スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#202 しろへ~のネタバレ観

…ここ最近、暑さが確実に和らいでいます。
日中はまだまだ暑い部類ですが、夕方から朝方にかけて、かなり過ごしやすくなってきました。

どうやら、愛媛松山は暑さのピークから完全に脱した模様。
風が気持ち良い…。


ここから本題。

…発売からかれこれ一月が経つ『メタルマックス3』。

プレイされている皆さま方は、どのくらいまで進行しているのでしょうか?
あるいは、既にクリアされた方もいるかも知れませんね。

上の疑問文は形式的なものであって、必ずしも回答を求めていません。
特に、具体的な━━固有名詞を用いた━━回答はノーサンキューです。

理由は簡単。
しろへ~が“ネタバレ”を嫌うからです。


最近の変換辞書に組み込まれるまで一般に浸透したこの単語、その意味合いや許容範囲などは個々に差があるでしょうが、しろへ~の場合は若干過敏かも知れません。

ネタバレを嫌う理由は二つ。
1…新鮮な経験を奪われるから
2…自分の好きな分野で知らない知識をひけらかされるのが嫌だから


1は誰しも少なからず抱く気持ちだと思います。

真夏、炭酸飲料を飲むのに、冷蔵庫から出した上に開栓して3時間が経過したものを飲みたいでしょうか?
汁気を吸ってのびてしまったような麺類は?

え?炭酸飲まない?
カップめん作るのに2~3分余分に待って、少しでろでろにするのが好き?
ええい、黙れ黙れ!

…まあ、それに似たようなもので、本来100パーセント楽しめるところを事前のネタバレによって楽しめなくなってしまうのはあまりいい気分ではありません。

もとより博識でもないしろへ~ですが、自分の好きな分野(この場合はメタルシリーズ)に関してはできるだけ独学や実体験で造詣を深めたいと考え、それを自らの誇りとしています。

ネットで安易に聞きかじっただけの無責任な情報を、さも自分が見てきたかのような顔で得意気に語る真似は、しろへ~の自尊心が是としません。


2は、単なるしろへ~のエゴイズム。

複数の誰かが知っていて自分一人が知らない…というのは、かなりの疎外感や劣等感を抱いてしまいます。
少なくとも、しろへ~はそう感じる性質です。

これは、この際不要な自尊心であって、そんな事に神経を尖らせたり不機嫌になったりするのは、しろへ~自信も大変馬鹿馬鹿しい話だとは思っています。

思ってはいる。思ってはいるけど、そんな思考に陥ってしまいがちになるのです。
我ながら、厄介な性質だ(苦笑)。


今回、突然こんなことを綴ったのは、別に誰かからメタルマックス3のネタバレをされたから…ではないです。念のため。

ただ、ネットで余所様の日記などを見ていると、当然ながらMM3の関連情報が目に入る訳でして。

“○○(聞いたこともない戦車の名前)のなんたらタイプが超強い~”みたいな話題が。

それらに対して見当違いな怨み言を述べる訳でもありませんが、こうしてネタバレについて以下のように考えるきっかけになったのは事実です。

A…何をもってネタバレとするのか。
B…どこからどこまでがネタバレなのか。
C…何故ネタバレを嫌うのか。

Aは、特定のメディア作品の具体的な内容に触れる(特に、一般に出回って間もない時期に)だけで広義のネタバレとして成立するもので、
それをネタバレと受け止めるか否かは、対象作品未体験の個人の興味と関心によると思います。

Bは、その個人の未経験部分以降がネタバレとなり、Cは先に綴ったしろへ~個人の理由1がそうでしょう。


…こうして考えると、ネタバレというのは、する側される側ともに個人個人で認識や許容範囲が変わってくるものなのだと解ります。

初めから“ネタバレになりますが…”と前置きで明言した上で内容を明かす良心的な例があれば、
ネタバレになると知ってか知らずか、ほいほい気軽に内容を明かす例も。

そして、いざ自らを顧みると、しろへ~も当ブログでネタバレと取られる記述を確かにしている事に気付きました。

例えば“ヌッカの酒場”の話。
MM3を遊んでいて、まだそこまで辿り着いていないプレイヤーから見れば、立派なネタバレです。

しかし、当時のしろへ~は、かの記事をネタバレだと認識せず、単なる笑い話を読者の方々に提供し、楽しみを共有するために掲載したつもりでした。

と、ここで更に気付きました。

これまでの記述が、ネタバレを“される側”の視点ばかりで綴られたものであって、“する側”の意図を考えていなかった事に。


D…ネタバレの根底に流れる意図は何か。

表面的には、“事前にネタをばらす”という歓迎できない行為ですが、ネタバレ記事を載せる人は果たして嫌がらせをするために行ったのでしょうか?
おそらく、答えは否。

では、何のためにネタバレ記事を載せるのか?
しろへ~なりの答えは、既に挙がっています。

“楽しみを共有するため”。

同じものを観て、聴いて、体験した事の楽しみや喜びを、不特定多数の人達と共有する事…。
ただ、それだけの事だったのではないかと思い至りました。

そう考えると、全てのネタバレ行為を真っ向から否定する気にはなれなくなりました。
ただし、嫌がる人も少なからず居ることも考え、多少の配慮はするべきなのでしょう。


…最後に、これらを踏まえて、しろへ~が心掛けるべきは…?

余所様のネタバレ的記述をむやみに嫌わず、それでも気になるなら軽く読み飛ばすか何かしてやり過ごす事。

自分がネタバレ的記述をするときは、なるべく固有名詞の記述を避け、“ネタバレ入ります”などの前置きをして注意を促す。

…以上。
今更、当たり前の事ですが(苦笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

私も少し気になっていましたが

まあ、MM3スレの話題を出したところで、そういう理由で、しろへーさんは決して見ないだろうという確信の下、話題に出していました。
内容について触れたのは21日のオフ会の情報だけの筈ですが。

私は「私自身はネタバレは苦にならないが、それは特異体質みたいなものだ。」
たまたまそれを許容する作品ばかりに出会っているのか、
「一つのネタバレからさらに掘り下げて見る」事が出来るからか?

意図的に「あるキャラの正体を知って再度読むと何気なかったと思っていた一言に別の意味が」ということをやる作者ばかり記憶にあるからか?

ただ、ゲームのプレイ、となると、ソフト自体入手困難だった小学生の頃、攻略本だけを手に入れて想像に浸り、他人のプレイを見るためだけに、ゲーセン、玩具店に入り浸り…だったせいでそのあたりが麻痺したか…。
ただ、MMは「化学の実験」的にプレイできるため、「では、ここをこうしたら?」で楽しめます。
結果、教科書のように新品の攻略本に発見を書き込んだり、手段も目的も自分で決められるだけに(手段と目的の逆転も含む。)、詰め将棋的に情報から手順を組んで、そこに「実験」を組み込んだり。
まあ、MMスレは、やり取りを見てて面白い、というある意味「異常事態」になっているのでつい見ていたのですが、以前言った通りのスレ消費速度に、暫くは見れてません。

No title

私自身はバラしてしまう人間みたいです。自覚がないので、ネタバレ嫌いの人にとっては厄介でしょうけど

嫌がる人がいるのなら、気をつけねばなりませんね

やはり人それぞれですね

すさん
お気遣い、有難うございます。
ネタバレに動じず、多彩な楽しみ方を心得ているというのは素敵ですね。見習わねば。

キョウ頭さん
自分の好きな事だと、なおさら熱く語ってしまうかも知れませんよね。
そこに、ほんの少しでも相手を慮って語るだけで、だいぶ違ってくると思いますよ。

No title

自分とこの今までの記事とか、全部短慮だったなあと‥‥‥
しばし自重します。すみません。

こちらこそ…

薙さん
本文中にもあります通り、それらについて全否定したり怨み言を述べたりするつもりはありませんでしたが、結果としてバッシングととれる記述をしてしまいました。
どうかお許しください。

また、そうした無意識のうちにしてしまう事など、私も含めて大勢の人がやっていますので、どうか、あまり深く悔やまれませんよう。

ただ、その手の話題で楽しみたい時は、専門のサイトや身内のみの交流手段をもってするのが、“現時点の”最良かもしれませんね。

…私が言うのもあれですが、どうか、元気を出して下さいね。
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。