スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#156 死のエンターテイナー?

〈最近の見間違い〉
…先週末、「GAMEショコラ」のショーケースで見掛けた商品。

『初音ミクDVD ~impacts~』というそうですが、とりあえず、右下に貼られた銀色のシールに注目。

拡大図。

“初音ミクロレロ”と読んだしろへ~。

自分でも、よくわかりません。
おのれ、ねぎ女…!


〈前回の続き〉
“しろへ~さんって、ああいうおいしい死に方が多いですよね”
…と、蓬莱君から指摘を受けたわけですが…。

実際、アクションゲームを遊んでいる時しろへ~(のキャラクター)は、どうにも笑いの取れる死にざまをとげる事がままあります。

『真・三國無双』シリーズでは、孤立無援かつ戦死寸前の状態で逃げ惑い、ようやく見つけた肉まん(回復アイテム)に駆け寄ったところで射殺されてみたり。

しかも、倒れ伏した手の先にぎりぎり届かない位置に肉まんが(笑)。

また、最前線で戦っていて、“そろそろ体力がきついかな”と判断し、戦線離脱を図った矢先に、
背後(しかも画面外)から超スピードで迫ってきた甘寧の無双乱舞に撥ね飛ばされて戦死してみたり。

…この辺りはまだシリアスな部類ですが、やはり滑稽な最期を頻発したのはモンハンシリーズでしょう。


〈ケース1〉
初代『モンスターハンター』の頃。
“毒怪鳥”と呼ばれる大型モンスター「ゲリョス」を狩猟していた際、そいつから毒を頂戴してしまった訳で。

その時の戦闘エリアの隣がベースキャンプだったので、回復アイテムをけちってやろうとキャンプまで走りました。
(ベースキャンプのベッドで休むと、短時間で体力が全快し、状態異常も回復する)

が。

ベッドに倒れ込んだ瞬間、
そのまま永眠しました。

けちるんじゃなかった…。

〈ケース2〉
今度は、『モンスターハンターG』。
「ランポス」なる、群れをなす肉食竜を20頭討伐するクエストでのこと。

このクエストでは、モンハンシリーズの象徴とも言うべき飛竜「リオレウス」が、お邪魔モンスターとして現れまして。

その時のしろへ~(のキャラクター)は十二分に渡り合える装備を身に付けていたので、
ランポスのついでにリオレウスも狩ることにしたのです。

が。

飛竜の巣とされるエリアで、ランポス3、4頭をも交えたリオレウスとの戦闘中、調子に乗りすぎたしろへ~が力尽きてしまいました。

その死に様自体はいたって普通だったのですが、問題はその直後。

ネコ獣人「アイルー」の使う荷車、通称“ネコタク”に載せられ、ベースキャンプまで搬送されている最中、目標達成のメッセージが。

なおも暴れるリオレウスのとばっちりを受けて、20頭めのランポスが息絶えたらしいのです(笑)。

あ~あ、気の毒に…とか思いつつ、報酬の受け取り場面に入ると、背景画面が酷い有様に。

『モンスターハンターG』以降、目標達成時のプレイヤーの姿が、リザルト場面の背景画面として表示されるのですが…。

うつ伏せで、股を開き気味にして、尻を無様に突き出した状態でネコタクに運ばれる瞬間でした。
コレは恥ずかしい。

女性キャラクターじゃなくてよかった。本当に。


〈ケース3〉
『モンスターハンターポータブル』にて。
友人2、3人と共に、「イャンクック」という大型モンスターの狩猟に挑んでいました。

こいつ自体は、大型モンスターとの戦闘の基本を学ぶような相手で、少し慣れれば別段手強くもない奴です。

その時も、特にピンチも訪れぬまま、じわじわと“クック先生”を瀕死にまで追い詰め、足にダメージを与え続けて転倒もさせました。
チャンス!

しろへ~の体力も半分くらいにまで減っていましたが、先生の反撃一発では死なないくらいには残っていたので、追撃のために大剣をさらに振り上げます。

が。

某友人のキャラクターが、“待ってました”とばかりにクック先生に駆け寄り、言い放ちました。

某友人「(大タル爆弾(※)を)置きま~す」
しろへ~「!?…やめろ!やめろぉぉぉぉぉ!!!」

BOMB!!
―力尽きました―


しろへ~「あああああっ!(笑)」
某友人「すみませーん!」

しろへ~の絶叫も空しく、爆弾はどすん、と設置され、大剣のスイングは止まりません。
然る後に爆発、昇天と相成りました。

…あれだけ必死な叫び声を上げたことが、過去にどれだけあっただろうか…?

ちなみに、クック先生は、この数秒後にしろへ~の後を追いました。


※…大きな樽に爆薬を詰めたアイテムで、衝撃を加えることで大きな爆発を起こす。

誰(モンスターの攻撃も含む)が衝撃を与えても爆発し、爆発範囲内であれば誰でも大ダメージを受ける危険物。

さらに、某友人の場合、設置した瞬間、“ネコの火薬術”によって、ますます強化された危険物『大タル爆弾G』に早変わり。


〈ケース4〉
『モンスターハンターポータブル2nd』。
雪山で、“轟竜”「ティガレックス」を狩猟するパーティプレイにて。

パーティ一同が轟竜相手に戦闘を繰り広げている最中、轟竜の手痛い一撃を食らい、かなりの体力を消耗したしろへ~。

“これはいかん”と思ったしろへ~は、せめて安全な場所で回復を図るべく、同じエリアの高台に上ろうと考えました。

で。
高台の縁に手を掛けてよじ登る瞬間。
―力尽きました―

しろへ~「なぁぁぁぁぁっ!?」
突然の絶命を言い渡されたライトさんは、力なく膝をつき、ベースキャンプまで強制送還。

何事が生じたかわからないしろへ~は、皆に問いかけました。

しろへ~「何!?何なの!?俺の身に一体、何が起こったの!?」
某友人「(ティガに)飛びかかられました」
↑ごく冷静に

高いところに上って安全を確保してから回復する作戦の筈が…ティガは甘くなかった(泣)。

…以降、この一連の流れを“俺作戦”と呼ばれるようになりましたとさ。
(成功条件…死ぬこと)


他にも、いろんな死に様がありましたが、格別に印象深いのはケース3とケース4で、しろへ~と仲間達の間では今なお語り継がれています。

と、ここまで綴ったものの、この話を“面白い”と思う読者が居るのかどうか(苦笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

いや~

面白いですよ、特にケース3やケース4なんかを現実に目の当たりにしている人間にとっては(笑)。

あの時の、しろへ~さんの断末魔・・・今でも忘れられぬ。
あとは「しろへ~さん作戦だッ!」→生還=失敗→「チッ!!」
                    →死亡=成功→「よし!!」

・・・の流れとかね。

呼ばれた気がした

その話を面白いと感じる俺参上。

漢なれば倒れるときは前のめり、かつネタになるように倒れなければなりませんな。

そして初音ミクロレロに読めてしまった……というかフォントがつぶれててそうとしか読めないと思うんですよ。私は。

クイズミクロレロ(ミしか合ってない)

Fireさん
私も、あれは忘れられません。くの字になって吹き飛ばされる瞬間とか(笑)。
また、久しぶりに狩りもしたいですねえ。

総帥Nさん
モンハンの力尽きるモーションは一つしかないから、誰でも漢らしい最期になれますよね(苦笑)。
そして、やはりミクロレロに見えますよね(笑)。
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。