スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三萌(#143) 萌えを演じろ! ~ゆうやけこやけ~ 下

7日の夜、久しぶりにFire君と会いました。

彼と我々とでは、その職業柄、休日が全くと言っていいほど噛み合わず、なかなか会うことができなかった分、終始高いテンションで遊べました。

トイザらス見てきたり古本屋見てきたり、『ファンタシースターポータブル2』を遊んだり。

その際食事を摂ったのですが、うっかり上顎を火傷してしまい、未だに治らず苦しんでいるしろへ~です。

ご飯食べるのにも、お茶飲むのにも痛い痛い。

…いやあ、実に楽しかった。
今度は、皆で遊びたいものですね。


〈前回の続き〉
“ほのぼのあったかろーるぷれいんぐ”こと『ゆうやけこやけ』。

先に紹介した『メイドRPG』と違い、しろへ~はこのTRPGを一度だけ遊んだことがあります。

それは、2007年秋の『S.T.R.D第4回例会』での事。
『星のハーモニー』と題されたシナリオを遊ばせて貰ったのですが、それを超簡潔に説明しますと…。

“大手術を控えた、重い病と闘う少女の不安を取り除き、元気と希望を与えること”

…が目的の物語でした。


ここで、しろへ~が演じた変化は「犬」。
当初、男の子という設定だったけれど、急遽女の子に変更。

3歳の白いわんこで、名前は「ましろ」(真白)。
変身すると、白の和服に桃色のはんてんを羽織った10歳位の女の子になります。


(イメージ的に)『犬福少女』を演じてみたかったんです(苦笑)。
いや、決して語尾に“にょ”とかは言ってませんよ(笑)。


シナリオでは、全員が頭を絞って機転を利かせたり、上手く場を和ませたり。

そうして、変化(プレイヤー)も語り手(ゲームマスター)も夢を与えたり貰ったり。
たまに、夢を催促したり(笑)。

ちゃりんちゃりんと、プラスチック製のチップが飛び交います。
(夢を管理しやすくする為のコドゥーグで、トランプ等でも構わない)

この機転を利かすロールプレイが重要かつ楽しいところで、
変化の種類毎に設定された能力をフル活用すれば、ある程度の難題はクリアできます。

また、物語の推移も、変化達の機転次第でいくらでも変わるところも楽しいのです。


…そんなこんなで、初体験の『ゆうやけこやけ』は、語り手さんのマスタリングの手腕の高さもあり、円滑にハッピーエンドを迎えることができました。

当時の語り手さんからも教わったことですが、このTRPGを遊ぶ際の注意点が幾つかあります。


1…変化はあくまでも動物なので、それに相応しいレベルのロールプレイをする事

綿密な行動計画を立てる事や、必要以上に人間世界のルール(法律とか)に詳しすぎるのは不自然だという理由。
分かりやすく言えば、小さい子供を演じるつもりでいれば問題ありません。


2…変化の名前に、複雑なネーミングや漢字つきのネーミングは不可
(一部除く)

変化達の正体は基本的に野生の動物なので、あまりにも人間的な名付け方はNGとのこと。
ただし、特定の“弱点”を持たせた「狐」と「犬」のみ、漢字の使用が認められます。


3…選んだ“弱点”に基づいたロールプレイをしなければならない

変化達は、キャラクター作成時に“弱点”と、それに連動した“追加能力”を持つことになります。
プレイヤーは、状況によって、その弱点に沿ったプレイングを要求されてしまいます。

例えば、「犬」の弱点の一つ“しょうじき”。
どんなに些細な事でも、どんなに誰かを優しく気遣った上での事でも、
これを持つ犬の変化は一切の“嘘”がつけません。
(しろへ~の「ましろ」も正直者でした)

その代わりに、追加能力“ごめんなさい”を使うことで、余程致命的な過失でない限り、大抵のやんちゃを許して貰えます。
(ただし、ちゃんと誠意を込めて謝ること!)


4…無邪気な気持ちと優しい心を持って遊ぶこと

一番重要な事。

『ゆうやけこやけ』は、誰かと争うのではなく、誰かを救い、癒してあげる為のTRPG。
更に言うと、語り手を含めた全ての参加者が幸せになる為のTRPGです。

そんなゲームだから、闘争心とか破壊衝動とか、そういった物騒な気持ちは持ち込まないようにしましょう。
でなければ、別のTRPGを遊ぶべきです。


…このように、『ゆうやけこやけ』は、ある程度年齢を重ねるとかなり気恥ずかしいTRPGですが、是非とも一度は経験してほしい逸品です。

が。

このシリーズは非常にマイナーなTRPGですので、なかなかお目にかかる機会がありません。

そこで、手軽に『ゆうやけこやけ』の世界観を楽しめる、身近な書籍を一つ紹介します。


『ねこむすめ道草日記』。
(リュウコミックス/徳間書店)

『ゆうやけこやけ』のキャラクターデザインと挿絵を手掛けた「いけ」さんによる漫画で、

田舎の町「渋垣町」を舞台に、黒猫の変化(作中では「妖」…“あやかし”)「黒菜」が繰り広げる、ちょっと不思議でほのぼのあったかな日常が描かれています。

たまに、ちょっぴりエロチックな描写がスパイスとして盛り込まれていますが、全体の雰囲気は『ゆうやけこやけ』と差異がありません。

こちらも、是非とも皆様におすすめしたい作品です。


以上で、『ゆうやけこやけ』に関する話題は終了です。

結論として、
“ほのぼのあったか”は萌えの一つなんだぜ!…という話でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

いやはや

久々に会えて良かったです、ご飯もおいしかったし。上顎の火傷には十分ご自愛なさって下さい。

PSPo2ですが、今回はドリルに実弾銃に火炎放射器にパイルバンカーに…と「漢らしい武器縛り」でお届けしてみました。如何でしたか?
多分ギュインギュイン効果音がうるさかった事と思いますが、平にご容赦を。
他の皆ともやってみたいですね。その時は真面目な武器にする…のだろうか(笑)。
あとカラオケも。
披露出来てない替え歌の類がまだ沢山あるよママン!!

…何か2回連続でブログの本題に触れてない気もする。

はてさて

Fireさん
少しは触れて!嘘嘘(笑)。
火傷は現在、ほとんど治っています。ご安心を。
それと、私もドリル入手しましたよ~♪
『ゆうやけこやけ』も、いつかは皆で遊びたいものです。
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。