを促すメッセージを述べる辺りは、神様と何一つ変わらない。

ちなみに、“ミサイルは大切に”という台詞は特に出ない…筈。


メタ福(メタふく)
…犬福/1・2

初代『すくすく犬福』から登場している、“すばやさ系”の進化形態。
目元のメイクとモヒカンヘアー、どうやって弾くのか分からないギターと、見たまんまのヘヴィでメタルな犬福。

初代は7月と12月に“すばやさ”が最も高い時、『犬福2』ではパラメータの高い順に、すばやさ>ちから>しんらい>かしこさ…の状態で育つとこの形態に進化する。

クイズパートの特殊能力は“コンボライフ回復”で、『ラブミーテンダー』のショットは“火炎放射タイプ”。

アーケードゲーム情報誌の『月刊アルカディア』で、“ミニゲーム『犬福ファイト』ではギターを振り回して…”という記述がなされたが、これは一切の事実無根であり、同誌次号で訂正された過去がある。
(犬福ファイトには一度も参戦していない)

余談だが、初代のイベントで、銭湯の湯船に浸かってくつろぐ姿が非常にかわいい。
是非とも一度は見て戴きたいワンシーンである。


模型メーカー(もけいメーカー)
…その他

『すくすく犬福』シリーズに登場する女性キャラクターのネーミングのモチーフ。
(ただし、一部を除く)

筆者の知る限りで、以下に列挙してみる。
“「キャラクター名」→『模型メーカー名』”で表記。

〈登場人物五十音順〉
「青島ふみ」→『青島文化教材社(アオシマ)』
「秋令斗」→『アキュレイトミニチュア』
「彩(あや)」→『アトリエ彩(アトリエさい)』
「板良エリー」→『イタレリ(イタラエレイ)』
「大滝りあ&まい」→『大滝製作所』
「田宮静香」→『株式会社タミヤ(田宮模型)』
「富田」→『株式会社タカラトミー』
「長谷その子」→『株式会社ハセガワ』
「藤(先生)」→『フジミ模型株式会社』
「龍 雲猫」→『ドラゴンモデル(ズ)』

厳密には模型メーカーではないが、『犬福2』の「小鹿」さんと「恩田」さんにも由来がある。

「小鹿」→株式会社タミヤの『小鹿第一工場』
「恩田」→株式会社タミヤ本社の所在地『静岡県静岡市駿河区恩田原』

…女性キャラクターに関しては上記の通りだが、一方の男性キャラクター名の由来は…。


問題チェンジ(もんだいチェンジ)
…ゲーム/2

「まろ福」の、クイズパートにおける特殊能力。
名前の通り、出題された問題をリスク無しで無効化し、新しい問題に変更する効果である。

一問ごとに確率で発動するタイプの能力で、制限時間内であれば、プレイヤーの任意で効果を発揮できる。無論、プレイヤーが問題チェンジの必要を感じなければ、あえて発揮しなくとも良い。

問題チェンジの操作は、1Pなら1P側の、2Pなら2P側のスタートボタンを押すだけ。

解らない問題を運良くチェンジできたからと言っても、次の問題に答えられるかどうかはまさしく別問題なので、くれぐれも過信は禁物である。





…ああ、疲れた。
寝よ寝よ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

犬福キタ━(゜∀゜)━!!!

うおおっ!?
犬福大好きお仲間様が、意外な場所で見付かりました!
犬福は、その昔アーケードゲーム全盛期にやっていましたっけ…(´Д`)
ファンロードという雑誌常連様が犬福の原作者でして、時々雑誌にも犬福ネタを投稿されたりしてたのですよ~。
また伝説のゲーム雑誌、ゲーメストに初代の設定が掲載されていました!
「横山浩子」さんというお名前で検索して、英語で「チョコレートユニット」ですよ…とあるパソコンサイトにアクセスしてみて下さい。
こちらが、犬福原作者様のサイトになります。

コミケ関係グッズで、私はエコバッグのデンドロビウム福を持っています(笑)

お任せください!(胸を張って)

こんなことを述べるのもあれなのですが、実は、戴いたコメントの内容全てを把握済みだったりします(苦笑)。

それでも、ご親切に情報を提供してくださったひぽたまさんには感謝しております♪

ちなみに、『CHOCOLATE UNIT on Web』は、当ブログからリンクさせて貰っています(一方的にですが)。

同人グッズですが、私も持ってます。デンドロ福。
あとは、本家のエコバッグとカレンダー、それとTシャツかな?
ついでに言うと、私自身、同人グッズを作っていました。
お手製ラミカとコルクコースターですが。


…本来同人誌で作ろうとしていた“犬福帳”ですが、以降もご覧戴ければ幸いです。
コメントをくださり、重ねて感謝致します。
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。