スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#591 奇声…いや違う ~後編~

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…どうせ、根拠無しに言ってるんだろ…」

雑誌とか朝のニュース番組なんかで見られる、星座占い。
いつも思うんだけど、あれを担当してる得体の知れない占い師は、何を根拠に語っているのかね。

特に、“今日のラッキーカラーは紫”だの“ランチは高菜チャーハンで運気アップ”だのいうやつを聞く度に、毎度失笑してしまう。
高菜嫌いな人はどうすりゃええのん?とか(笑)。

どうせ、あんなのは根拠もなく、日々てけとーに思い付いて書きなぐっているだけなんだろうな…と。

そういや、あの手の占い師(というか占い担当者)って、けったいな名前の奴が多いよなあ…。




…皆様、ごきげんよう。
モンハン4で素材“重甲エキス”が欲しいにもかかわらず出てこない、感度抜群の物欲センサーに検知されまくりのしろへ~です。

さて、前回に続き、生後半年の赤ん坊を連れて兄夫婦が規制帰省してきた話…と言うか、帰省してきた兄夫婦が連れてきた赤ん坊の話を。

前回・今回の話の主役は紛れもなく赤ん坊なので、こう表現するのが適切だろう。

ときに、この赤ん坊。
私しろへ~の甥っ子という事で、性別は当然男な訳だが、名前がちょっぴり変わっている。

あらかじめ述べておくが、いわゆる“キラキラネーム”やら“DQNネーム”では断じてないので、心配は無用だ。

ごく普通な漢字一文字の名前だけど、その読み方は、圧倒的に女性に多く使われるもので。
しろへ~など、家族の口から甥っ子の名前を聞く度に、甥っ子をついつい女の子のように錯覚してしまう(苦笑)。

それはどんな漢字か?

ヒントその1…しろへ~の旧友き~ろ君のファーストネーム
ヒントその2…「エターナル」



…さて。

ニトログリセリンを扱うがごとく、細心の注意を払って扱わないといけない赤ん坊を育てるのは、やはり大変だと思ったしろへ~。

ある時などは自分の手やら足やらを口に運ぶだけじゃ飽き足らず、抱っこしているしろへ~の胸ポケットから出ていた、携帯のカラビナストラップだの服の袖までも掴んで口に運んでた。
それだけは食っちゃいかん。
(ストラップをポケットにしまいこむ)

その後改めて甥っ子を見ると、その時確かによだれまみれだった筈の口元は、すっかり綺麗になっているではないか。

お前…今、俺の袖でよだれを拭ったな?(苦笑)
やりおるわい。

が。

そういう危なっかしささえ押さえておけば、無垢な赤ん坊は無条件に可愛い存在であるらしい。

あやしてやると、そのうちきゃいきゃい喜んでくれて、妙に嬉しくなってしまった。

ああ、こりゃ可愛いわー。
癒されるわー。
甘噛みしてやりたいわー。
(流石にしなかったが)

あるいは、自分も独自のフィルター越しに、甥っ子を可愛く見ていたのかもしれない。

…と、いつになく甘い顔をしていたしろへ~を遥かに上回る存在が、やはり父だった。

生の初孫を前にしたしろへ~父のデレっぷりは、写真などの比ではない。
無論、しろへ~母も初孫を大層可愛がっていたが、父の溺愛ぶりが目立ちすぎて、いまいち印象が薄いノダ(笑)。



…そうして数日後、兄夫婦と赤ん坊は帰っていった。

後に聞いた話によると、帰省していた数日間を皆からちやほやされて過ごしていた甥っ子は、日中を母親としか過ごせない日々に戻ったため、寂しくて泣いていたらしい(苦笑)。

まあ、あれだ。
赤ん坊は泣くのが仕事みたいなものだから、精々泣いて腹筋を鍛えて強くなって貰いたい。
わんぱくでもいい、たくましく(以下略)。

次に甥っ子が顔を見せるのは、さあ、いつになるやら。





…そんなある日、母が突然嬉しそうにのたまった。

しろ母「あのね、───(孫)の代用品見付けた♪」

しろ「代用品?なにそれ?
(何かのマスコットか?)」

しろ母「ホワイトブナピー(どや)」

しろ「はい?
それって、ホクトの白いブナシメジかね?」

しろ母「そうそう、あれの質感(感触)がね、───の足の裏にそっくりなの(どや)」

しろ「は~…」



…孫の代用品というのもあれだが、きのこか。

よりによって、きのこか。
菌類かよ(笑)。
スポンサーサイト

#591 奇声…いや違う ~前編~

〈バトン回答者様のご紹介〉
皆様のご協力で支えられている他力本願企画、『ご当地PRバトン』。
(実際はほとんどアンケートだけど)

今回紹介する回答者様は、ブログ『毎日はささやかな君へのプレゼント』を運営する「日野」さん。
東京都は昭島市のお住まいです。

回答記事はこちら!

昭島市は地下水が豊富にあるそうで、生活用水の100%を賄える程だとか。
で、その豊富で清浄な地下水を利用した、わさびの栽培も盛んらしいです。

大都会とか魔都とかいうイメージが定着しがちな東京にも、こんな側面があるんだな…と感心しました。
そもそも、23区のインパクトが強すぎて、“え、東京に市があったの?”などとげふんげふん。

それはさておき(笑)、バトンにお答えくださった日野さん、有難うございます!




…ブログの更新をほったらかしにしてまでモンハン4にかまけていた間の事その1。

今からちょうど一週間前、しろへ~の兄夫婦が、生まれて半年になる赤ん坊を連れて奇声もとい帰省してきた。

しろへ~は、甥に当たるその赤ん坊と対面するのが初めてだ。
(一応、写真などでは何度も拝んではいるが)

写真を見て可愛くないと思いはしなかったが、しろへ~父のように“初孫フィルター”を通して見ている訳ではないので、正直さほど感慨深く思うこともなく。
写真を見てはにやける父には悪いが、とてもじゃないが迎合する気にはなれなかった。



しろへ~が仕事から帰宅してきた時には兄夫婦はすでに戻っていた。

今回の主賓たる赤ん坊はというと、何やらチャイルドシートとパイプ椅子とハンモックの掛け合わせみたいな物体に、身体を預けて眠っている。

…おおぅ。

写真での姿は生まれて間もなく、全体的な肉付きに欠けていたが、今の姿はすっかり丸みを帯びていて可愛く見える。

触ってみる。

ふおおおお。
すべすべぷにぷに。

もっと触っていたかったが、寝ているところを起こしてはいけないので、ここはしばし放置。
起きたときに、改めて触らせて貰おう。

で。

赤ん坊が起きたところで、再びおさわり。
ついでに抱っこもさせて貰う。

小さくて可愛い。
柔らかくて美味しそうだ。

が。

もぞもぞ動く赤ん坊は何をするか分からないもので、身じろぎした拍子にテーブルと頭をぶつけさせてしまった。

げ、やべえ。
当然泣き出し、即刻義姉に引き渡し。

どうにかあやして泣き止ませたものの、それからすぐに義姉の管理下でも同様に頭をぶつける始末(苦笑)。

赤ん坊を扱うとき、油断は禁物ということを学んだ。
(後編へ続く)





〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…涼しくなったのはいいが…」

どうやら、最近の急激な気温の低下で風邪を引いてしまったらしい。
鼻づまりと喉の不調。

いつ治ることやら。

#590 超ご無沙汰

〈しろへ~、ある日の空耳〉
「サイコミュしてますか?」

風呂上がりで服を着ている最中、隣の部屋から聞こえてきた。

いや、俺ニュータイプ違うし。
ファンネルだのビットだの有線ハンドビームだの、使える訳ないし。

テレビを観ていた父に尋ねてみたら、あるテレビCMのキャッチフレーズだったらしいが、さあ、一体何のCMか?
正解は最後に。




…超絶にご無沙汰してます。

ご無沙汰の理由はゲーマー諸氏ならお察しでしょうが、14日に発売された『モンスターハンター4』に大絶賛ドはまり中であるためです。


モンスターハンター4モンスターハンター4
(2013/09/14)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る


もう、寝ても覚めても狩り三昧でした。
ブログ記事の打ち込みの時間すら惜しい。
ましてや、食玩やガレキを、慣れもしないのに組み上げる暇など無し(苦笑)。

が。

10日以上ブログを更新しなかったのは初めて。
流石に、これはそろそろ更新せねば。

皆様が折角お越しくださっていたのに、長らくほったらかしにしてしまい、申し訳ないです。
一日くらい3DSをケースにしまい込んで、狩りの事を忘れて過ごすのも良いでしょう。



…ぱくん、かちっ

たったったっ、ばっ…ずどっっ!!
ギャ────ス
ぶわっ…がしっ!
よっしゃ、ロデオだぁぁぁぁぁっ!!
モガー、モガー!
おらおらぁっ!
ざくざくざくざくざくざくざくざくざくざくざくざく
ダウンは貰ったぁぁぁっ!

…あ。

駄目だ、止められん!!(笑)

…という感じで日々が過ぎ、気付けば10日あまりが経過していた体たらく。
まあ、熱中できるものがあるというのは良いことですよね!(開き直り)



次回は、そんな日々に起きた出来事の一つ二つを綴っていこうかと。





〈空耳問題の答え〉
「SECOM」のCM。

セコムしてますか?…の聞き違いでしたとさ。

#589 戦車男

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…言えない、言えなかった…」

職場での昼休み中、総務の人に連れられて、隣の会社の人が保険の団体契約についての勧誘にやって来た。

自動車の損害保険が云々、その御仁は丁寧な物腰で説明しつつ、一番近くにいたしろへ~に名刺とチラシを手渡してくれたが…。

言えない。
言えなかった。
“自動車、持ってません”と。

無下に断って、話の腰を折るのも気が引けたので、黙って名刺を受け取ったしろへ~。

減るもんじゃなし、まあいいか。




…最近CMが流れている、特保の三ツ矢サイダーが興味深くて、仕事帰りにコンビニまで足を運んだしろへ~。

お目当ての品を見付けて買い物かごにぶっこみ、当てもなく店内をうろちょろしている最中、しろへ~的に捨て置けない食玩を発見即大人買い。

それは戦車を中心とする戦闘車両や軍用車両をテーマに扱った、1/144サイズの模型食玩…その名は
『ワールドタンクミュージアム』。



………あれ?
“キット”?

パッケージを見ると、ワールドタンクミュージアム“キット”とある。
名前が変わったのか。
(2002年から2006年の間まで出ていたシリーズはワールドタンクミュージアムだった)


とりあえず、それに関してあまり考えないままに、並んでいた7箱(1箱473円だったか)すべてを購入。

が。

それが後の軽い後悔となるとは、当時のしろへ~は知る由もなかった。



新たにVOL.1とされた今回のワールドタンクのテーマは“ドイツ電撃戦編1940”とあり…

「Ⅰ号戦車B型」
「8トンハーフトラック」
「8.8cmFlaK36」(※)

…の三種類三色のいずれかが入っている様子。


※…8.8cm高射砲36型。
別名“アハト・アハト”。


で、いざ蓋を開けてみると…

あれ?

何じゃこりゃ、バラバラ?
俺の知ってるワールドタンクは完成品の筈だ。

見たところⅠ号戦車みたいだけど、これはあれか、
自分で組み立てろというスタイルか!

改めて箱を見てみよう(銀河万丈)。

“反完成組立キット”
気付くのが遅かった。

なお、開封結果は…Ⅰ号戦車×3、ハーフトラック×2、アハト・アハト×2。



まあいいか。

見たところ、凹凸の繋ぎ目を合わせるだけの簡単な造りだ。
モデリングの経験のない自分でも、おそらく上手くいくだろう。

ええと、車体上部と下部を合わせて…。

次は、履帯(キャタピラ)を車体に合わせて…

合わせて…

合わせて………っ

合・わ・せ・て!

駄目だ、合わん!!(挫折・笑)

繋ぎ目のサイズが狂ってるのか?
それとも、継ぎ目の位置がずれてるのか?

孔を拡げて、嵌め込みやすくするか。
あるいは、嵌め込める継ぎ目以外の突起を削って、接着剤で合わせるか。
いずれにせよ、しろへ~には道具が足りない。

早まったなあ…。



…次の日。

仕事帰りのしろへ~に、念入りな梱包の施された“ゆうパック”が届いた。

ついに来た。

「CHOCOLATE UNIT on Web」の通販アイテム♪


六鹿さんの同人誌(今流行りのアレとか)と…


『1/144 オブイェークト279』。

旧ソ連の冷戦時に、核戦争を想定して開発された試作重戦車で、四本キャタピラが最大の特徴。
『メタルマックス3』のプレイヤー諸氏なら、当然お分かりでしょうな。

で。

実はこれも、組み立てるタイプのキット(ガレージキット)。
これは最初から分かっていた。

ただ、こちらはワールドタンクと違って、大層な貴重品。
これはなんとしても組み上げたいものだ。

そして開封。

しまった、想像以上の強敵だ!!

バリがバリバリ付いている。

あ、バリってのは、たい焼きの縁に付いてることのある、薄くパリパリした部分みたいなやつの事。
プラモデルなんかのパーツにも付いていて、普通はきれいに取り除くものなノダ。

このオブイェークト279は“レジンキャストキット”というらしいけど、これってガレージキットの中では最もポピュラーで、かつ接着も塗装も比較的やり易いらしい。

が。

それは普通のモデラーレベルでの話で、素人モデラー未満のしろへ~には、いささか荷が勝ち過ぎる。
これはもう、それなりの専用工具を揃えてやるべきか。

行こうかな、あの店へ。
愛媛松山のモデラーなら、きっと誰もが知ってる“あの店”へ。





…が。

ここに来て、新たな障壁が私しろへ~の前に立ちはだかる…!!
(モンハン4)

#588 粋な計らい

いかん、寝落ちが多くて、おかしな夜更かしが続いてるぞ…。

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…何かのネタかと思ったら…」

年の瀬のガンダム試作3号機(デンドロビウム)が、我々の全く予期せぬ領域に奇襲を仕掛けてきた。

これは訓練ではない。

これがモビルスーツだって言うのかい!?

え、これ本人?
何かのネタとかじゃなく?

この衝撃を『銀河英雄伝説』で例えるなら、イゼルローン要塞攻略のためにガイエスブルク要塞を丸ごとワープさせてきた帝国軍?
いや、同盟領への本格的侵攻のために、同盟軍の裏をかいてフェザーン自治領に進軍してきたローエングラム公ラインハルト?

やってくれますなあ幸子はん。



…先月話題に出した“オレたちのゆきこたんプロジェクト”。
(参照記事…『#582 ゆきこたん』)

雪印メグミルクとpixivとのコラボ企画から始まり、優秀作品として選ばれた6人のゆきこたんから公式ゆきこたんを決めるべく、8月末まで国民投票が実施され…先日投票結果(総投票数…170266票)が発表された。

国民投票第1位を獲得したのは…

「CH3(めちるき・※)」さんの牛娘ゆきこたん!!(得票数…34630票)

めちるきさん、おめでとうございます!!

※…正式な表記は、CHに続いて小さい3。
化学式の「メチル基」に由来すると思われる。

なお、私しろへ~の一押しである、「シガタケ」さんの和服ゆきこたんは…

得票数34319票、大接戦の末の堂々第2位!!

惜しい、実に惜しいけど、それでも凄い!!



実のところ、pixiv内での評判だけを見たら、シガタケゆきこたん(通称)の人気が大きく抜きん出ており、内心“これはシガタケゆきこたんで決まりだろ”…と確信していたしろへ~。

おそらく、他のpixiv利用者の多くも、同様の確信をしていたものと思う。

なので、シガタケゆきこたんが僅差で1位を逃してしまったのを知ったときは、少なからずショックを受けたものだ。
(それでも、めちるきゆきこたんは二番目に好き)

かつてのゆるキャラグランプリで、バリィさんがくまモンに敗けてしまったときは、別段残念には思わなかったのに(笑)。

が。

ここで公式サイトは重大発表を宣言。

「(前略)…多くのファンの皆様からわたしたちは感謝という言葉では表現できない熱い気持ちを頂きました。(中略)

そこで、皆様からいただいたこの熱い気持ちに少しでもお答えしたく
6作品すべてを公式“ゆきこたん”とさせていただくことに決定いたしました!(後略)」


…おおぅ。

何、その熱い展開。
いい仕事だよ、いい仕事。
雪印、分かってんじゃん。
つか、それ、最初から決めてたんじゃないの?
んー?

こういうのを、“粋な計らい”と言うんだね(どや)。
いや、俺がどや顔する事じゃないが。

…という訳で。

「mg」さん。
「海壁(うみへき)」さん。
「いずみ」さん。
「CH3」さん。
「まなもこたん」さん。
「シガタケ」さん。


公式“ゆきこたん”認定、おめでとうございます!!

なんと見事な大団円。



…なお、今回の投票で1位に輝いた、めちるきゆきこたんはフィギュア化が決定。

また、今年12月には6作品のゆきこたんが、クリスマスバージョンのスペシャルパッケージとなって再登場する模様。
(多分500ml紙パックで)

今度は、6種類全部買ってみようかな?
(今、シガタケゆきこたんだけが手元に残ってる)





…本当は、めちるきゆきこたんのパックも買っていたんだけど、そちらはうっかり処分させてしまったので手元に残っておらず、写真が使い回しになってしまった。

不覚。



おみくじ?

ああ…。

#587 海鮮丼

…ああ、また寝落ち(苦笑)。

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…ああもう、台無し…」

ある番組で、誰だったか女性のモデルさんが旅先で浴衣に着替えたシーンがあって。
その足元を見てみると、下駄履きの足の爪にペディキュアが塗ってあって、酷くげんなりしてしまったしろへ~。

浴衣姿に鮮明な色彩のペディキュアは相性が最悪だと思う。
浴衣姿で下駄の代わりにサンダル履いてるのと同じくらいげんなり。

これは、私しろへ~が個人的に“ペディキュアは全然可愛く見えない”と思っている、一番の偏見からきているのかもしれない。
マニキュアはともかく、ペディキュアはどうにも。

もっとも、女性のファッションをとやかく言うほどファッションセンスに優れている訳じゃないが、女性の視点で見れば、あれはありなのだろうか?

ふたりはペディキュア。




…ちょっと(かなり?)間抜けな話。

時代劇などで耳にする“廻船問屋(かいせんどんや・かいせんどいや)”という言葉があるけど、私しろへ~は、あれをつい最近まで“海鮮問屋”だと思っていた(笑)。

てっきり、鮮魚あるいは昆布とか鰹節とかの乾物などの海産物を取り扱う問屋だと思っていたけど、実際は商船や客船などを対象に幅広いサービスを提供する問屋だったらしい。



廻船問屋(船問屋)の業務は多岐にわたり、積み荷の集積や管理であったり、商船の取引先の斡旋に仲介、相場情報の収集および提供、船具の販売や消耗品の補給、諸税の徴収などを請け負っていたそうな。

また、船員に飲食や寝床の提供などを業務とする、多機能宿泊施設“船宿”と船問屋は性質が似通っており、船宿と船問屋を同時に経営する場合もあったとか。
(以上、Wikipedia調べ)

うむ、勉強になった。





〈今回のいつもの〉
…吉。

もう、そろそろやめよっかな…?

#586 ランパートの報告書・雑記

…寝落ちで、更新が遅れてしまった(苦笑)。

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…阿呆が後を断たんな…」

横浜の鶴見区で、走行中のバスの後ろにしがみつく輩と、それを撮影する輩がいた…という通報があったそうで。
その画像がTwitterで投稿され、警察は道路交通法に触れる危険行為にあたる疑いを視野に入れた捜査を進めているとか。

何をやってんだか。

パトカーの屋根に乗ったり。
アトラクションの妨害したり。
食べ物を粗末に扱ったり。
バイト先の厨房で馬鹿やったり。
店の食品の陳列棚に乗ったり入ったり。
地下鉄のホームから飛び降りたり。
モアイに刻印したり。
教会のフレスコ画を勝手に修復して台無しにしたり(違う)。
靖国の池に放尿したり(もっと違う)。

挙げてきゃきりがない。



以前から、方々でやんちゃをやらかしては嬉しそうにその様を撮影(あるいは録画)して、ネットに公開する阿呆たれが後を絶たないけど、これはやっぱりリアルタイムで手軽に利用できるネット環境が一因だろうと思う。

それは置くとして、あーゆードたわけな“かぶき者”共は、いつ頃から増えだしたのだろう?
ネットの普及で目立つようになっただけで、案外昔から、そーゆー痴れ者はいたのかも知れないが。

先の宮崎駿引退の速報を観ても思ったけど、こーゆー低次元な奴らの話題が取り沙汰される現状を鑑みるに、我が国はつくづく平和なんだなあ…と感じてしまう。

良くも悪くも。



〈呟き・その2〉
「…こんなはずでは…(笑)」

前回、モンハンがどうこうという話題を載せたけど、現在は『グランナイツヒストリー』を大絶賛プレイ中のしろへ~。
おかしいな、こんなはずでは…(笑)。

というのも、9月の頭にpixivを閲覧しているとグランナイツのイラストが投稿されていて。
作品タイトルを見てよくよく思い起こせば、ちょうどグランナイツが二周年だった訳で。

イラストの見事さもさることながら、その作者さんの率いる騎士団の名前には非常に覚えがあり、とても驚いた。

その方の騎士団はユニオン所属で、ログレス所属の我が“ランパート”とは敵対関係。
戦場で相まみえることもあったし、プレイランキングなどでも幾度もお目にかかったものだ。

いちプレイヤーとして自分の所属と騎士団の名前を名乗りつつ、そんな驚きをコメントにしてみたら、先方でも(ランパートを)戦場でよく遭遇した騎士団だったと認識してくれていたようで。
そんな騎士団の団長(しろへ~)からコメントを貰えるとは思っていなかったので、驚いたと同時にとても嬉しいです…というお返事をくださり、こちらも凄く嬉しかった。



こうして、しろへ~の中でグランナイツ熱が再燃、モンハンをほったらかしにして遊ぶ日々が始まった、という訳で。

ここで改めて、グランナイツヒストリーというゲームの醍醐味を再認識するしろへ~。

特に大きな醍醐味として…

“自分が手塩にかけて育て上げた、思い入れのあるキャラクター(騎士)達をオンライン戦場に送ることで、全国のプレイヤー相手にお披露目(活躍)出来る”事。

“いかなる戦略をもってパーティを編成し、いかなる戦術をもって有利に闘い、いかなる策をもって劣勢を覆すか…という頭脳戦を展開する”事。

…これにつきる、と思う。

そうして、オンライン戦場で進軍していた我々ランパートの回避弓侍チームの前に、件の騎士団が立ちはだかった。

おおぅ、pixivであんなやり取りをした直後に相まみえることが出来るとは、実に感動的ではないか。
いざ、尋常に勝負!



……

………

駄目だ、勝てん!!(逃走・笑)

パーティの相性が極端に悪い中、こちらは最善の対応策をもって戦ったけど、それでもあちらは無茶苦茶強かった。

こちらが二人撃破され、あちらの一人をどうにか撃破した状態で“勝ち目なし”と判断して、足早に退散(苦笑)。
勝負には負けたけど、手に汗握る楽しい闘いだった。
騎士団“ムーナトリッヒ”団長の「NO」さん、また戦場でお会いしましょう!



…ついでに、グランナイツが発売されて間もないうちに作成したグランナイツのバトンを改めて回答してみたので、気の向いた方はご覧いただきたい。





〈今回のタルトさん〉
…中吉。

手持ちのラインナップが一通りダブって、“保存用”が確保されたから、いつかオタクイベントの際に付けていっても良いだろう(笑)。

紙切れにオラオラ書いてあるけど、あれは承太郎かな?
それとも徐倫?
ジョニィ?
定助?

誰か、教えてください。

#585 試してみんけん

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…これは3日間遊び倒せということか…?」

いよいよ9月に突入し、『モンスターハンター4』の発売まで2週間を切ったわけだけど…。
いかん、『モンスターハンター3G』が遊び足りん。

何故って、3Gを入手したのが今年の3月で、たったの半年しか遊んでいないノダ。
残り十日あまりだけど、できればハンターランクを100には到達させたいな。

で。

次の4の発売日が今月の14日で、この日から16日までがわが社の休日となっているのは、その3日間をモンハンで遊び倒せという、天からのプレゼント フォー ミーですか!?
休日くれたのは会社だけど。



〈ある日の呟き・その2〉
「…そんなの、あわてて報じんでも…」

テレビを観ていて、“宮崎駿監督、引退”との速報が入った時。
その場に居合わせたしろへ~と両親は、異口同音に“たかだかそんな事、速報にするなよ”と失笑してしまった。

別に、宮崎駿が国家元首だとか、そういうんじゃないんだからさあ。
たかだかアニメ映画の監督風情の進退を大袈裟に騒ぎ立てるなって(苦笑)。




…最近、“方言チャート”なるものが話題と聞いて、私しろへ~も検索して試してみた。



『出身地鑑定!! 方言チャート』←こち。



これは、自分が日常で設問中にある言葉を使うかどうかを二択で答えるだけの設問を複数答えていき、回答者の出身都道府県を当ててくれるチャート。

「東京女子大学」に在籍する、“篠崎ゼミ”の女子大学生さん方が開発したものだそうな。
詳しい解説は上記サイトを参考にして貰いたい。

最初にしろへ~が試したときは、自分が基本的に標準語を主体にして喋ることを念頭に置いて答えた為、出身地を山口県と間違われた(苦笑)。

が。

次に、“自分がどう喋るか”ではなく“周りの人たちがどう喋るか”と考えて答えてみたら、今度は愛媛県と正解を導き出した。

設問中に、いくつか聞いたことのある方言を目にしたけど、それと同じかそれ以上に聞いたことのない方言も多数見付かり、それらがどこの方言か気になって仕方ない(笑)。

ご覧の皆様も、是非一度お試しあれ。





〈今回のおみくじ〉
三度目の大吉。
ダブり地獄、いよいよ本格化。

コンプリートは、果たしていつの日か?
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。