スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#82 おとしてひろって ~前編~

前回、前々回と、落とした財布の話をしました。

今回は、過去にしろへ~が落とした経験と拾った経験のうち、拾った話を。


しろへ~は、基本的に“落ちてるもの”や“放置されてるもの”に対し、すぐに興味を示します。

昔のしろへ~は、そういったものを見掛けると、

1…しろへ~にとって有用である
2…近くに落とし主が居そうにない
3…高価な物品ではない

…と判断された場合、
速やかに猫糞していました。

消しゴムとかシャープペンシルとか傘とかフライパンとか木彫りの熊とかとか。

ごみ置き場から失敬してきたり。

今にして思えば恥ずかしい限りですね。

では、お金に関しては?

10歳に満たない頃、裸の千円札三枚を拾った時はすぐさま交番に届けました。

あの時は、無論善意もありましたが、三千円という金額が子供の手に余る数字だと思ったからでもあります。

…それが中高生になると、悪い意味での遊び盛りの時期であり、常に小遣いを欲しがっていたせいもあり、

拾ったお金や小銭入れは届け出ずに猫糞する様な小悪党に成り下がっていました。


…こんな事もやりました。

高校生時代のある日、同学年の友人と二人で歩いている時でした。

小さなスーパーから出てきた買い物帰りのおばちゃんが小銭をぶちまけているのを目撃しました。

散乱した小銭を慌てて拾うおばちゃんでしたが、おばちゃんの視界をくぐり抜けて、おばちゃんの後方に転がっていく一際大きな硬貨が一枚。

当然ながら、おばちゃんは気付きません。

そうして、散らばった小銭を拾い尽くしたと思い込んだおばちゃんは、再び歩き始めました。
後ろの一際大きな銀色の硬貨に気付かぬまま。

…その一部始終を無言で見守っていたしろへ~と友人は、おばちゃんの知覚の射程外まで遠ざかるのを確認した後、おもむろに顔を見合わせ…

(よし!)

とばかりに頷きました。

ダッシュ!
ゲット!
五百円!

…その後、五百円は、近所のゲーセンへと消えていきました。
二人の高校生の笑い声と共に…。


当時のしろへ~は、学校や世間様の間で“不良”とか“問題児”などという評価を受けていた記憶はありませんが、

それはあくまで表面上の素行だけを見た評価で、実際はそれよりもたちの悪い、こすずるい悪ガキだったと今にして思います。

今のしろへ~が当時の状況に遭遇していたなら、おばちゃんに一言声を掛けているでしょう。
たぶん、きっと。
(↑そこは断言するところだろう)

金銭的に困っていない、というのもありますが、それ以上に、落とし物を猫糞される哀しさと悔しさを自らの体験で知ったからです。
〈後編に続く〉
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。