スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#556 氷点下40度の世界では、バナナで釘が打てます

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…やべ、これって画面焼けするのかな…?」

夜、モンハン3Gで遊んでいる最中、うっかり寝落ちしてしまったしろへ~。
(ネット回線を使ったオンラインプレイをしていた訳じゃないが)

真夜中の何時かは分からないが、しろへ~が意識を取り戻したとき、我が3DSは延々とカラフルな画面を映し、呑気そうな曲を奏で続けていた。

仕事疲れだとか食後の満腹感というのもさることながら、それより何より、毎度布団の上で寝っころがって過ごしているのが、寝落ち最大の要因だろう(苦笑)。

とりあえず、すぐさまDSを閉じてスリープモードにしてから再度眠りに就いたものの、この3DSの画面は焼き付いたりしないだろうかと心配になってきた。

とある友人のテレビみたいに、モンハンのプレイ画面が焼き付いて、体力とスタミナのゲージやら“回復薬”の文字が浮き出たりするのは嫌ですよ(実話)。

そもそも、液晶画面は焼き付き現象があるのかな?

まあ、いずれにせよ、寝落ちしない程度に遊びなさいって事で(笑)。



…携帯のブログ管理ページで記事をこちこちしてたら、入力に時間をかけすぎて強制ログアウトさせられ、それまでの入力がおじゃんになってしもた。
へこむわー。

士気が激減したので、今回は手軽に済ませてさようなら。
さあ、モンハンやろ。





…四国地方が梅雨入りしてから、急に蒸し暑くなってもう。
今日も蚊がうざったい。

そろそろ、蚊取り線香の導入も視野に入れるか…。
スポンサーサイト

#555 覚醒剤やめますか?それとも、人間やめますか?

読者諸君、お久しぶり!
…でございマス。


〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…第三章、宿屋ネルトコ…」

ドラクエⅣ第三章の主役であるトルネコさんが、もしも“夢は世界一のホテルオーナー”という設定だったら、きっとこんな名前になってただろうな(どや)。



…職場での昼休み、休憩所に見知らぬおっちゃんが入ってきた。
何やら色んなものを小脇に抱えている。

そうして、持ってきた荷物からおっちゃんが取り出したのは…掛軸。
何故に掛軸?

気さくに話しているところを見て、過去に職場で働いていた人が骨董品自慢でもしに来たのかと思ったが、どうも違う。
端で話を聞いていたが、なんと骨董品を売りに来たという。


うさんくせー。

なにこのおっちゃん、うさんくせー。

第一に、ここには、誰とのコネクションでやって来たのか分からないところがうさんくせー。

持ってきた骨董品もうさんくせー。

最初に広げた掛軸は何かの漢詩っぽかったけど、おっちゃん自身、これがどこの誰がいつ書いたもので、どんな内容が書かれているのか判っていない時点でうさんくせー。

次の掛軸は“西国三十三ヶ所”の全ての朱印が入ったものらしいけど、これにしたってうさんくせー。

宗教的にありがたい品ではあるけど、それは本来三十三の寺院全てに直接参拝した当人が持っていてこそ価値があるのであって、そんなものを売り買いの品にするものかどうか、偽物くさくてうさんくせー。

まだまだ掛軸やら徳利やら香炉(?)やらを取り出しては、“普通、こんなのを1万円で売ってないよ”みたいな定番台詞を吐いている様もうさんくせー。

購入特典を引っ張り出してくるのがうさんくせー。

“買ってくれたら、これもおまけにつけよう”と言って取り出した、ケースにも入っていないディスクがうさんくせー。

しかも、その中身が『モザイクなしのエロDVD』というのが、極めつけにうさんくせー。

うさんくせー。

超うさんくせー。

こんな怪しいの、誰が買うんだよ(笑)。

案の定、誰一人買う者はいなかったが。


…でも、実は千円単位でなら、掛軸の購入を考えてもいいかなと密かに考えていたしろへ~。

それから、“出張!なんでも鑑定団”に持っていって、会場とお茶の間を爆笑(あるいは失笑)の渦に巻き込んでやるのも悪くないな…と。

べ…別に、怪しいDVDが目当てな訳じゃないんだからねっ!





銀河万丈「本人評価額は、ドドンと強気の100万円!」

で、安河内(掛軸担当)に鑑定して貰って…
万丈「果たして結果は~!?」

じゃかじゃん!
三・千・円!!
万丈「あっちゃ~~~!」

きっと、こうなるに決まってる。

#554 4th ANNIVERSARY

〈進撃のデスクリムゾン〉
エレン「なんだと、グンタさんが!?…エルドさん、ペトラさんも、何でオレをおいて…オルオ、あいつは死んでもいい」

仕事中、思い付いたネタ(真面目にやれ)。
ひどいよエレンさん。

また、万人に解って貰えないネタを…。



…開設から、丸4年が経過しました、『放逸見聞録』。

毎度けったいな記事(すぐ上のやつとか)ばかりで、しかも日に日に更新頻度が落ちてきているにもかかわらず、たびたび訪れてくださる方々がいらっしゃるというのは、大変有難いことです。

が。

私しろへ~と同じFC2のブロガーさんのみ、当ブログへの訪問履歴が分かるのですが、それ以外の方がどれだけ閲覧してくださっているのかは、皆目見当もつきません。

という訳で、FC2ブロガーの訪問者様の履歴だけでも見てみると、意外と色々な方が見に来てくれてますねえ。

当然、たまたま気まぐれでいらしただけで、以降二度と来ることのないような、文字通りの“一見さん”も無数におりますが…。
頻度に差はあれ、幾度も繰り返し覗きに来てくださるブロガーさんがいるのもまた事実。

男女はもとより、年代も趣向もブログのテーマジャンルも千差万別で、とても面白いですね。
ええ、今この記事を読まれている、貴方がたの事ですよ。

そして、いつも思うのが、何故こうも趣味嗜好の異なる方々が、こうも偏り気味なブログを読みに来てくれるのか?…という事。

このブログは決まったテーマを持たずに、日々勝手気ままな戯言を綴るブログで、筆者自身は未だに自分のブログスタイルを確立できずに“これでいいのだろうか?”と迷走している体たらく。

正直、うちのブログを読まれる常連の方々は、一体何を求めて、どんな記事を求めて訪れるのかが分からなくて困惑してます(苦笑)。
いや、これは愚痴をこぼしている訳では決してなく。

…とまあ、筆者自身があやふやなブログでも、わざわざ読みに来てくださる方々が少なからずいるのだから、できるだけ期待に応えるブログであり続けたいと思っております。

ならば、どうするか?

これまで通りのブログであり続けること。

それでいいんじゃないかと。

昔に比べて、更新頻度が低下してますが、それはそれ。
自分の書きたいことを、書きたいときに書きたいように。

そんな姿勢で取り組む私しろへ~ですが、今後とも、何卒よろしくお願いします。

皆様が当ブログを訪れる度に、“こいつ、また馬鹿なこと言ってるよ”と笑って戴ければ幸いです。





せいぜいスポンサーうんぬんとかいう広告が出てこない程度には更新しなければ。

#553 ティッシュは、やっぱり、エルモアよ

〈拍手コメントのお返事〉
ぴの字さん、ようこそいらっしゃいました。

例のアレ、ご存じでしたか~(笑)。
年代のバレそうな話題ですが(苦笑)、反応してくれる方がいてくれて嬉しかったですよ。

拍手とコメントをくださり、有難うございます!




〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…何故、移動する…?」

職場にミステリーがある。

各人のタイムカードを置いておく壁掛け。
私しろへ~は、いつも“13番”の位置にカードを差し込んでいる筈なのに、時折その位置が変わっていることがある。

何故だ?

タイムカードって、普通他人が勝手にいじくるものじゃないだろうに。
総務の担当が給料の計算をするためにチェックした可能性もあるが、それならそれで、何故元の位置に戻さんのか。

実のところ、13番がしろへ~個人に定められた番号という訳でもなく、ぶっちゃけ何番に置こうが問題はない。

が。

なんか嫌。

自分の部署で“これはここ!”と定めた場所に、あるべき物がなかったり、あるべきでない物があったりするのが嫌。
特に、他人の手によって、そういう事をされると、テリトリーを侵された感じがして嫌なノダ。

別に、私生活では、そんなポリシーは無いんだが…。

以上、職場限定の“定位置男子”、しろへ~の呟きでした。





…職場のエアーコンプレッサーが爆発する、衝撃的な夢を見たしろへ~。

近くに誰もいなかったから、怪我人が出なかったのが幸いだったけど、あれがもし間近に人がいたら…最悪死ぬんじゃなかろうか?

深夜、恒例の“ティファの貸し切り”で遊んだ後、蓬莱君と一緒に交通事故を目撃したのが要因か?

なお、交通事故の発生時、間近にパトカーがいる状況(しかも、交番も近い)だったので、特に通報の必要もなかった。
事故った人、不幸中の幸いだったね。

うん、コンプレッサーの方が夢でよかった。

…まさか、予知夢じゃないだろうな…?


そして、今回も内容と無関係のタイトルでしたとさ。

#552 私はコレで、会社を辞めました

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…また、寝てもうた…」

てな訳で、またまた寝落ちしたので、翌朝の記事更新。



〈世界の職場から〉
♪たーらったったったたーららーたーら~
(例のBGM)

…私しろへ~が製材の仕事をする上で、1メートル前後の端材が常々出てくる訳で。

その端材は、こんな感じで積み上げてから束ねて、後日別の業者に売るのだけど…。

近頃、この端材束の窪んだ部分を利用して、繁殖期の鳥が巣作りをしている。
巣の材料になる木屑など、敷地内に掃いて捨てるほどあるから、彼らには好都合なのだろう。

最初に巣を見せて貰った時はGW前日で、そこには何の鳥か分からない雛がもぞもぞしていた。

しかし、休み明けに巣を覗き込んでみると、死後数日とおぼしき死骸が一羽だけ。
おそらく、雛は捕食者に食われて、大空どころかヴァルハラへと巣立ってしまったのだろう。


そして最近、また新しい巣が見付かったらしく、覗いてみたら卵が幾つか。

話を聞くと、先ほども親鳥が卵を温めていたようで、どんな鳥かと尋ねたところ、“白と黒の鳥”という返答。

特徴を聞いて、一発で判った。
「セキレイ」という鳥だ。

(この画像のみ、余所様から拝借しました)

この画像は「ハクセキレイ(白~)」…の筈。
他にも、「セグロセキレイ(背黒~)」や「キセキレイ(黄~)」といった仲間がいる。

地上をてけてけと高速で歩き、立ち止まれば長めの尻尾をひょこひょこと上下に振るなど、かなり特徴的な鳥である。
個人的には、結構好きな鳥。

そして、これが巣にあった卵。

うずらの卵よりも小ぶりな卵が、五つ入っている。

実は写真を撮るために携帯を持ってきた時、戻ってきた親鳥が卵を温めていた最中だったのだけど、親鳥に気付かれて逃げられてしまったノダ。

巣に鎮座する親鳥も撮りたかったのに…残念。





…ああ。

記事タイトルは記事内容と一切無関係ですので、悪しからず。
(前回、前々回もそうだけど)

分かる人、いるかなあ?

#551 ダダーン! ぼよよん ぼよよん!

〈バトン回答者様のご紹介〉
報告が遅れましたが、『ご当地PRバトン』の新たな回答者様をご紹介。

今回お答えくださった「たける」さんは、沖縄県うるま市にお住まいで、私しろへ~とは“犬福愛好家”の同志という間柄。
去年のGWでは、私の沖縄観光の折に沖縄案内を務めてくださいました。

“親密な関係にある県は?”という問いに対して、たけるさんから「兵庫県」という、まったく想定外の回答を戴きまして…。
調べてみたところ、戦前・戦後を通じて、兵庫県には多くの沖縄出身者が“第二の故郷”として永住、活躍されているとか。

また、太平洋戦争最大の激戦であった沖縄戦では、多くの兵庫県出身者が犠牲になったとのこと。
県民から大層慕われながらも壮烈な最期を遂げた、当時の県知事「島田叡」氏も、兵庫県の出身だったそうな。

兵庫県と沖縄県のそういった深い繋がりから、沖縄が日本に復帰した後、両県が永遠の友情を誓う“兵庫・沖縄友愛提携調印式”が行われたのが、昭和47年11月。
沖縄に青少年施設を贈るための友愛募金運動(施設は昭和50年6月に完成)をはじめ、今でも数々の事業や交流が進められているようです。

…て、たけるさんのバトン回答なのですが、たけるさん自身はブログなどのサイトを持っておられないので、こちらの記事のコメント欄にご回答をくださいました。
コメント欄をご参照ください。

たけるさん、バトンへのご回答を有難うございます!

また、紹介が遅れましたこと、心からお詫び申し上げます。
申し訳ありません。



…自分の些細な操作ミスで、折角こちこち仕上げていた記事の大半をおじゃんにしてしまい、涙目のしろへ~。

士気が激減したのでふて寝に突入。
おやすみなさい。





…そういや、いつぞやの牛角で、気になる部分があったのを思い出した。

“スタッフまでお見せくだぱい”って何だ?

誰か、教えてください。

#550 ちからこぶる。

〈バトン回答者様のご紹介〉
当初に比べて、すっかり答えてくれる方が減ってきた(苦笑)『ご当地PRバトン』に、新たな獲物が食いつきましたもとい回答者様が加わりました。
(失礼な)

ブログ『ゆずの音箱』を運営する、宮城県は仙台市にお住まいの「Yuz Lowbeam(ゆず ろーびーむ)」さん。

バトン回答記事はこちら!

宮城仙台のご当地雑煮の特徴として、出汁に“焼きハゼ”を使うそうで。
それだけでも珍しいですが、余所の地方…特に南国では何やら聞き慣れない具材が入っているとか。

“ひき菜”と呼ばれるそれは、千切りにした大根と人参(ごぼうも加える場合もあり)を茹で、水気を絞って丸めて凍らせた、一種の保存食であるそうな。
(正確には、凍らせて乾燥させるらしい)

このひき菜、福島県などでも食され、『ひき菜炒り』『ひき菜もち』といった郷土料理で親しまれているみたいです。
流石、北の地域ならではの食材ですねえ。

ゆずさん、バトンへのご協力をくださり、有難うございます!



…ゆうべ、記事をこちこちしている最中に寝落ちしてしまった所為で、昨日の話題になるが。
久しぶりに、友人の「G(ジョージさん)」と、食事を共にした。

帰宅してから、“今日の夕食は酢豚か~”などと思いつつ自室でくつろいでいる最中、ジョージさんから電話が。

「用事で近くに寄ったから、久々に飯でもどうかと思って(笑)」

…とのこと。

自宅で酢豚を食べる機会など滅多にないのだが、“今日、うちで酢豚だから”などと無下に断るのは、私しろへ~の義理人情が許さない。

酢豚がどうのとは一言も漏らさず、二つ返事で誘いに乗った。
(ジョージさんに当記事を読まれたらバレてしまうが・笑)

いや、ジョージさん、酢豚なんてどうでもイインダヨ。
ホントダヨ?


食事に行った先は「牛角」。
実は初めて。

道すがら、ジョージさんが取ってきたホットペッパーのクーポンを使い、割引の食べ放題を利用。

そこで、解き放たれた肉食獣と化す我々。
うまうま。

が。

昔と比べたら、明らかに胃袋のキャパシティが減っている両名。
昔と変わらぬ勢いで欲望のままに肉を注文して、軽く後悔。

何というか、限界を越えた満腹状態で、義務的に食べる食事の不味さは半端じゃない。
まあ、二人して責任を持って完食できたから良かったが。


帰路、一撃貰ったら終わってしまう原子炉のような腹を抱え、“げふぅ”だの“うあぁ”だのと呻く我々。

「歳を取ったなあ…」
「もう、食べ放題を卒業してもいいのかも知れんね」

…としみじみ語り合いながら、盛者必衰の儚さを実感するのだった。





…“世界一長いバトン”なるものを見付けた。

ふむふむ。
「これは強制バトンです。
見たら絶対にやって下さい。」?
やなこった。

強制だの地雷だのいうのは、嫌。

実際は拘束力がある訳じゃないし、本当に答えるかどうかは本人の意思次第なんだけど、世の中には冗談を真に受けてしまう人物もいるから、あんまり軽々しく“不幸の手紙”まがいの遊びを広めちゃいかんと思う。

いや、だからと言って、重々しくやっても良くないが(笑)。

#549 キーワードは、くうねるあそぶ。

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…なぜ恵比寿…?」

ある日の仕事帰り、寄り道の折に一件の整骨院を見付けたしろへ~。
2012年に開院したらしい、その整骨院は、「だいふく整骨院」という名前だった。

ほほぅ、大福とな?

大の犬福スキーたるしろへ~としては、ついつい反応してしまう言葉である。
おまけに、それ自体が縁起のいい言葉で、自然と好感が持てるではないか。

が。

その整骨院のシンボルマーク(?)を見て、思わず首をかしげてしまった。


これは…恵比寿だよなあ…?

いや、まあ七福神だし?
まるきり見当違いでもないし?

でも、それならいっそ大黒(大黒天)を据えた方が、“だいふく”“だいこく”と韻を踏んでいて、よりフィットするんじゃないか?
でなけりゃ、七福神全員を揃えるとか。

そこを、なぜ恵比寿単体にしたのか、ちょっと釈然としない私しろへ~でした土佐。


ま、大福に一番フィットするのは犬福だがね(どや)。



…お久しぶりでございマス。

皆さん、お元気ですかぁ?(井上陽水調)
いやらしい声で、皮肉っぽく言うのがミソです。

日産『セフィーロ』のCMをわかる人が何人いることか…?

さて。

一応、多くの人にとっては、この日がゴールデンウィークの最終日ってとこでしょうかね。
私しろへ~は、今日から仕事再開ですよ。

本来のGWスケジュールは、先月の27~29日と今月の3~6日という分離連休だったのが、職場の設備の改修という都合で28~5日のぶっ通し連休に変更された訳で。
8連休なんて大型連休、実は初めての体験でしたよ。

が。

当初のスケジュールでは合計7日分の休みだったのが、急遽変更されたスケジュールでは8日も休んでしまい、一日余分に休んでしまっている状態。

だから、この一日のしわ寄せのために、いつかどこかの休日を潰さないといけない訳で。
現在、それがいつになるかは未定。

早いとこ、決まって欲しいものだ。


なお、この連休中のしろへ~は、一日と欠かすことなくモンハンやってましたよ。

やっとこさG級ハンターだぜヒャハーとか言って、かつんかつんと鉱石採掘したり、ぱっさぱっさと昆虫採集したり。
で、狩りの標的になる大型モンスター共の理不尽なまでの攻撃力に、ひぎぃひぎぃと阿鼻叫喚に陥ったり(笑)。

今回の連休で後悔したのは、そのために6日間も一人遊びにふけっていたこと。
それはそれで楽しかったが、やっぱりなあ(苦笑)。

最後の2日間だけは、遠方から帰ってきた友人らと集まって遊べたから、まあよしとすべきかと。
TRPGやったり、やっぱりモンハンやったり(笑)。

それにしても…。
昔と違って、県外勤務になった友人やら、時間交代制勤務になった友人やらばかりになってしまった。

今ではすっかり集まる機会が減ってしまったけど、また、皆で集まって遊びたいものですなあ大高さん。





…曹操。

「恵比寿」というのは、七福神の中でも唯一の、日本由来の神様だそうな。

他はヒンドゥー教の神様(大黒天・毘沙門天・弁才天)や道教の神様(福禄寿と寿老人・※)で、また、実在したらしい仏教の僧(布袋)とのこと。

※…どちらも、「南極老人」という神様がモデルなのだとか。
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。