FC2ブログ

#298 ノンベンダイアリー ~5月5日~

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…わき腹の吹き出物が、ちょっと痛い」

先週辺りからぽつりと出来て、ひとまずぷつりと潰してみたものの、まだ赤く腫れた状態が続いているのです。


(前回の続き)
…しろへ~の連休の日々を綴るシリーズ『ノンベンダイアリー』、いよいよ感動の最終回です。
まあ、誰も感動しないでしょうが(笑)。

5月5日。
しろへ~の連休最終日は、特別な何かをしようということもなく、ぼんやりのんびりロンリーハンティング。

が。

午後4時過ぎ、いつものように火山でお守り目当ての採掘に勤しんでいるところ、友人の「水城(みずじょう)」さんから電話が入る。

水城さんはしろへ~と違い妻子を持つ身なので、一人で身軽に気軽に出かけることができないのだけど、この日に限り自由時間を貰えたとのこと。

“今日を逃したら、しろへ~さんと遊ぶ機会がまた遠のいてしまうだろうから”という事で、わざわざしろへ~宅のすぐそばまで来てくれたのだった。

これは思わぬ来訪者だ。
そして、実に嬉しかった。
ありがたや、ありがたや。


時間帯を考慮し、追加の面子を募ることはせず、ここからは二人と二匹でハンティング。

ダウンロードクエストの報酬から作成できる太刀『ライトニングワークス』を入手したり、砂の海を泳ぐ巨大な龍から採れる貴重品を触媒にして強化する太刀『南蛮太刀【鮫斬】』を入手したりするのが、この日のメインイベントだった。


ライトニングワークス。
MHP3rdの雷属性太刀で最強と目される一振りで、金色の刀身が目を引く、いかした西洋長剣。


南蛮太刀【鮫斬】。
こちらは水属性太刀における最高峰の一振り。
全ての性能が高水準で、外観も申し分なし。

時間に余裕があれば、破格の切れ味と属性値を誇る龍属性太刀『覇王剣』も作らせてあげたかった…。
(しろへ~は3本とも入手済み)


…夜になっての別れ際、水城さん一家が今月末に引っ越しをするという話を教えて貰った。
引っ越し先は同じ松山市内だが、しろへ~宅からはだいぶ離れてしまう模様。

以下は、新居の所在についての問答の一部。

しろへ~「姫原?
…それって、どの辺でしたっけ?」

水城「ええとですね…。
だいぶ前に皆で焼肉食べに行って、しろへ~さんが吐いちゃったトコの近くです」

しろへ~「ああ、なるほど(苦笑)」

…情けない記憶を掘り起こしてくれた水城さんに感謝(笑)。
引っ越しが済み次第、いつでもいいから住所を教えてください、水城さん。

なお、“吐いた”と言っても、北陸地方の某焼肉屋みたいな話ではなく、単なる食べ過ぎというだけ。
ああ、情けなや。


水城さんと別れてからは、ブログをこちこち。
メールによる記事投稿が済んだのは、24時を回ってのこと。
こうして、しろへ~のゴールデンウィークは終わりを迎えるのだった。

『ノンベンダイアリー』、完!





最後に、本日(9日)の話題。

…最近はとみに暑くなってきて、作業着を半袖にしてやろうかと思っております。

暑さの所為かどうかは不明ながら、今日の午前11時頃から、しろへ~の職場で相当数の羽蟻が飛来してきました。

一度に何匹もという訳ではないものの、一匹一匹が立て続けに“ぷぃーん”“ぷぃーん”と同じ方角から飛来してくる様には、異様さと気味悪さを少なからず感じたものです。
奴らのジェネレータの所在が気になる…。

あ、昼休みが終わってからは、奴らは来なくなりました。


それと、もう一つ。
今年になって初めて、蚊を撃滅しました。


グロ画像って事もないだろうけど、もしも気分を害された方が居りましたら、先に謝ります。

ごめんなさい。

#298 ノンベンダイアリー ~5月4日~

〈しろへ~、ある日のモンハン豆知識〉
「…ウラガンキンは“かなづち”で、ドボルベルクは“きづち”」

前者は“ばくついりゅう”とも呼ばれ、後者は“びついりゅう”とも呼ばれるモンスターですが、それぞれを漢字で表記すると以下の通り。

ウラガンキン…
ドボルベルク…

どちらもハンマーという意味の漢字だけど、かたや“かねへん”、かたや“きへん”という違いがあったりします。
しろへ~も、つい最近気付いたのですが。


(前回の続き)
5月4日。
この日が一番、しろへ~にとっては何もなかった日。
主にやった事といえば、ロンリーハンティングとブログこちこち程度という有様。

この日は「GAMEショコラ」でTCGプレイヤー同士の交流会があり、一応誘いを受けていたものの、時間帯などを考慮して欠席してしまった。

そもそも、しろへ~自身に思うところがあって、数ヶ月前からカードゲームを遊ばなくなり、ショコラに足を運ぶことがなくなってしまった訳で…。

それでも、今でもこうして隣(ティファ)の貸し切りやら交流会やらの案内メールが届くのは、やはりありがたい話なのだろうと思う。
いくら自由参加だとはいえ、こう幾度も行かずにいるのも不義理になるので、今後はなるべく出向くことにしたい。

ちなみに、この記事をこちこちしている今(7日)もティファの貸し切り参加の案内が来ているけど…、ごめん、今日は無理!
てな訳で、ティファまで足を運ぶのは次回にしよう、そうしよう。


…ここからは、7日の話題。

仕事帰り、MHP3rdの新規クエストのダウンロードをするべくトイザらスに向かう途中、一軒のラーメン屋が目に留まり、興味本位で立ち寄るしろへ~。

店の名前は「天下一品」。
わりかし前から営業している店で、幾人かの友人から話は聞いていた。
かなり独特なスープらしく、“まずい”とは違う意味合いで微妙なものだったとか。

お品書きとのにらめっこの末、チャーシューメンの大盛(一玉半)にキムチのトッピング、スープは“こってり”にして注文。

スープは、この他に“こっさり”と“あっさり”がある模様。
こっさりというのは、“こってり+あっさり”にしたスープで、両者の中間らしい。

注文の品が運ばれ、早速スープを吟味。

とろり。

…ポタージュというか、煮詰まった味噌汁という感じの粘度。
この液体濃度であっさり味だったら詐欺だろう。
味はもちろんこってりしていて、美味しい。

うん、うまいんじゃないの?
そう思いつつ麺をすすり、キムチをつまみ、チャーシューとメンマを頬張るしろへ~。

が。

スープの濃厚さはやはり半端でなく、残さず飲み干すには無理があった。
うまいっちゃあうまいが。
次に食べる機会があれば、“こっさり”を注文しよう…。


…そして、これがしろへ~の晩ごはんになる筈もなく、帰宅後にもちゃんと晩ごはんをいただくのだった…。

あれは、そう…、
“夕食前の軽い食事”
…って奴ですよ。





どこの少年国王の食生活か(笑)。

#298 ノンベンダイアリー ~5月3日~

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…駄目、この肌着、臭くて駄目(泣)」

一度洗濯したのはいいけど、すぐに干さずに放置していた所為で雑菌が繁殖してしまい、干したあとも悪臭を漂わせているのです。

とりあえず、それらの肌着はもう一度洗って貰います。
母さん、悪いけどよろしく。


(前回の続き)
今、この記事をこちこちしている今(5月5日)が、しろへ~の連休最終日です。
で、今から二日前の話を記事にします。

5月3日。
午前2時の深夜、前日の夜からこちこち打ち込んでいたブログ記事(4月30日の分)を送信。

実はこの時、タイトルを『ノンベンダラリー』にしていたのだが、語呂やら何やらを考慮して現在の形(ノンベンダイアリー)に変更した。
当ブログで、このように送信直後の記事から手直しが加わるのは日常茶飯事だったりする。

文章の推敲だったり、情報の訂正だったり、一年以上経った記事を見返して手直しを加える場合も稀にある。
余所様の場合はどうなのだろうか?

そう言えば、ここしばらく、「お義母様」の登場する機会がないなあ。
記事の内容について、しろへ~がポカをやらかす事がなくなったからか?

ああ、お義母様に会いたい。


記事の編集が済んでから一眠り、目が覚めてからは書きかけだった5月1日の分の記事をこちこちするしろへ~。

当初、30日と1日の記事はひとまとめだったが、文章のボリュームを考慮して分割したという裏事情。
“思ったよりも長い記事になるから分割しよう”という流れも、当ブログでは日常茶飯事(笑)。

こちらの記事を送信したのが、正午過ぎの事。


昼食後、前日に遊ぶ事を約束していた中ちゃんをしろへ~宅に迎え入れ、それにき~ろ君とジョージさんを加えた4人でハンティング開始。

このとき、中ちゃんから差し入れの食べ物と飲み物、さらにお土産のお菓子を戴く。
中ちゃん、いつも有難う。

お土産の横濱銘菓は家族全員でおいしくいただきました。
べ…別に、一人で食べたりなんかしてないんだからねっ!

き~ろ君が来る前までは、訓練所の集団演習で、全員が慣れないスラッシュアックスを担いで挑むなどという暴挙を繰り返す我々。
そして、まったく同時に“尾槌竜”ドボルベルクに圧殺されるしろへ~とジョージさん(笑)。

彼が来てからは訓練所は控え、数々の難関クエストをクリア、クリア、クリア。

意外だったのは、これだけの面子がいながら、一人として金火竜・銀火竜(※)のクエストを所望せず、この日は一度たりとも金銀を狩らなかった事。
珍しいこともあるものだ。


※…金色、あるいは銀色の鱗や甲殻を持つ、非常に堅くて強い飛竜。

武器に防具に装飾品に重宝する、極め付きにレアな素材を入手する可能性があるため、狩人の誰もがお世話になる夫婦竜。


…夜になり、夕食を摂るべくき~ろ君の車に乗せて貰った一行は、大衆向けの中華料理店「四川飯店」へ。
いつものように順番待ちに耐えてからテーブルにつき、美味しくたらふくご馳走様♪

過去にも紹介したが、このお店は“味、値段、ボリューム”からなるコストパフォーマンスが高く、連日大勢の客で賑わっている。
愛媛松山の中心部からはいささか離れているものの、足を運ぶ価値は十分にあるので、是非ともお試しあれ。

食後、中ちゃんを伊予鉄の松山市駅で下ろしてから、しろへ~宅まで帰還し解散。
ああ、楽しかった。





最後に、この日に起こったしろへ~痛恨のミス。

火山での採掘中、『力の爪』(※2)を『カブレライト鉱石』と入れ替えで捨ててしまった(泣)。


※2…攻撃力を上げるお守り。
36000の大金で買う護符と、馬鹿強いモンスターから入手する爪とを調合して作る、結構な貴重品。

#298 ノンベンダイアリー ~5月2日~

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…パンツが、俺のパンツが破けていく…」

右足横部分から、徐々に裂けていくパンツ。
パンツの悲鳴が聴こえる…。


(前回の続き)
5月2日。
前日と変わらず、ねちねちとロンリーハンティングに勤しむしろへ~。

が。

東京から帰省している友人の「中ちゃん」から、“今から街に出て適当にぶらぶらしてるので、都合が良ければ会いましょう”という旨のメールが届き、頃合いを見て出掛けることに。

まあ、“適当にぶらぶら”とは言うものの、彼のことだから真っ直ぐ松山市内の某ゲーセンまで足を運び、『三国志大戦』を遊んでいるに違いあるまい…。

そう決めつけて当のゲーセンまで自転車で駆けつけると…、案の定中ちゃんはそこに居た(笑)。


しろへ~よりも先に来ていた“G”ことジョージさんと、中ちゃんのプレイングを拝みつつ談笑。

時間を置いてFire君が、仕事帰りの状態で参上。
対戦のリプレイ画面を観て、あれやこれやと批評し始める彼らをよそに、独り自販機のアイスを食べ始めるしろへ~。

これと前後して、もうしばらくしてから蓬莱君が合流するとのことで、店内で待機。

しろへ~「………(無言でもぐもぐ)」←チョコチップ入りのいちごアイスもなかを食べている

Fire「…あれ?
しろへ~さん、気のせいか、さっき食べてたやつと違うような気がするんですが…?(笑)」

しろへ~「そうだねえ(笑)」

しろへ~以外「いつの間に…」


…いつしか蓬莱君も合流し、食事に行く前に再度談笑。
今度はファンタシースターの話題に突入するも、そちらには一切ノータッチのしろへ~と中ちゃんは終始ぼんやり。

そして。

しろへ~「………(無言で『PEPSI NEX』の缶を手にして現れる)」

Fire「ああ、今度はジュースを持ってきている!(笑)」

G「いや~、三個目のアイスを期待しとったんやけどなあ(笑)」

しろへ~「いや、それならもう食った(笑)」

↓しろへ~以外

…そんなに好きか?このネタ。

G「そう言えば、確かにさっきも何か食べていたような気が…」


…面子が揃ってからそこそこの時間が経過したところで、いよいよ食事に向かう一行。

これといって明確な希望が提示されなかったこともあり、新たなめし処を開拓すべく、松山市二大アーケードの一つ「銀天街」にいつしかできていたラーメン屋に入店してみた。

とんこつ醤油ベースのスープ(多分)の店で、ラーメンとつけ麺、太麺と細麺、スープの濃さに麺のゆで加減を細かに指定できる親切設計に驚き。
で、ここでも相変わらずの健啖家ぶりを見せつけるしろへ~。

味は満足すべきものだった。
厚切りのチャーシュー(というか煮豚)のボリュームも上々だったけど、甘い系の苦手なFire君には駄目だったみたい。

お冷やの準備が遅かったのに不満だったものの、実は従業員が店主ただ一人という過酷な状況だったことが判明し、不満は一気に吹き飛んだ。

さほど広い店ではないとはいえ、あれは大変だろうに。
よくやるなあ。

また来るから、早いトコ新しい従業員を雇えるようになるといいね。
しまった、店の名前を知らないままだった!


次はしろへ~の希望で、夜遅くまで営業している明屋書店まで。
漫画四冊購入。
ついでに“よじたい。”の調査、わずかながらも収穫あり。

今月は、これからまだまだ数冊の漫画が発売されるので、実に楽しみ♪

…と、ここらでいい時間になったところで解散。


最後に、先日のイベント“コミックいち”に参加してきた(サークル参加でお手伝いをしてきたらしい)蓬莱君から、お土産をありがたく頂戴するしろへ~。

それは、「岩崎つばさ」さんのサークルスペースで配布されたチラシ二種。

右は『サーティーガール(30girl.com)』4巻の告知チラシ。
左は『ラブフェロモンNo.5』2巻のチラシ。

後者は今月12日に発売されるので、来週の俺は本屋へブリッツ・クリーク敢行決定。


前者のチラシ裏には、本家サイトのキャラクター紹介四コマが掲載されている豪華仕様。
しろへ~の携帯電話では見られなかった作品だっただけに、喜びもひとしお♪

いや、いいものを戴いた。
蓬莱君、有難う。
(続く)

#298 ノンベンダイアリー ~5月1日~

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…“フルボッコ”って、“フルパワーでボッコボコ”の事だったのか…」

てっきり、“フルメンバーでボッコボコ”だとばかり…。
いずれにせよ、酷いことには変わりないようだ。

いじめ、カッコ悪い。


(前回の続き)
5月1日。
帰宅後に軽く一眠りしたものの、目覚めたのは午前9時頃と、いまいち眠りが足りていないしろへ~。

携帯電話で余所様のサイトや動画サイトを観ながらけらけら笑っているところ、とある方から一通のメールが届き、そこからちょっとしたやり取りがありました。

メールを受け取った当初は、先方の素性や事情に心当たりがなくて少なからず困惑しましたが、それが分かってからは途端に安心したものです。
最初のメール自体も悪意のない、ごく普通の文面だったので、さほど心配はしませんでしたが。

とりあえず、その方について言えることは、“しろへ~の同志、犬福大好き”だということ。
犬福好きに悪人などいない!
…多分(笑)。

メールのやり取りの中で(しろへ~の)ブログの紹介をしたところ、その方は早速閲覧してくださった上に、“なぜか優しさというか暖かみを感じます”という過分な感想まで下さいました。

たかだか自分の失敗にふてくされて、くだを巻いているだけの駄文とさえ言えないような記事(※)を誉めてくださるとは!
照れますね(苦笑)。


※…『#297 しにてェ…』参照。


…午前11時か11時30分くらいの時間に、先の貸し切りを欠席していた蓬莱君から電話が。

蓬莱「もしもし、お疲れ様です。
実は、今私、東京に居るんですけど」

しろへ~「東京!?」

蓬莱「はい、今日は同人イベントの『COMIC1(コミックいち)』がありまして」

しろへ~「は~、なるほど。
道理で夕べの貸し切りに姿を見せなかった訳だ」

蓬莱「はい。
それでですね、今ここに「岩崎つばさ」さんも来られてるみたいなんですよ」

しろへ~「何!?
岩崎さんも出展していたのか!
それは知らなんだ…」

…後で調べてみたら、岩崎さんのブログで確かに告知されていました。

蓬莱「私もサークルカットを見て、あれ?って思いましたよ。
…で、どうされますか?」

しろへ~「ふむう(横山光輝風)。
…そうだねえ、じゃあ、去年の夏コミ以降に出品されたものを」

蓬莱「あ、なるほど。
了解しました」

しろへ~「頼んます。
また、何か面白そうなのがあったら教えて?
ああ、それと、もしよかったら岩崎さんに宜しく伝えておいて貰えまいか?」

蓬莱「はい、分かりました」

しろへ~「有難う。
じゃあ、ゆっくり楽しんできてね」

蓬莱「はい、では後程」

しろへ~「は~い」


…そんなやり取りの後、前述の通り岩崎さんのブログに目を通し、コミックいちへのサークル参加告知を再確認するしろへ~。

が。

出展サークル名(※2)から扱うジャンルが自分の専門外であることが推測され、軽く落胆。
しまった。


※2…サークル『すっぽこぽてちゃか』は『ラグナロクオンライン』を主軸に扱うサークルさん。
しろへ~はRO未経験者(苦笑)。


それから。
ご飯を食べに下の階まで降りたしろへ~と、しろへ~母との妙なやり取り。

しろへ~母「昨夜は“出掛ける”って言ってたけど、結局出掛けなかったのよね?」

しろへ~「!?…いや、出掛けたよ」

しろへ~母「えっ!?いつ?」

しろへ~「いや、夜の9時半に出たよ?
ちゃんと“いってきます”って、あん時も母さん返事してたじゃん!?」

しろへ~母「え~、憶えてない(笑)」

しろへ~「え~」

なぜ憶えていないのか、しろへ~にはいまいち理由がわからない。
まあ、何か問題があった訳じゃないからいいんだけども…。


…結局、この日は外には出ずに、ねちねちと狩りをしていましたとさ。
(続く)

#298 ノンベンダイアリー ~4月30日~

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…沖縄、もう梅雨入りしたんだね」

これが例年通りなのかな?
流石沖縄、早いねえ。


…5月1日から5日まで、しろへ~は連休です。

この記事を更新する頃には二日が経過しているでしょうが、今回はここまでの休日のメモリーをのんべんだらりと綴ってみます。

痛車?
ああ、それはまたいつか。


まずは4月30日深夜。
前回のラストの通り、レトロゲーム喫茶“ティファ”こと「Cafe Tifa Land」にて、深夜貸し切りに参加。
目的は相変わらずモンハン(MHP3rd)です。

が。

いざ入店してみると、いつもと違い、先客が一人いるだけ。
おやおや?

しばらくすると、もう二人が入店。
先客の彼としろへ~でモンハンを、遅れて来た二人はPSPのガンダムを、それぞれ遊び始めます。


さらに時間が経過した頃、仕事着の姿でき~ろ君が入店。
この日は結局、この5人だけしか来なかった。
普段はもう3~4人は居る筈だが…。

何故かいつも来ている筈の蓬莱君が来ておらず、本来なら彼とファンタシースターを遊ぶ気満々だったであろうき~ろ君は、さぞや残念だった事と思う。
しかしながら、準備のいい彼はモンハンも持参しており、しろへ~らと共にハンティング開始。

小鳥狩ってスネ夫狩って金竜狩って銀竜狩ってクッキングパパ狩って乱入モンスター狩って、何の罪もない通りすがりのくまプーは寄ってたかってフルボッコ。

いじめ、カッコ悪い。
(↑1996年、攻強皇國機甲もとい公共広告機構のCM)

追加料金を払って延長して遊び、終わったのが翌日の午前4時頃。
やはり、複数人で狩りをするのは楽しいです♪
(続く)





そう言えば、長寿連載漫画『クッキングパパ』は時の流れのある作品だったと思うけど、主人公の荒岩さんはちゃんと出世してるのかなあ?

…誰か、教えてください。
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード