スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#115 少女祈祷中…

『ファンタシースターポータブル2』は、悪魔のゲームです(まだ言ってる)。

風邪で消耗しているしろへ~をけしかけて遊ばせて、更なる消耗を誘って地獄へ堕とそうとするのです。
『ぽ2』…恐ろしい子!


レベルはようやく70を越えたくらい(最大200)で、長いこと“ハンター”(いわゆる戦士タイプ)ばかりやっていたので、そろそろ別のタイプでも始めようかと考えております。

“レンジャー”(射撃タイプ)か。
“フォース”(魔法タイプ)か。
“ブレイバー”(万能タイプ)か。
どうしようかな?

フォースが一番、しろへ~の柄に合わないタイプなのは確かだが…(笑)。
根っからの戦士系なので…。
(ナイトとかサムライなんか、もろにツボです)

あと、新しいシールドライン欲しい…。


唐突ですが、小夜ちゃんは可愛い顔してあこぎな商売をやっています。

主人公のホームグラウンドたるスペースコロニー『クラッド6』の中に、“祈祷師小夜ちゃん”という施設がありまして…。
いや、あれは“施設”と言えるのかどうか?
2010020121030000.jpg
鳥居とお社をイメージした様なオブジェと賽銭箱の前に、巫女さんが一人佇んでいるだけの場所を“施設”と…?

とまあ、その巫女さんが件の小夜ちゃん。本名は「結城小夜」。
なんでも、シューティングゲーム『式神の城』からの出演だそうです。
(製作元が同じだとか)

“祈祷師小夜ちゃん”とは、
この小夜ちゃんに一定の金額“メセタ”をお布施として奉納し、小夜ちゃんの祈祷を受ける事で、直後のミッションの間、プレイヤーと仲間達に何らかのプラス効果を与えられる…というもの。

『モンハン』の“食事”(通称“ねこめし”)と同義のシステムです。


…これのどこが“あこぎ”なのか?


1…効果がランダム。

攻撃力や防御力、体力の最大値といった数値が上昇したり、必殺技に費やされるパラメータの数値が軽減されたり…。

それらがランダムなのは構わないとして、問題は効果量もランダムなんです。


2…料金設定。

奉納する金額は、
100メセタ
1000メセタ
10000メセタ
100000メセタ
…と設定されており、プレイヤーは財布と相談して、好きな金額を奉納できます。

で、この額が大きいほど、より良い効果を得やすくなるそうです。
無論ランダムで。


…つまり、
“大きな効果を期待するなら、その分銭出しな”
という事。

理にかなっているけど、人の欲につけ込んだ感は否めないし、
何よりも金額の多寡と結果が直結しないのがあんまり。

折角奮発して100000メセタつぎ込んだのに、
「あっ…あの、ごめんなさいっ。失敗です」
とか言われもするんです。
『モンハン』のねこめしは安価で確実なのに…。


結局のところ運任せなのは百も承知なのですが、こんな仕事で一生食うに困らない位の大金を稼ぐ彼女に対して、正直殺意を隠せません。

嘘でもいいから、ご利益求めて来てる人の期待を裏切る台詞だけは吐いてくれるなよ。
わかった?
じゃあ、今度も頼むよ。
(10000メセタ奉納)

「お祈りさせて戴きます」

……
………
…………
……………
………………

「ごめんなさいっ!何か取り憑かせてしまいました





このインチキ祈祷師ぃぃぃ!
お前今すぐ『奇々怪界』の小夜ちゃんとバトンタッチして来いやぁ!
“空飛ぶシューティング巫女”だって他にも居るんだぞ、コラァ!


某日も、しろへ~の怒号が木霊する…。





…ところで、空飛ぶシューティング巫女って、解る人居るのかなあ?
(心当たりのある方はコメントをどうぞ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

式神の城では玄乃丈ばっか使う自分が通りますよっと。
式神攻撃をロックすれば、あとはボス戦は避けてるだけなので楽。

説明書見て何なんだろうなあと思ってたんですが、
やっぱり式神が元だったんですなあ。
でも会社が同じってのは初めて知りました。

薙さんならもっと先に出てくる名前がなかったののは意外ですが

あれは巫女服から懸け離れたまるでピンクハウスの如きデザインセンスが致命的に拒絶反応を起こします。バースト系主砲を載せたウルフ位に。(今のところ許容範囲にギリギリ入るのはこあくま位)

というところで彩京系から戦国エースとか。

♪そ~らに~、そびえる~(歌…水木一郎)

く~ろがねヒ~ロシ~♪

薙さん
同じ開発元…というのは、私も知人から得た知識です。
“あれ?結城小夜って…”と気付きはしましたが。
そして、“式神の出てくるシューティング”と言われたら、『ぐわんげ』が真っ先に浮かび上がる人がここにいます。
(どっちもしたことないけど)

すさん
件の巫女さんのゲームですが、私的にはデザイン云々よりも、“何故キャラクターのほとんどが女の子なのか”という事の方が気になります。
誰か、その辺の理由を教えてください。
(一度もやったことないけど)
…そんなことより、「こより」は悔しい程に大正解。ゴッドワフーン。

す~ぱ~ろぼっと~

ぼすぼろっと~

戦国ブレードでも正解・・・ですかな。同一人物ですし。
式神の城は2までやっとりました。
持ちキャラは1で光太郎2でロジャーでした。
しかし、しろへ~さん式神の城って女性キャラ多いでしょうか?
いや、3は分かりませんがね・・・

あと式神の出てくるシューティング・・・
疾風魔法大作戦は無しですかね

とば~せ~、て~っけ~ん(まだ続く)

パンツァーファウスト~(“鋼鉄の拳”の意)

Rathさん
誤解を与える表記を先にお詫び致します。
“女の子ばっかり”と私が評したのは、す さんがコメントの冒頭で「あれ」と綴られていた同人ゲーム、“東方”シリーズの事ですね。

起源は90年代まで遡るという話で、“東方○○○”というタイトルで数多く出ているそうです。
東方棒々鶏とか、東方担々麺とか、東方水餃子とか、東方豆板醤とか、そんな感じのタイトル。

一度たりとも遊んだことのない私の知る限り、ゲーム画面で男性の姿を見たことがない、“萌え弾幕シューティング”でしょうか。

具体的には薙先生にご教授戴くのが宜しいかと。
“東方の男女比率ってどのくらい?”とか。
きっと、ものごっつい回答が返ってくることでしょう。

ちなみに“少女祈祷中…”というのは、東方シリーズにおけるローディングメッセージ(“NOW LOADING...”の代わり)です。

(もしもご存知でしたら、重ねてすみません)


『式神の城』の女性キャラ…小夜、ふみこ(ちびふみこ)、ニーギ、ザサエさん、ワガメちゃんくらいしか知りませんが、これって多いのかな?

『ソニックウイングス』の女性キャラ…真尾まお、エレン、シンシア、アンジェラ、グリンダ、チャイカ、プーシカ、北白川小兎美と、こっちの方が多いかも知れません。
あ、アリシアと北白川小桃も居たか。

『ブレード』のこよりは生身で飛んで戦う奴でしたね。
そして、『疾風魔法大作戦』にも式神使いが居たんですか!?知らなんだ。


皆さん、ゲームに詳しくていらっしゃる…。

何故女の子形でなければいかんのだ?それだけが理解できん。(訳、私にも解りません。)

一度言ってみたかった。(元ネタのアルファもそうか。)

まあ、私にとって、あれの好きになれない部分の一つでもあるのですが。
(それでも、活字の本や、あの作品をまるで知らないでも読める同人誌とか、それなりに面白い物があるという事を前回のコミケで学びました。)

話は全然変わりますが、甘い物で、実際に地元のサンクスにあったのは、パックまんとチョコレートスパークリングだけでした。

前者は微妙でしたが、後者は、最初に飲んだのが疲れていた時だった為か、気分は回復ドリンク?でも、一遍に飲むには、無理があるので、少量飲むと、次が…という、妙に癖になる味でした。

他に、我が清涼飲料水の友?牛乳割りが、よく再現されたチョコレートの味とマッチしました。(チョコレートは元来飲むものだったと聞きますが。)

入れ違い!?

その通りで、東方シリーズの事です。
私からも、重ねてお詫びします。

あれの「外観上の」男女比は、それはもう、「絶望的」で、男1人、漢皆無だったかと。
そもそも、主要キャラの種族の「人間」の占める割合がアシッドキャニオン状態…?

スパークリング・ブリーズ

すさん
うちのアルファさん、未だ箱の中で冬眠中です。
ラシードのおっさんさえ居ればいいので、たぶん今後ともそのままでしょう(笑)。

東方主人公の服は、“巫女装束をモチーフにした洋服”と思えば良いのでしょうか?
それと、男性キャラクターは居るには居るみたいですよ。一応。

そして、チョコレートの語源は“苦い水”だそうで、本来は活力剤か強壮薬か何かとして飲用されていたみたいですね。

いま~だ~だすんだ~(まだまだ続く)

四次元ぽけっと~

(ぽくぽくぽく・・・ちーん)
おお、なるほど東宝東方シリーズのことでしたか
STG=アーケードってイメージがありました。
あれは女性キャラばっかですねぇ・・・詳しくは知りませんが。
あと式神1作目の隠れキャラアルファさん抜けてますよ。

疾風~は式神というより使い魔か何かだった…と思います。
もはや記憶があいまいです。古すぎて・・・

チョコレートは当時砂糖が入っていない苦い飲み物だったようですね。
まあ砂糖の当時の価値を想像すれば入れられないでしょうなぁ・・・

マジンゴー マジンゴー…Oh~シャンゼリ~……ゼーット!(後半の部分は、本当にシャンゼリゼ通りで水木一郎が歌ったというネタ。)

そうか、バロック
(確か大破さんの所で触れたアイテムマネージメント、いかにシステムの穴を見付けて行くか、などの点でMMに通じるものがある?ゲーム)の、「活気の液」は、チョコレートの原液だったのか!(脱力を回復するだけの効果なのに何気にレアアイテム。敵に当てると敵が脱力状態になる。)

甘くなくても、あの主人公なら大丈夫でしょう。(HP、VTのどっちかが半減する位に焼けすぎてまっ黒こげだったり、攻撃と防御が1下がる程の腹痛になる位腐った肉、及び心臓でさえ当該パラメーターが999なら、「うまかった」の一言で片付けてしまう。)

まじんごー!まじんごー!(ついに完結?)

どーらーごーんぼーるー、ゼッエー!(←Z)

Rathさん
そうそう、東邦東方シリーズですよ。

『式神の城』って、回を重ねるごとにキャラクターの設定やら何やらが変わっているんですねえ。
(Wikipedia見て知りました)

もうそろそろ、『魔法大作戦』シリーズもレトロゲームの仲間入りですか?

当時のチョコレートの概念は“薬”だったようで、スペイン(だったか?)軍の兵士に飲むことを義務付けていたとか。

その“薬”が“菓子”へとシフトチェンジしていく過程を、詳しく知りたいところです。
『世界ふしぎ発見!』あたりで。
(既にやっていそう)

ありゃ?

すさん
まるで、チャットみたいなコメント合戦ですね。
賑やかで嬉しいです♪

“液”って…、なんだか嫌な響きだ(苦笑)。

そして、ここまで話題を膨らませる原因たる『チョコレートスパークリング』の偉大さを再確認。

品物も、作ったサントリーフーズも凄いなあ…。

いかにも不味そうな物を飲み食いするのも共通点?

バロックのアイテムは、基本的に「自分に使う」「投げる」「その場に置く」の3コマンドからなり、
(設置して使う「文様」、携帯式の魔法円をイメージするのが近いでしょうか?これだけ「表」「裏」「投げる(結果的に「お任せ」)となります。)
最初だけ表現が様々で、液は、正しくは「注入液」で、「注入」で、その外観も、昔は写真の薬品タンク状のボトルだったのが、大きく変更されたPS2版以降、青緑の液が透けて見える瓶に、注射状のノズルが付いた上、予定では「首に刺して注入するモーション」が入る予定だったという…。
「かじる」の「骨」の方がまだマシか?
食料でさえ、肉はともかく、もう片方は心臓だし。
外に、姿、内容両面で変なセンスのアイテムが目立っていたり、「大破壊後の世界で、変なキャラがいろいろ」なのも近いか。
その辺がMMファンにお薦めな理由です。(特にPS版以前の世界の雰囲気がMM的。)
決定的に違うのは、アクションゲームであること、ダンジョンが次のフロアへの一方通行で、その都度アイテムの取捨選択を迫られる事など。(限定的にアイテムを持ち越す事は可能)

装備可能者…キノコ嫌いな人以外

聞いたことのあるタイトルだと思ったら、スティングのゲームだったんですね。
思えば、『ユグドラ・ユニオン』のアイテムも、一部面白いところが多かった…。

なかなか興味深い…。


…それにしても、気が付いたら本編の話題から凄まじく逸脱しましたねえ(笑)。
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。