スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#308 日差しがもたらした恋愛劇

〈本日のみかんジュース〉

…『希望の島 丸しぼり果汁』の賞味レポート最終回は『カラマンダリン』。

獄吏…甘っ!

前回の『いよかん』と対照的に、今までで一番の濃厚な甘さに驚くしろへ~。


調べてみると、この果実は『温州みかん』と『キングマンダリン』の交配種で、実はかなり昔から品種として確立されていたそうな。

しかし、当時はあまり真っ当な評価がなされず、ほとんど生産されなかったらしく、近年になって価値が見直されて生産量を徐々に増やしているとのこと。
ほほーぅ。

…四つの品種それぞれに個性があって、どれも美味しいジュースでした。
たまには、こんなちょっとした贅沢をするのも良いですね。

ああ、マジで全種類飲んでみたい…!


…今朝、職場から程近い距離に某ライト・ウイング団体の街宣車を停めている、おそらく関係者のところに“KEEP OUT”と書かれた黄色と黒のテープが張り巡らされていました。

パトカーが停まっていたところを見ると、どうもガサ入れの最中だった模様。


この日の仕事は、一日のほとんどを丸太切りに費やしました。
8~12mの長さのやつを3mか4mに切り分けるという内容。

風も吹いていて、ある程度涼しかったとは言え、かなり日差しが強い中で作業をするのはしんどいものです。

特に、元々が色白で、普段の仕事の持ち場が日陰にあるしろへ~にとっては、この環境変化は激しすぎる。
気付けば両腕が赤く日焼けしており、帰宅してから熱を持ち始め、ひりひりと痛くなってくる有様。

うう…氷が欲しい…そうだ、氷ペットボトルを腕に当てよう、そうしよう。

ぴと。

あ~、ちめた~い。
あ~、気持ちいい~。
あ~、ずっとこのままでいたい~。
あ~、もう離したくな~い。
結婚してくれ(真顔)。


明日にでも市役所に婚姻届を提出して、ジューンブライドと洒落込みますか。
無生物と。





…そういや、あのカプコンの名作『逆転裁判』が実写映画化されるそうですよ。
スポンサーサイト

#307 愛媛のいよかんいい予感♪

〈本日のみかんジュース〉…『希望の島 丸しぼり果汁』賞味レポート第三弾は、我等が愛媛県の誇る柑橘類『いよかん』!


今でこそ(愛媛で多く生産されているから)伊予の名を冠しているけど、そもそもの発祥は山口県という真実。
そういう点で、しろへ~は山口県を尊敬しています。

獄吏。

…今までのみかんの中では一番酸味が強いかな。
苦味もあるから、一際“きりっ”とした味わい。
普段食べていたいよかんの味からすると、この苦味は意外だった。
オレンジピールの所為か?

でも、美味しいから文句はありませんよ(笑)。


…今回は、徹頭徹尾いよかんのお話です。

以前、当ブログで“愛媛のいよかんいい予感~♪”というテレビCMの話題を振った事があったものの、誰からも“ああ!あったあった(笑)”みたいな反応が返ってこなかった事に精神的苦痛を受け、国に対して損害賠償を求めたしろへ~。
無論、嘘。

そこで、ふと“動画検索をすれば引っ掛かるのでは!?”と思い立ち、四月頃からお世話になっている「YouTube」でこちこちと検索してみました。


~キーワード~
“愛媛のいよかんいい予感”。
“愛媛のいよかん”。
“いよかんいい予感”。
“いい予感”。

…ううむ。
なかなか、それらしい動画が見つからない。
あのCMとキャッチフレーズはわりかし有名だと思うんだけどなあ…。

…そうか、CM!
改めて“いよかん CM”というキーワードで検索をかけてみると、『80年代CM 28』という動画を見付け、視聴してみると…あった!

これ!これだよ!
うっわ、懐かし━━━!

YouTubeのページにて“いよかん CM”を検索すると、『80年代CM 28』というタイトルの動画が見付かりますので、宜しければご覧ください。
(諸事情につき、当該ページへのジャンプができませんでした・泣)

開始から7分30秒の辺りで、件のCMが拝めます。

…しかし、あのナレーションを務めているのは、やはり「ヤムチャの人」…?


しかし、改めて考えてみたら、このCMは1980年代に放送されたものだったのか…。
具体的な年数は分からないけど、古くからやっていたやつだったんだなあ。

数年前まで放送されていた気がしますが、いつ頃からかとんと見なくなって久しいと気付き、ちょっと寂しいです。

…などと感傷に浸りながらも、こんな記事を載せてしまったら年齢がばれてしまいそうで、内心ひやひやしている昭和生まれのしろへ~でございます。





おまけ。
(注意!筆者の独断と偏見による年齢制限付きの表現あり!)

続きを読む

#306 あめあめふるふる

〈本日のみかんジュース〉…『希望の島 丸しぼり果汁』賞味レポート第二弾は『はるみ』。


東京一郎の嫁に非ず。
「また転勤~!?(泣)」

獄吏。

前回の『天草』と比べると明らかな苦味を感じ、香りもやや強い様子。
言うなれば“大人の味”?
本品のラベルには説明文が記載されていなかったので、今度のコメントは純粋にしろへ~の主観です(笑)。


…昨日と今日は、ずっと雨の降り続く天気。

すでに温帯低気圧に変わったらしい台風の影響もあるのだろうけど、そもそも今が梅雨に突入しているのが最たる原因みたいです。
五月末に梅雨入りって、例年に比べたら異様に早くなかろうか?

移動手段がチャリンコのしろへ~が、こんな天気で気軽に外出できる筈もなく、折角の土日休みはずっと引きこもり。
独りでもそもそハンティングに勤しむのでした。


…さて。
雨が降るのは仕方無いし、後々になって水が足りなくて困るよりははるかにましだけど、たった今一つだけ困っていることが。

通路水浸し。

我が家に訪れた方ならご存知でしょうが、我が家の通路は土足で移動し、二階より上の階の通路は雨風が吹き込む構造になっていまして。
風のない時ならともかく、強い風を伴う雨━━特に西風━━が来ると、通路に水溜まりができてしまうのです。

外出時はまだしも、普段の履き物がサンダルだから、気を付けて歩かないといけないのが煩わしい!
…とか思っていたら、しろへ~母の手により水溜まりが処理された。
ごめん、母さん。

もういいじゃん。
充分降っただろ?
いい加減止もうぜ?
止めっつってんだろコラ。

↑雨が降る度、たいていこんな台詞を口走るしろへ~(苦笑)。
(主に出勤時と帰宅時)

いや、マジで頼む。
明日の朝には止んでいて?
週始めは職場で朝礼があるから遅れたくないの。





…前回の記事の書き忘れ。

『かめそば』の店「じゅん」には、かめそばの亜流として『スープかめそば』なるメニューがあったらしい(Fire君談)のだけど、以前訪れた時にはメニューから外されていました。

大将いわく「もう一度研究し直します」という話で、大将の納得のいく味が作り出せたら、改めてメニューに載ることと思います。

次回はそれも試してみたい。

#305 かめそば賞味レポート

〈本日のみかんジュース〉
…以前買ってきた『希望の島 丸しぼり果汁』の賞味レポート第一弾は『天草』。


これだけがラベル下部に緑の縁取りがなされていないのを不思議に思って調べてみると、他の品よりもだいぶ早い時期に製造されたものらしく、それでデザインが異なっている模様。

だいぶ早い時期に…という事は、それだけ期限が近いという訳で、まずはこの天草から攻めてみることにしました。
(まだ余裕はあるが)

獄吏。

…ん~♪
香りが良く、濃厚かつまろやかな甘さで、くせのない飲みやすい味ですね~。
(ラベルの説明文より抜粋)

…すみません。
別に味覚音痴という訳ではないけども、雄山先生とか味皇様みたいに鋭敏な味覚も持ち合わせていません故、そう御大層な解説などできませんでした(笑)。

とりあえず、美味しかったことだけは確かです。


26日。

帰宅後、さあブログの記事を打ち込むか…という時に、普段よりも早く仕事が終わったらしいFire君からのメールが。
久々に会って遊ぼう、という流れになりました。

「明屋書店 松山本店」で落ち合った我々は、まずは漫画コーナーで物色開始。

特定の作品(あるいは漫画家)のファンが聞いたら激怒必至の毒舌トークは、昔から変わらない二人の合わせ技、“愛と友情のツープラトン”(笑)。
嗚呼、ジャスティス学園。

閉店間際に『スティール・ボール・ラン』の最新巻を購入して退店、夕食を摂ることにした我々が選んだ品目は…『かめそば』。


かめそばとは、近頃愛媛松山で話題になっている料理で、以前ジョージさんが『秘密のケンミンSHOW』の取材を受けた…というあれ。

が。

彼が取材を受けたのは『かめ“風”焼きそば』という、言うなれば模倣品。

我々が足を運んだ松山市二番町の「じゅん」は、件の料理の創始者(「かめ」という店だったらしい)から直接レシピを学び、受け継いだという唯一にして正統のかめそばだそうな。
(Fire君談)

…入店して、大将とおかみさんにご挨拶。
写真撮影とブログへの掲載許可を願い出ると、割とあっさり快諾してくださいました。

二人ともかめそばとおでんを注文。
しろへ~は、さらに『もずくスープ餃子』なる品も頼みます。

人気メニューの一つ『おでん風とうふ(うろ覚え)』をおかみさんから勧められるものの…

Fire「たまご、牛すじ、ちくわ」
しろへ~「大根、たまご、ごぼ天」

…と、無自覚にスルーしてしまった我々。
次はちゃんと頼むから許してください(苦笑)。


…先に出されたおでんを食べているうちに、いよいよ噂のかめそばが我々の前に運ばれました。


これが『かめそば』(\600)。


拡大図。
麺を覆い隠すほどに振りかけられた削り節と、上にちょこんと乗せられたちりめんじゃこ(しらす)が特徴の外見。

太い麺は独特な歯応えで、食べやすさを考慮してか、ぶつ切りの一口サイズ。
キャベツを加えて醤油風味の味付けに仕上げ、好みでウスターソースをかけていただきます。


今度は『もずくスープ餃子』(\400)。

“スープ餃子”と聞いて中華風スープを想像したものの、実際は醤油仕立てのすまし汁で、和風の味そのもの。
意外?それとも普通?


感想。

どちらも美味しいです♪
しろへ~としては、もずくスープ餃子が特にお薦めしたい逸品ですね。

その一方で、かめそばは、お腹を満たそうとする食事にはあまり向いていない品だと思われます。

元々が飲み屋のメニューであり、どちらかと言うと酒のつまみ、あるいは軽食やおやつとしての立ち位置ではないかと。

ぶつ切りの麺も、かの『もんじゃ焼き』の様に、ちびちびと食べるためのものかも知れません。

それと…酒のつまみとして考えられている為か、量は決して多くありません。
逆に量が多くても、却って持て余してしまうだろうから、これが適切な分量だと思います。


…そんなかめそばですが、来週の6月2日に放送される『秘密のケンミンSHOW』で紹介されるそうです。
どんな紹介をされるか、楽しみですよ♪

試食の際、誰か一人くらいは「酒が欲しくなる」とかいうコメントを言うに違いない…!

『かめそば』とは、そんな食べ物でした。





…「じゅん」退店後。

食事の締めとして、何かスイーツ(笑)を食べようと街中をさまよい、「ミスタードーナツ」に行き着く我々。
片やアイスティー、片やホットコーヒーを供にドーナツを食らい、閉店時間まで談笑しました。

いくつ食べたか?
ええ、三個食べましたよ。
嘘じゃないですよ?

ねえ、Fire君。

#304 男はストレートであれ

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…あれ、今日半袖なの俺だけ?」

その日はずっと雨模様で肌寒かった一日。
そんな中、半袖で作業していたのはしろへ~ただ一人でした。

心まで凍えてしまいそうだった(ふてぶてしい程の余裕面で)。


…ファミマで見慣れぬものを見つけたので、早速購入してみるしろへ~。
seach and buy(発見即購入)。

それがこれ。

『希望の島 丸しぼり果汁』。

これは愛媛県産のみかんジュースで、左から伊予柑・カラマンダリン・はるみ・天草と、それぞれの品種の果汁のみで作られたものです。

値段は、250mlまたは200ml入ったガラス瓶の一本で300円。
しろへ~の人生で、これだけ値の張るジュースを買うのは初めてです(観光地除く)。

実は、店には『温州みかん』のジュースも置かれていたみたいだけど、あまりにもポピュラー過ぎたせいか、上の四品種よりも大きく差をつけた早さで完売してしまった様子。

「他の店舗にまだ残っているかも…」という店員さんの言葉を信じて、更に三軒のファミマをガサ入れするも、温州みかんどころか当のシリーズ商品そのものを置いていなかったという結果に終わり、温州みかんは泣く泣く諦めました(苦笑)。


さて、愛媛県産のみかんジュースと言えば『ポンジュース』ですが…この品はまったくの無関係。
愛媛県松山市の中島(町)にある会社、「(有)フレッシュファクトリー トミナガ」のブランド商品みたいです。

値段の凄いこの品ですが、もう二点、凄い特徴があることが判明。

1…全18種類。
2…無添加のストレート果汁。


濃縮果汁ではなく完全な生果汁のみで作り、単一の品種だけの果汁を使ったものを18種類も揃える…というのは、一本300円という価格設定も頷けるクオリティ。

施設の規模や量産性の問題で、「えひめ飲料」(ポンジュースのトコ)などでは却って出来ない芸当かも知れません。


…そんな贅沢なジュースを気軽に飲むのは気が引けるので、一本一本をじっくり堪能してから、いかにも通ぶった感想などを次回以降の記事に載せていこうかと思います(笑)。

ところで、今回のタイトルには深い意味は何一つありません。
ストレートは男らしい…ってくらいです(笑)。





上記の会社では、他にも様々な商品を開発、販売しているので、興味のある方は会社名をクリックしてみてください。

通販もできますよ。

#303 2nd ANNIVERSARY

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…ギャツビー様、今年もお世話になります」

暑い季節を乗りきる為の、しろへ~の必携ツール『ギャツビー フェイシャルペーパー』。
三種類くらいある内、スタンダードなやつを自室に、ヒリつく程にクールな“アイスタイプ”を職場へ持っていくバッグに配備しました。

しかし、去年から使い始めたアイスタイプの刺激に慣れ親しんだ所為で、スタンダード(レギュラー?)タイプの使い心地が物足りなかったり。


今日で、当ブログの開設から丸二年が経過。

開設当時から今に至るまで、相も変わらず自分のペースで更新し、つつがなく続けることができた事には満足しています。
今後も、この調子で馬鹿話を載せていきたいものですね。

…自らが広げた“犬福帳”という名の大風呂敷の始末(完成)を目指し、もう少しこのカテゴリーの更新頻度を上げる事も必要でしょうか。

その気になれば、犬福帳の文章だけなら年内に仕上げる事もできるでしょうが、端からそんな気は毛頭ありませんので(笑)。
(悪い意味ではなく)

“よじたい。”と共に、じっくりこつこつやっていきます。


そう言えば、“ライトハルトのねこ名鑑”という小風呂敷も、ジョーズ→ピクタス→ポヨ→十文字で停滞しています。
まだ公開していないねこが沢山いるのに(苦笑)。

こみネ。
ミケさん。
素猫。
ツナカン。
セロ。
クロム。
黒菜。
ごんべえ。
必殺間者猫。
サダノブ。
描神さま。
ジョー。
とんぬら。
デューク。
チャーミー。

一体、この内の何匹を理解して貰えるだろう…?

他にも、やりたいことや構想中のものなどがありますが、それが日の目を浴びるのはいつの日か…?

オリジナルルールのTCGなど、有志を募って創ってみたいものですが…。


…最後に、『放逸見聞録』を御覧くださっている皆様に感謝を述べるとともに、これからも変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。

いつも読んでくださり、有難うございます。
今後も、しろへ~と放逸見聞録を宜しくお願い致します。


しろへ~より。





…もう一つだけ。

もしも、当ブログの内容や管理人(しろへ~)に対して思うところや要望などがございましたら、遠慮なくコメントを下さいませ。

いや、本当に。

#302 ライトハルトの狩猟日誌

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…ここしばらくの間、“逆スイミー”を見かけない…」

しろへ~の職場のそばを流れる川に棲む鯉たちの中で、唯一緋鯉が居たのだけど、かれこれ長いこと姿を見ていないのです。

どこ行ったんだ?あいつ。


…ちょっと今更な、『MHP3rd』の話。

待ちに待ったファミ通ガンランスの最後の一本、『プラチナクラウン』!

それまでの二本…『シルバークラウン』と『ゴールドクラウン』は、控え目の威力ながら高い属性値を持ち、ある程度の会心率をも備えていた逸品。
銀(氷)→金(雷)…と来て、さらに価値の高い白金が無属性なんだから、その分別のスペックが高い筈だ!

そこで挑むべきクエストが、またまた闘技場の中で爆鎚竜亜種(鋼鎚竜)と角竜亜種(黒角竜)を同時に相手取るという上位クエスト“ファミ通・大角と巨鎚、再び!”。
はい、地獄のようなクエストです。
(少なくとも、しろへ~にとっては)

前後左右どころか下からも襲いかかる奴らを正面切って狩るのは至難の業。
『けむり玉』を使って一方の目を誤魔化しつつ、もう一方を集中攻撃する作戦を敢行します。

それでも、ソロプレイだと大苦戦。

二度戦死し、回復アイテムが底をつき、あと一撃かすっただけでも敗北確定の体力の上に残り時間2分という絶体絶命の状況でようやくクリアするライトハルトさん。
実は、これに前後して二回か三回は失敗していたり(泣)。


死闘を制し、報酬素材の『ファミ通PT』…不埒なチケットを二枚ほど入手。
ほくほく顔で加工屋へダッシュするガンランサーのライトさん。

五枚揃ってないからすぐには作れないけど、生産リストに載った以上はスペックの確認はできる!

が。

それまでの労苦を嘲笑うかのように、画面に現れたプラチナクラウンのスペックは思いの外低かった。

〈プラチナクラウン諸元表〉
レア度…6
攻撃力…210(ブースト後は225)
会心率…5%
スロット…なし
切れ味ゲージ…中の下(※)
砲撃…通常型Lv3

※…同格(一線級)のガンランス全体との比較


んー?
これは性能が低いというよりは、目立った長所が何一つないと言うべきか。

威力だけならこれよりも優れたガンランスは何本もあるし、同じ威力で属性とスロットを備えたものだってある。
砲撃タイプとレベルに関しても然り。
会心率5%にいたっては、あって無きが如し。

これは何かの間違いか?

いや待て、実はここから更に強化できて、地味に高水準のガンランスが完成するのでは?
その真偽を確かめるためにも、プラチナクラウンを一刻も早く作成せねば!

それからは友人らに協力して貰ってファミ通クエストをクリア、クリア、クリア。

…そうして、不埒なチケットを五枚(+余分二枚)集めて加工屋に突き付け、プラチナクラウンを作成、入手したライトさん。
さあ、いよいよお楽しみ、武器強化の時間だ!

そうさ、シルバーもゴールドも、更に素材と資金をつぎ込んで“~改”に強化できたんだ!
きっとレア度7の『プラチナクラウン改』に強化できる筈だよ!
そんな武器は存在しなかった。

……………………………。

えっと、これ…ゴミ?


…ちょっと待ってよ。

決して高いと言えない攻撃力。
同じく、それなりの砲撃能力。
雀の涙ほどの会心率。
長持ちしそうにない切れ味。
挙句に無属性。

装飾品スロットが無いのはまだしも気にならないけど、正直、このガンランスのどの辺に価値を見出だして使っていけば良いのかが分かりません。

誰か、教えてください。


思えば、前作(MHP2ndG)で登場したファミ通ガンランス『古龍銃槍エンブレム』にしても、使い勝手は微妙だった気がする。

ただ、あれの砲撃能力が“放射Lv5(最強)”というところだけでも、プラチナクラウンよりは使う余地があったように思える。
(俺は使わなかったけど)

もしも、プラチナクラウンにスロットが3つあれば、その使い勝手は飛躍的に向上していただろうに。
そうでなければ、他のガンランスとの差別化が図れないだろうから。





…色々述べましたが、とりあえず要約。

今作のファミ通ガンランスに関して、最新の白金が既存の金や銀の万分の一も使えないというがっかりな事実に、全世界のガンランサーが涙した…というお話でした。

#301 こっさり試食レポート

〈しろへ~、ある日の呪詛〉
「…おい明屋書店よ、出前ェなんで入荷指定日に『らぶふぇろ』置いてないんだよこの野郎…」

12日のところを赤ペンで14日と訂正しておきながら、当日(土曜日)に一冊たりとも置かれていた形跡が見当たらないとは、何者かの妨害工作でしょうか?

今ならば比較的軽い刑(百叩き)で済ませるので、首謀者は即刻名乗り出るように。

が。

今回はまるきり徒労に終わった訳でもなく、限定版の『ねこむすめ道草日記』(6巻)を偶然入手できたので、至極ご満悦のしろへ~。
(書き下ろしの同人誌が一冊付いている!)

会計の際、店員のお姉さんから「こちらは特装版(限定版)ですが、よろしいですか?」と訊かれたものですが、二つ返事でイエスに決まってます。
何せ、これが最後の一冊だったからな!

“限定版”とかいうキーワードに弱い、典型的なオタク志向のしろへ~でしたとさ。


…日曜日、き~ろ君と蓬莱君とで「天下一品」に赴き、夕飯を摂りまして。
ただし、日曜日は日曜日でも、一週間前の日曜日ですがね!(笑)

以前の宣言通り、今度のスープは“こっさり”にして注文。

麺は二玉、セットのチャーハンは大盛りにして、鶏の唐揚げとたこの唐揚げ、トッピングにキムチとワンタンを加えて食べました。
ちょっと欲望に忠実すぎ(苦笑)。

なお、き~ろ君はみそラーメン、蓬莱君はあっさりスープのラーメンを注文。

…で、こっさりスープの感想ですが、美味しかったですよ。
こってりしてて。

こってりスープの粘度よりはさらさらしていて、喉通りが良くなっています。
味に関しては、こってりとあっさりの中間と謳っているものの、それでもなおこってり。
それだけ、天下一品のこってりスープが凄まじく濃厚だという事が分かる訳です。

き~ろ君のみそスープと蓬莱君のあっさりスープを、最後に味見してみましたが…。
みそがこれまたこってりとした高粘度スープで、あっさりスープは普通にあっさり。
みそも好みが別れそうですが、あっさりなら普通に受け入れられる味かなと。


…しろへ~の提案で彼らに天下一品(のラーメン)を試して貰いましたが、少なくとも彼らから悪い評価を出されずに済んでひと安心。

とりあえず、こってりスープよりはこっさりスープの方が好みでした。
あっさりスープも捨てがたい。
特濃スープ二種は…、多分もう頼まない(苦笑)。

しろへ~個人の判断基準だけで言えば、天下一品に初めて訪れる方は、あっさりかこっさりを注文するのが吉かと思います。
それで物足りないと思った方や、心に冒険王を住まわせているような方は、こってりやみそを注文しましょう。

…最後に。
あれだけのオーダーはやはり食べ過ぎだったらしく、翌日少しだけお腹を壊したことを報告して、今回の試食レポートを締めくくります(苦笑)。





…話は変わって、異常発生。

いつもメール送信で投稿している当ブログの記事なのですが、今回のメール送信が三度連続でエラーを起こしました。
何故?

仕方がないから、ブログの管理ページにログインしてから、メールの文面をコピペしときました。

次の記事の送信がうまくいかなかったら、この異常を訴えよう。

#300 ある晴れた日の…

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…父さん、“どっちのケンミンSHOW”違う」

『どっちの料理ショー』と『秘密のケンミンSHOW』がごっちゃになってる。
確かにテレビ局の系列も放送時間も司会(もんた)も一緒だけど…って、もんたは違うか。

ところで、「みのもんた」を“もんた”と呼ぶのは珍しいでしょうか?


…気付けば、これで300回です。
(実際は360あまり)

今日の愛媛松山は、久しぶりの晴天。
気温も大変涼しく、昨日までの嫌がらせのような蒸し暑さとはうってかわって快適な一日に終わりそう。

こんな日ならば気軽に寄り道をして帰れるので、いそいそとモンハンのクエストダウンロードに…の前に思い切り遠回りをして、漫画を買うべく明屋書店へとブリッツ・クリーク。

今回のお目当ては、「岩崎つばさ」さんの四コマ漫画、『ラブフェロモンNo.5』の第2巻。
普通の雑誌連載作品ではなく、ケータイコミックとして配信された作品の完結編です。

過去、しろへ~は本作品のジャンルは“百合”であると紹介したのですが、作者の岩崎さんご自身は“友情もの”と主張されておりました(苦笑)。

という訳で、『ラブフェロ』は友情ものです。
決して百合属性じゃないんです。
百合じゃないの。
百合じゃ。


らぶふぇろの発売日は本来5月12日なのですが、愛媛のような地方(田舎)は発売日が遅れるのが常なので、それを考慮して13日に買いに行くという頭脳プレイを見せつけるしろへ~。
誰に?

入店し、足早に漫画売り場に向かい、“5月発売のコミックス”を確認。
ええと…、らぶふぇろらぶふぇろ…双葉社双葉社…、あったあった。

が。

らぶふぇろ2巻は14日発売だった。

しろへ~のモチベーション、垂直落下。
しろへ~は悲しみの淵から這い戻ることはできなかった……。
ゲームオーバー

せっかく遠回りしてきたのに…。
…キィ!


いいもんいいもん、また明日来るもんと拗ねながらゲーム攻略本コーナーを通りかかると、今をときめく『エルシャダイ』の公式設定集を発見。
ああ、“大丈夫だ、問題ない”のゲームか、と手に取ってみたら…

「こんなに載せて大丈夫か?」
「大丈夫だ、問題ない。」


…本当に帯に書かれていて吹いた(笑)。


それから、もう一度遠回りしてトイザらスへ。

闘技場で金火竜と銀火竜の同時狩猟をするクエストをダウンロード。
多分、紅玉(激レア素材)の入手率が高いのだろうと推測しています。

自宅近くに差し掛かったところで、ねこ発見。

アオスジアゲハ(てふてふ)を狩って、一心不乱にむしゃむしゃ食べてました。
ねこの一部始終の動きが可愛くて、ついつい見惚れるしろへ~。

そんな一日。

#299 ある雨の日の置き土産

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…ブイヨンとコンソメの違いって、何だ?」

ブイヨン…西洋出汁。
コンソメ…ブイヨンで作った、薄味の澄んだスープ。
全くの別物でした。

ネットで調べて思い出しましたが、コンソメの対極に当たるのがポタージュみたい。
日本食で例えるなら、コンソメがお吸い物で、ポタージュが味噌汁ってところでしょうか?

日本では、顆粒や固形の洋風調味料全般の呼び名をコンソメやらブイヨンやらと呼ぶから、紛らわしい訳です。


雨の日の仕事帰り、雨宿りを兼ねてスーパーの中にあるパン屋さんに立ち寄り、おやつのつもりでパンを幾つか買いまして。

さあ帰ろうかと、しろへ~の自転車を見ると…、荷台に見慣れぬ物体があるではないか。


自転車の荷台にどすんと鎮座ましますは、誰の物とも知れない黒いバッグ。
何だ、お前は?

誰の物とも知れないとは言ったものの、しろへ~にはおおよその推測はできていました。

しろへ~の自転車の右隣、前かごにビニール袋で包んだバッグを入れ、荷台に雨合羽を掛けている自転車の持ち主。

推定…男子高校生。

多分、コイツの仕業だろう。


貴様は一体、どういう了見で人様の領域(自転車)を侵犯しているのか?

…そういう事を一言くらいは言いたくて、この不届きなバッグをそのままに、持ち主の帰還を待って立ち尽くすしろへ~。

が。

なかなかそいつが戻ってこない。
(たかだか数分間の話だが)
いつまでも待ち続けるのも癪なので、まだ見ぬ不届者に加奈子さんばりの説教をくれてやるのは諦め、狼藉という名のバッグを放置して帰宅することにしたしろへ~。

足元を見ると、駐輪場にもかかわらず、どこもかしこも水浸し。
間違いなくバッグの底面は濡れるだろう。

いやいや、ここはいっそのこと、雨避けすらない位置に置いて雨ざらしにしてやろうか?
“人様の自転車を勝手に荷物置き場にするな馬鹿野郎”とかいう書き置きを残して(笑)。

そんなことを考えて、自分のバッグから紙切れの一枚を物色し始めたものの、何となく良心の呵責を感じて放置作戦は中止。
スーパーのサービスカウンターに届け出る事に。


…我ながら、大変なお人好しだと思うしろへ~です。

ただし、サービスカウンターの店員さんには“勝手に人の自転車に物を置かないように”という伝言を託しておきました。
「本当は雨ざらしにしてやろうかと思ったんですけどね!」と本心を吐露しつつ(笑)。

感謝しろよ、ガキんちょ(不確定情報)。





〈おまけニュース〉
友人のジョージさんが、『秘密のケンミンSHOW』の取材を街中で受けたそうな。
B級グルメ『かめそば(かめ風焼きそば)』についてだったらしいが、彼は“知らん”と答えたとか。

そこは“天に昇るような味”とか“知らないなんて、あんたモグリだね”とか、盛大に知ったかぶるのがセオリーだろうに!
まったく、使えん奴め(笑)。

…名前に記憶がありながら、一度も食べたことのない俺も役立たず決定賞。

とりあえず、この事を『うちのトコでは』の作者「もぐら」さんにタレ込むしろへ~でしたとさ。
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。