FC2ブログ

#334 とっことこにしたげるで♪ ~後編~

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…あれ、猫じゃない…?」

出勤途中、道路で不幸に見舞われた動物が横たわっているのを発見したしろへ~。

あらら、猫か…。

すれ違いざまに片手で拝みつつ見てみると、体つきが妙に細長く、どうやら猫ではなくイタチであるらしい。

生でイタチを拝んだのは初めてだけど、出来れば生きてる状態が望ましかった…。
南無南無。



(前回の続き)
いよいよ週末に入るというのに、未だに日曜日の話題を載せるのもどうかと思いますが(苦笑)。

…コミュニティセンターでの夏コミ下調べは午後5時くらいで切り上げ、お次は松山市中心部の本屋へくり出すしろへ~と蓬莱君。
向かうは我等が「明屋書店 松山本店」。

かねてより蓬莱君から勧められていた、ファンタジー系TRPGのスタンダード『アリアンロッドRPG』の進化版、『~セカンドエディション(2E)』のルールブック二冊を購入。

基本システムはそのままに、より快適な戦闘や、より実感のあるキャラ成長などが楽しめるみたいです。

個人的に面白そうなのが“ゲッシュ”かな。
“誓約”という、キャラクターのプレイングに制約を設ける代わりに、神々から何らかの恩恵を授かるシステム。
選んだゲッシュごとに内容が異なるけれど、誓約を破ると恩恵を受けられないどころか何らかの天罰が下るそうな。


…と、このあたりは置いておくとして、しろへ~の本来の目的はこれではなく、明屋入店直後にまっすぐ向かったのはコミックエッセイコーナー。
お目当ての本を発見即購入し、ほくほく顔のしろへ~でした。

それがこちら。

『見とこ、行っとこ、トコトコ関西』。
(JTBパブリッシング刊)

『トコトコ関西』は、かの『うちのトコでは』(四国四兄弟)の作者「もぐら」さんによる作品。
“関西”を代表する三都市…「大阪」「神戸」「京都」を旅した様子を描いたコミック旅エッセイです。


上図(表紙)のお嬢さん方は、『うちトコ』に登場する“擬人化都道府県”のキャラクター。
左から大阪・京都・神戸ですが、まあ、雰囲気で判るでしょう(笑)。

なお、それぞれの外見設定年齢は…、大阪13歳・神戸22歳・京都?歳…だそうな。
京都さん、年齢不詳!?

彼女らは案内役の代表として登場し、不馴れなもぐらさんをコテコテに、エレガントに、はんなりとナビゲーションしていきます。
(たった一人で各地を廻った訳ではなく、各地で幾人かの方々に案内して貰ったそうです)


この作品は“各都市の県民性の実地検証”をテーマとしており、旅先での出来事から垣間見た県民性が面白おかしく描かれています。

また、“どうやって今の県民性が確立されたのか?”という県民性のルーツなどにも触れており、娯楽書と教養書を合わせたような仕上がりが面白い一冊です。

まだ、しろへ~も読破していませんが、おすすめしたい一冊です。
興味を持った方は、今すぐ書店へ轟!

が。

話によると、この書籍は西日本に重点を置いて配本しているらしく、東日本では数か少ないか遅れるかして配本されるとか。

いや、それっておかしくないか?
ここはむしろ東日本を重点的に配本すべきだろう!?…と思うのはしろへ~だけでしょうか?


ところで、しろへ~の目下の悩みは、近所の「ジュンク堂書店」で『トコトコ関西』をもう一冊買おうかどうか…という事。
何故って、ここで買うと、限定ペーパーが付いてくるというサービスがあるから…(苦笑)。

“布教用”としてもう一冊所持するのも悪くない…か?





〈ちょっとネタバレ〉
…木曜日は、例によって『秘密のケンミンSHOW』を観ていたわけだけど、来週の“辞令は突然に”(京一郎とはるみのやつ)は愛媛県に行くらしいですよ。

前のシリーズでは京一郎の最初の転勤先が愛媛県だったというのに、当時はそれを知らずに見過ごしてしまって後悔したものですが、今度は見逃してなるものか!…と息巻くしろへ~です(笑)。

次回予告のテロップに“甘くておいしい愛媛の缶詰とは?”とかいうのが出てましたが、あれは間違いなく「ひめキュンフルーツ缶」の事でしょうね。

まあ、とりあえず東夫妻、改めて愛媛をよろしく頼みます。
あ、とっくに収録は終わってるか?

#334 とっことこにしたげるで♪ ~前編~

〈バトン回答者様のご紹介〉
…かなり久し振りに、『ご当地PRバトン』に回答してくださった方から直リンクの許可を戴きましたので、早速ここにご紹介♪

ブログ『食を彩るなめがた』を運営する、茨城県行方市の「なめがた食彩マーケット」さん。
回答記事はこちら!

なめがた食彩マーケットさん、ご回答とご協力を有難うございます!

茨城県民の方からの回答が二つになりましたが、それぞれ場所も人も違いますので、全く別の回答になっているのが楽しいです。
ぜひ、比較してみましょう!



…さて、今回は日曜日の話を…と思ったけど、眠たいので一時夢の世界へ撤退。おやすみなさい。



……
………


おはようございます。

日曜日は午前中から蓬莱君と待ち合わせ、ゲーセン見物とブランチを済ませてから、松山市のコミュニティセンターで同時開催されている同人イベントを見物に。


一つは“萌え系”のオールジャンルイベント『美柑たると。5』
もう一つは、同人ゲームブランド“東方Project”のオンリーイベント『東方四国祭4』
上の画像は、入場証兼用のイベントカタログ。

前者は過去にも二度見物に行ったイベントですが、今回も“痛車コンテスト”などの副次的催し物が開かれておりました。

ちなみに、痛車コンテストに出展していた内の一台は、しろへ~の通勤途中でよく見かけていた車両だったり(笑)。
『マクロスフロンティア』のデザインを施した、走り屋仕様のマシン…らしい。

後者は、前者の4~5倍のサークルスペースを設けており、かの同人ブランドが圧倒的かつ熱狂的あるいは狂信的なまでの支持を受けているのが解ります。

しかし…、かのシリーズの人気が高いのは分かるけれど、美柑と四国祭の同時開催にはあからさまな客寄せの意図を感じてならない。
(美柑たると。だけでは集客力が心許ないから)

ゆくゆくは、この“東方依存症”みたいな現状を脱却し、以降も高い集客力を保てるようになれば上々だと思うのですが、それはまだまだ先の話のようです。


見物もそこそこに会場を立ち去った我々は、今度は同じコミュニティセンター内の休憩所の一角を占拠し、今夏のコミックマーケットで立ち寄るサークルさんのスペースを調べるべく、分厚いカタログとにらめっこ。

蓬莱君曰く、先の震災の所為か、前回まで参加していた筈のサークルさんのいくつかの名前が見当たらない…というケースがあるみたい。
(純粋に落選したとかかも知れないが)

低い椅子とテーブルを使っての調べものだったから、背骨が曲がって疲れる疲れる。

調べるとはいえ、しろへ~の向かうところと言ったらこことかここなどと相場が決まっている訳で、しかも今回は最終日にしか参加できない身の上なので、半ば調べる必要は無いくらいだったりします(笑)。

が。

たった一件、“きゆづきさとこ先生アンソロジー”という(しろへ~的に)素敵すぎる同人誌を刊行してくれているサークルさんが、よりにもよって絶対参加できない1日目に配置されている事を知り、激しく落胆するしろへ~。

神も仏もないのか。
(後編に続く)
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード