スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#216 兄貴は台湾へ行った

〈先日の職場の生態系〉
名も知れないような羽虫が、群れをなして漂っていることがありますよね。

職場の屋外で、そんな羽虫の群れが空中を飛び交っていたのですが…。
二匹か三匹のトンボが、その中をかき回すように飛び回っておりました。

あれは、きっと羽虫を捕食していたのでしょう。
例えるなら、イワシの群れを襲うサメかマグロ。


…話は変わり、しろへ~兄が、お嫁さんとともに台湾旅行へ行ってきたそうです。

確か、去年も一緒に観光してきた筈ですが、余程好きなのでしょうね。台湾。
“人類の夢”と言われる『グレート!!スーパーグルメの店』があるそうだし。台湾。

で、そんな兄夫婦から、ちょっとした台湾みやげが送られてきました。
絵はがきやら小物やらが色々箱に入っていましたが、そのうちのいくつかをご紹介。



お茶。

左は、ぎっちぎちに袋詰めされた『凍頂烏龍茶』というお茶。
台湾を代表する烏龍茶で、本来は南投縣凍頂地方で栽培された茶葉の呼び名だったのが、同じ製法の茶葉すべての呼び名になったそうな。
日本で言う烏龍茶とは違い、液色は綺麗な緑色。

右の、紙に包まれたお菓子の様な、ころころした物体もお茶。
圧し固められたのか練り固められたのか判らないけれど、プーアル茶だとのこと。



なんだか、草加せんべいの出来損ないに見えますが、違います(笑)。

これは、乾燥させたマンゴー(の切り身?)。
日本のそこら辺では見かけないドライフルーツです。
なんともくたびれた、ジッパー付きのビニール袋に入っていますが、現地の露店などの店先で直接ごそっと入れて貰ったものと推測。

マンゴー特有の臭みが気にならない方におすすめです。



台湾の新聞。

これは台湾みやげの一環か?単なる緩衝材か?
あるいは、その両方か?


台湾でも、新聞のレイアウトの仕方は日本のそれと大差無いみたいです。
しかし、読めん。


この記事なら、なんとなく解ります。

〈月餅の“型抜き器”、千個集める〉
中国、天津在住男性の変わったコレクション 史上類を見ないほどに豊富な、民族文化の貴重な資料

…と言ったところでしょうか?


色々なみやげの品を見たり食べたりしましたが、一番“外国”というものを実感したのは新聞でした。
意外なことに(笑)。

自国と違う風景、生活、文化。
やはり、生きているうちに一度くらいは海外に行ってみたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

「中華でも緑茶が多数派」と聞いた事があります。

つうか緑茶も烏龍茶も紅茶も中国が元祖の様ですね

美味い?

たしか…

具体的な品種は別として、元は同じ植物みたいです。

凍頂烏龍茶ですが、、お馴染みのあの香り違い、わりかし緑茶に近いです。
美味かった♪


〈上の文章がおかしいので訂正〉
香りはジャスミン茶に近いです。
緑茶に近いというのは、液色の事。

おかしな嘘っぱち回答をしてしまい、申し訳ないです。
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。