スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#286 高田さんと安井さん

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…“ぽぽぽぽーん♪”のCMを見聞きして“おはヨーグルト”だの“いただきマンモス”だのが脳裏をよぎる自分は、もう若くはないらしい」

ACのCMを立て続けに流すことで、最後にあった「AC~♪」が耳障りだというクレームが殺到したために削除されたという話ですが、全くの無音無声というのもなんだか寂しい。

せめて、男性の静かな声で「AC」とか言わせて欲しい…。


今回は、特に愛媛県以外にお住まいの方々に是非とも読んで戴きたい記事です。

人は、自身の思いもよらない事実を突き付けられると驚くものです。

例えば長い年月、特に幼少時からひとつの地域に留まって暮らしていた人達は、その地域での常識や習慣を“当たり前のこと”と信じて疑わない傾向にあります。

そして、いざ他の地域に足を踏み入れた時、それまでの“当たり前”が通用しないで、あるいは現地ならではの“当たり前”を見せつけられて動揺してしまう…。

大なり小なり、そんな経験をされた方は多い事と思います。
“え、これってうちのトコだけだったの!?”みたいな感じで(笑)。

無論、これはしろへ~にとっても例外ではありませんでした。


『高田引越センター』

これは愛媛県に存在する運送業者なのですが、これが“愛媛県の会社”だという事を、しろへ~は今まで愛媛松山に二十余年間暮らしていながら知りませんでした(笑)。

たかだか地元の運送業者の所在を知らなくても、人生に影響を及ぼすこともないでしょうが(苦笑)。

ただ、なんとなく“西日本のどこかを拠点にしている業者なんだろうな”と考え、せいぜい西日本では『ヤマト運輸』や『佐川急便』には及ばない程度に知れ渡っているものと思っていた訳で。

が。

その規模は想像以上に小さく、県境を越えた地域に営業展開している様子もなく、どうやらCMも県内でしか流していなかった模様。
黒猫や飛脚に遠く及ばなかった。

…ん?

という事は、しろへ~が日頃当たり前に観ていた高田引越のCMって、基本的に愛媛県民しか観ていない…?
なんと勿体無い!


…この高田引越センター、実は数年前から、ごくごく一部ながら愛媛県外の人にもその名が知られています。

あるいは、既にご存知の方もいるかも知れませんが、この会社のテレビCMはとにかく珍妙である事で有名です。

何と言うか、シュール。
そしてお馬鹿(笑)。


感受性とか好みは人それぞれですので、好き嫌いというか理解の範囲で差が生まれそうですが、しろへ~はここのCMが大好き。
作り方や間の取り方が秀逸です。

『ニコニコ動画』や『YouTube』で“高田引越センター”と検索しても良いですが、当の高田引越のホームページでも“CMギャラリー”を閲覧することもできます。

中でもしろへ~のおすすめは…、
“転校編”
“ひきTRY!(ひきトライ・※)妊婦編”
“ナース編”
“カンフー編”
…でしょうか。

ナースとカンフーは、先に“ショーパブ編”→“工事現場編”と閲覧されることを推奨します。


※…ゴミの引き取り(処分)サービス。
方言(伊予弁?)の“引き取らい”(引き取るよ)…に由来か?


わりかし真面目でまともなものもありますが、やはり基本的にシュール路線。
ある意味、愛媛県の自慢です(笑)。

他県にお住まいの方々には、是非とも拝んで戴きたい!

自分で作ったものではないのですが、CMを見た後の感想などあれば、気軽にコメントを下さると嬉しいです。

また、こちらのCMを観て、少しでも楽しい思いをして戴ければ幸いです。
スポンサーサイト

#285 中国語では「手紙」と書くとトイレットペーパーになるそうな

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…『笑っていいとも!』を未来永劫放送禁止にできるなら、俺は悪魔に魂を売り渡してもいい」

高校野球が始まると、大っ嫌いな『いいとも』を職場で観ずに聴かずに済むので嬉しいしろへ~。
そんな話は抜きにしても、頑張れ全国の高校球児たち。


〈注意!当記事は食事中の閲覧を推奨しません〉
…我が家には、建物の都合上、水洗トイレが四ヶ所あります。

が。

うち一ヶ所は具合が悪くて使用禁止を命じられ、実質三ヶ所を利用している訳です。

で。
そのうちの一ヶ所は、ほとんどしろへ~と遊びに来た友人たちだけで使っているのですが、最近になって備蓄のトイレットペーパーが底をつき、取り付けている分のペーパーすらも使い果たしてしまいました。

新しいのを貰いに行かなきゃ…と思ったところで、今までずっと死蔵させていたペーパーの存在を思い出し、ここぞとばかりに使用を決意するしろへ~。


それがこれ。

『モンスターハンター』のトイレットペーパー。
(このペーパーにフィギュアはついてきません)

たかだか消耗品のトイレットペーパーごときに、決意だの何だの大袈裟だと思われるでしょうが、それも致し方無いこと。

この品は、一昨年の秋にコンビニなどで行われたくじ引きサービス『一番くじ』(一回500円)の“D賞”にあたる景品で、つまりは非売品。

三個入りでワンセットとは言え、トイレットペーパーごときに500円というのはかなりのお値打ち。
しかも、限定生産品ということもあり、使った後で水に流してさようなら~…というのが悲しすぎる。

かと言って、いつまでも使わずにいても仕方がないので、もうこの際使ってしまおうと考えた次第です。


さて。
取り付けるのは良いとして、どれを選ぼうか?


三種類の包み紙のうち、しろへ~がチョイスしたのは“桃毛獣”こと「ババコンガ」。
猿です。

トイレットペーパーの包み紙のデザインにババコンガを起用するというのは、『2(dos)』をベースにしたシリーズの経験者ならば、爆笑(あるいは苦笑)必至と言わざるを得ません(笑)。

その理由は、ひとえに奴の素行にあります。

戦闘中に屁をこくわ固形排泄物を投げつけてくるわと、下品の限りを尽くすこの獣を、我々狩人は“ムカつくピンクの猿”と呼び親しんだもので…。

特大の屁をこいた直後、至極ご満悦の表情を浮かべる奴の鼻先やどてっ腹に、
「うっとりしてんじゃねえ!」と叫びながら竜撃砲を浴びせたのは良き思ひ出。
特大放屁の直撃を受けて悶え死にしたのも、今となっては美しき思ひ出。

とりあえず、この包み紙は適当に保管しておきます。

そして、いよいよ本体を設置。


上図の通り、ペーパーそのものにもしっかり意匠を施しており、上から
“QUEST CLEAR”
“QUEST FAILED”
“QUEST RETIRE”
…とプリントされております。

かつてはこのペーパーを、近所のレトロゲーム喫茶“ティファ”に寄付してやろうかと一度ならず考えたものですが、やはり手元に置いて正解でした。

いずれ友人らが訪れた際、このトイレで笑ってくれたら幸いです。

が。

近頃は、“遊びに行っていい?”という連絡が全く来ないのが寂しい。
しろへ~がうさぎさんだったら、間違いなく絶命していることでしょう(苦笑)。

それはさておき、このペーパーは、なるべく自分で使わないように大事に長持ちさせてやろうかと思っています。


しかし…。

ペーパーの替えが無い状態で、これを手にかけた瞬間にペーパーが尽きてしまった時、手元のわずかなペーパーに“QUEST FAILED(クエストに失敗しました)”とあったら漫画っぽくて面白いだろうなあ…。

もちろん、しろへ~以外の誰かが…という話で。
ナンバー10(※)ですね。


※…“最低”の言い回し。

そうそう。
先週末、また職場でみかんを大量に戴きました。

今度は全部不知火(ポンカン)。

#284 しろへ~のフルーツ豆知識(受け売り)

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…『私をトイレに連れてって』」

一人で行けよ。


柑橘類の一品種『まりひめ』に興味を持ち、ただ“まりひめ”と検索してみたら、ちょっと面白い事実を知りました。

『まりひめ』は、『クレメンチン(クレメンタイン)』と『南柑20号』の交配種で、2005年に品種登録された愛媛県オリジナルの柑橘類…とのこと。
(愛媛県のみで生産、出荷)

が。

“みかん県”のライバルである和歌山県にも、同名のオリジナル品種が存在するそうです。
ただし、こちらはイチゴ。

こちらは『さちのか』と『章姫(あきひめ)』の交配種。
2007年に開発されたらしく、同じカップリングで生まれた『紅ほっぺ』とは別物みたいです。
(紅ほっぺは2002年の静岡生まれ)

ついでに知った知識ですが、あの、果実の頭が出っ張った『デコポン』。
この名前は品種名ではなく、「熊本果実連」の登録商標で、正式な品種名は『不知火』だそうな。

見た目にそぐわぬ、剣呑な名前(笑)。


で。
これら柑橘類やイチゴの品種名を一通り見てみると、実に可愛らしい名前の多いこと多いこと。

柑橘類なら…せとか、はるみ、はるか、はれひめ、まりひめ、南津海(なつみ)、紅まどんな、ひめのつき、せとみ(ゆめほっぺ・※)…。

イチゴなら…とちおとめ、紅ほっぺ、越後姫、やよいひめ、さぬき姫、おとめ心、かなみひめ、章姫、あかねっ娘(ももいちご・※2)、ひみこ…。

他にも、比較的普通のネーミングもありますが、やはり果実の持つイメージを考慮して、“女の子らしさ”を意識したネーミングが目立つのが面白い。

まあ、中には『アスカウェイヴ』(イチゴ)みたいに、競走馬のような名前もありますが(笑)。
もしくはメタルマックスの特殊砲みたいな。
音波とか衝撃波とか出す感じで。


※…『ゆめほっぺ』は、山口県のオリジナル柑橘類『せとみ』の中でも特に高品質のものに与えられるブランド名。

※2…『ももいちご』は、徳島県で生産された『あかねっ娘』の登録商標。


…では、そんな観点の逆を行く、“男らしさ”や“武骨さ”、“可愛げのなさ”を追究した、購買意欲や愛着の湧かない柑橘類やイチゴの名前を考えてみましょう。

鬼火。
狐火。
紅夜叉(くれないやしゃ)。
甘金剛(あまこんごう)。
仁王。
羅桓(らかん)。
インドラ。
太陽神。
なまはげ。
冬将軍。
赤い弾丸。
旭日。
御霊(みたま)。
もゆる(燃ゆる)。
紅蓮。
暁丸。
曙丸。
魁(さきがけ)。
月吼(げっこう)。
日ノ本(ひのもと)。
大日本。
鬼和(おになごみ)。
グレゴリオ。
パッショーネ。
ボルケーノ。
ルナティック。
サラマンダー。
レッドキャップ。
ジャスティス。
モーニンググローリー。
朱雀。
赤壁。


…冗談のつもりが、途中から本気で考え始めてしまい、何が何だか分からなくなってきました。
ネタ探しが本気なのか、真面目なネーミングが本気なのか、それすらもあやふやになる始末。

何をやってるんだか。

#283 ひきこも

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…“ニーチェ”と言われて真っ先に頭に浮かぶのが、哲学者じゃなくて人魚というのはどうか。
というか、俺は人魚の方を先に知った訳で」

哲学者…フリードリヒ・ニーチェ
(フリードリッヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ)
人魚…『ユグドラ・ユニオン』の自軍ユニット
(『GA』のノダミキに似て非なる娘さん)

ネタに付いて来れない読者続出。
別に、知らなくとも問題のない話ですよ。


最近、友人と共に遊ぶ機会が減っているしろへ~です。
それは以前と違って、ちょっと遊びに誘いづらくなった所為。

とは言え、友人と仲違いした訳ではないので悪しからず。
ただ、現在遊んでいるゲームが違うから…って、我ながら下らなさ過ぎる理由だこと(苦笑)。

具体的に言うと、しろへ~が『モンスターハンターポータブル3rd』で、友人らが『ファンタシースターポータブル2インフィニティ』。

前者が発売されてから後者が発売される迄の期間は三ヶ月足らずで、しろへ~にとってはそれこそが問題。
ひとつのゲーム(事柄)をじっくりと長期間取り組み、あれやこれやと手を伸ばせないタイプのしろへ~には嫌がらせとしか思えないタイミングの悪さ(泣)。

『メタルマックス3』→『MHP3rd』の時といい、
なぜもっと(リリースを)我慢せんのじゃあ!
(拳王親衛隊がカサンドラの囚人をたたっ斬る図)

自分の都合だけで怒り嘆き悲しむしろへ~です。
いや、本当にマイペースでゲームを遊びたい。


そんな訳で、まだ『ぽ2∞』を遊ぶ気になれないしろへ~は、彼らを誘って遊ぶにはいまいち気が引けてしまい、この前の連休(日曜プラス春分)もずっと引き籠って過ごしておりました。

これが実に寂しい。

結局、もやもやした気分を引きずり続けて連休を過ごすのに耐えられず、気晴らしに外出してみました。

唐揚げ食べて。
漫画買って。
四文字タイトル調べて。
コンビニで買い物して。

…帰る頃には、もやもやした気分は消えておりました。
これぞ、まさしく憂さ晴らし。

やはり、悶々とするだけでフラストレーションを溜め込むのは宜しくない。
多少なりとも行動するのが健康的らしい。


今度、久しぶりに友人を誘うかな?
ご飯食べたり遊んだり。





〈おまけ〉

職場で、また伊予柑を貰いました。
『デコポン』やら『せとか』やらが混じっているらしい。

あと、『まりひめ』か『紅まどんな』か何かも。
(しろへ~母談)

#282 リンク紹介! その10

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…『アグリッパ』って名前、亜久里さんのあだ名っぽいよなあ。
“おい、亜久里っぱ!”とか」

あと、“握りっぺ”にも似てる。
(全国のアグリッパさんに謝罪)


…随分と更新が停まってしまいました。
特別、しろへ~に何かあった訳ではありませんので悪しからず。
(誰も気にしてないか)

最近は全然ゲームを遊んでないなあ。
声の出は良くなりました。
元通り?


以前、“一冊の漫画を買うだけの筈が、それとは違う漫画八冊を買っていた”という話をしました。

今回は、その中でもしろへ~が特にお気に入りの作品を紹介します。


『県民性マンガ うちのトコでは』(飛鳥新社刊)。
通称“うちトコ”。

本書は、「もぐら」さんによる“都道府県擬人化漫画”。
47都道府県の特色、歴史、風習、方言、名産、気質といったものを取り上げ、特に各地の“県民性”をテーマに、面白おかしく作られています。

…まあ、平たく言うと、某カミングアウトバラエティ番組に近いです。


50を越える各都道府県のキャラクター(※)は、皆それぞれ可愛くて格好良くて魅力的。
勿論、全員が方言装備。「沖縄」さんが何を言ってるのかが全然解らん(笑・※2)!

〈本書1巻より抜粋〉

こちらは、もぐらさん(及びしろへ~)の地元、「愛媛」さん。
“媛姉ちゃ”。

温暖で災害の少ない地域の所為か、いつでもほけほけマイペースな設定年齢17歳。
「広島」さんと大変仲良し。
ただし、ハンドルを握らせると人格が豹変する。
(以下略)

…ご覧の皆様の出身県や在住県がどんなキャラクターなのかを知るのも楽しいし、自分の県の知らない一面なども見れるかも?

ちなみに、しろへ~のお気に入りは岩手、愛媛、大阪、鳥取、長野、福島などなど。


※…県のスタンドキャラクターは一県につき一人…?

※2…沖縄さんなど、特に解りづらい方言の台詞には意訳が付いてくる親切設計!
(当たり前か)

続きを読む

#281 2011年3月16日

“東日本大震災”の発生から5日が経ちますが、被災地の状況は未だに落ち着きを見せないようです。

被災者を脅かす余震。
原子力発電所の事故による放射線。
そして寒さ。
さらに、食糧難。

が。

砂漠の内の砂一握りの様なものとは言え、そんな中でも確かな吉報がありました。

被災地にありながら赤ちゃんを出産された女性。

お名前は存じませんが、心から祝福します。
大変な状況ですが、どうか母子共に健康であって欲しいものです。


しろへ~の知己にも、幸運がありました。

まずは、かつての“ゲース”メンバーに朗報…というか、不幸中の幸いというべき知らせ。

我々の間では全く音沙汰のなかった「えび」。
宮城県の仙台市にて、彼の無事が確認されたようです。

これらはケンさんからの情報なのですが、彼はどうやら仙台の会社に勤めているらしく、4年程前に結婚もしたそうな。
(ケンさんのブログでは名前を伏せていたけど、伏せるべき理由もないので明かしました)

ただし、短いメールでのやり取りだったらしいので、具体的な情報は不明。
お嫁さんは無事なのか…?
他にも色々と言いたい事聞きたい事があるが…。


ブログ『薙空間』の主である「薙」さんも、被災地にありながらも無事が確認されました。
(薙さんは岩手県在住です)

彼のやっている“Twitter”での呟きが、一日のまとめとしてブログに掲載されるのですが、あの日は地震の知らせ以降の呟きがぴたりと止まっていたのが生々しくて怖かった。
彼もまた無事で何よりです。


さて。
いつも放逸(勝手気まま)に馬鹿げた話題ばかり取り上げる当ブログですが、しばらくの間は馬鹿話を自粛しようと考えておりまして。

この非常時、被災者の方々をよそにお気楽な話題を載せるのは不謹慎ではないか、と感じたからです。

が。

『薙空間』のある日の記事を拝読して、しろへ~の気が変わりました。

『こんな時だからこそ』と題された、ごく短い記事をここに引用。


辛さ、苦しさよりも楽しさと明るさを見出だしていきたい。
そして今日も焼き芋を焼く。一時間に十二本ずつ。
それが人の幸せと暖かさにつながるから。


…そうだよなあ。
辛い時、苦しい時だからと言って感傷に浸っても仕方無いものなあ。

被災地にあって救助や支援を待つ人は“生き続けること”が。
被災地にあっても自活ができる人は“助けてあげること”が。
被災地になく、現状を憂慮する人は“今できる事をすること”が、それぞれでやるべき事だと再認識できました。

そんな事を考えた今、お通夜のようなとは言わないまでも粛々とした記事を綴るのではなく、一人でも多くの人達を和ませ笑わせ楽しませる記事を綴っていくのも悪くない…と思ったのです。
薙さんのように。


堪え忍ぶ人。
手を差し伸べる人。
憂える人。

そんな人達の目線を、少しでも上向きにできるように。
そんなブログでありたい。

#280 2011年3月13日

…2011年3月11日に発生した大地震ですが、二日後の今日、新聞に目を通すと“東日本巨大地震”と表記されていました。

今は色々と名称が変わっていますが、最終的にはどういった名称で呼称されるのでしょうか。

マグニチュードは8.8から9.0に格上げ、日本国内の観測史上最大、世界観測史上第四位。
そして、地震そのもの以上に甚大な被害を及ぼした大津波は、最大で7.3メートルを観測したとのこと。

現在、日本全国の津波に関する警報や注意報は解除されていますが、今後3日はマグニチュード7の地震の再発が懸念されているらしく…。
そうなると、再度津波の発生を考慮しなくてはならないようです。

東京電力福島第一原子力発電所では“1号機”が爆発、作業員数名が負傷、付近の住民数名が被曝。

また、東京電力は地域と時間帯を指定して、“計画停電”を14日から実施すると発表しました。

…そして、全国で“確認された”犠牲者の数は、1300人を越えました。
ことに、宮城県内だけでの最終的な犠牲者は、一万人に上るだろうと言われているそうです。


現在、この事態を重く見た海外諸国は救助チームを編成、被災地に派遣してくれています。
また、米軍と、もちろん自衛隊が救助に尽力してくれています。
本当に有難い話です。

そして何より、当の被災者の方々が、助け合って生きています。


被災者で多くの方々がライフラインを断たれたなか、十分な暖を取れず食を摂れずにいるのに、遠く離れた愛媛松山の地で暖衣飽食に甘んじているというのは、忸怩たるものがあります。

出来るものなら、何とか被災地に出向いて彼らを直接手助けしたり元気付けてあげたいです。

ですが、私しろへ~には、そんな余裕も力もありません。

出来るとしたら、心ばかりの金銭を募金する事、それと、このブログをはじめとするネットワークを使って応援する事くらいです。
非力ですが、何もしないよりは余程ましだと思っています。

ですから、まずはここで応援します。


被災者の皆様、どうか挫けないで。
どうか生き抜いてください。

#279 2011年3月11日

…この記事は、自宅のテレビの前に陣取り、携帯電話で打ち込んだものである。


いつものように、馬鹿みたいな呟きを発している場合ではない事態が、日本に訪れた。

宮城・茨城沖大地震。
そして大津波。



いつものように仕事をこなしたしろへ~が、気楽にブログに寄せられたコメントに返事を入れ、おやつの唐揚げ等を買って帰宅してみれば、しろへ~母から告げられた大災害の情報。

しろへ~「何、それ?」

誤解の無いよう明記するが、しろへ~は本当に何も知らなかったのだ。


テレビを見れば、どのチャンネルも同じである。

しろへ~「…何じゃこりゃ…」

テレビ画面でだが、日本国内の津波の映像など、生まれて初めて見た。
工場地帯での大爆発も。

最大震度、7。
マグニチュード、8.8。
最大級。

(19時40分現在)

日本地図で表示される、津波の警報、注意報の地域表示も壮絶を極めている。

太平洋側に面した地域の全域に津波警報か大津波警報。
日本海や瀬戸内海に面した地域にも津波注意報。
注意報の出ていない地域と言えば、中国山陰と北海道、北陸、九州の一部だけ。

死者の人数が、じわりじわりと増えていく。
19時50分、確認された死者の数は38人。

この災害で、最終的な死者がどれだけ出るのか、想像もつかない…というよりは想像したくない。

親戚や知己の無事を祈るばかりだ。


…そして、この災害において、一人でも多くの人命が救われることを切に願う。

#278 犬福帳・コラム ~俺とゲースと犬福と~

フランス人しろへ~、ある日の呟き〉
「あ…ありのまま 今起こった事を話すぜ!
『おれは 一冊の漫画を買うだけの為に本屋に入っていたと思ったら いつのまにか八冊の漫画を買っていた』

な…何を言っているのかわからねーと思うが
おれも 何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…
抱き合わせ術だとか超セールスだとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……」

しかも、目的の漫画は見つからなかった(苦笑)。
また明日探すさ。
…ってか、この漫画すげー面白え!買って正解♪


〈以下、本題〉

…“ゲース”が、潰れた。

いや、正確に言うと、“潰れていた”だろうか。

何故なら、それは、しろへ~が“ケンさん”こと「はたのけん」さんのブログ『はたのさんちの雑記帳』を拝見していて初めて知った事だったから。

先日、ケンさんが所用で愛媛松山に帰還し、久々に市街中心部を散策していて気付いたそうな。

よりにもよって、ゲースから程近い場所に住んでいる筈のしろへ~が知らなかったとは!
どれだけの間、あの近辺に立ち寄らなかったのかが窺い知れよう。

過去にも述べたが、ゲースとは、愛媛松山のアーケード街“銀天街”に存在するゲームセンター「GAME IN BASE(ゲーム・イン・ベース)」の事。

そこは、かつてのしろへ~が頻繁に通っていた、二階構成のちょっと狭苦しいゲーセンだった。

そして何より、しろへ~が初めて『すくすく犬福』というゲームに出逢ったゲーセンだった。


…以下、例によって馬鹿長くなるので、気の向かれた方のみどうぞ。

続きを読む

#277 小粋なプレゼント

〈注意…当記事は、半分笑い話で半分本音です〉
…今日で、年輪がまた一つ増えまして。

前日には職場からケーキをワンホール戴き、今以上に銭を搾り取る気満々の保険屋からはお煎餅のギフトセットを戴きました。
ありがたやありがたや。

自宅でも、もういい歳にも関わらず、わざわざご馳走を用意してくれました。
ありがたやありがたや。

またそのうち、両親に感謝を込めて、共に食事にでも出掛けたいものです。


…そうそう。

この日は奇遇にも、しろへ~にとって非常に素敵なイベントが催されたのです。

『ファミ通.comプレゼンツ ゲームミュージックダブルLIVE』。

株式会社エンターブレイン主催のこのイベント、タイトル通り、歌ではなくゲームミュージックがメインのライブ。
そのうちの“第一部”が、『メタルマックス3』だった訳です。

ちなみに、第二部はシューティングゲーム界の“おさかな天国”、『ダライアスバースト アナザークロニクル』でした。
さかなさかなさかな~♪


ダライアスは、“ダラ外”と“Gダラ”しか遊んでいないので知識に疎いですが、MMなら大好物のしろへ~。

どちらかと言えば、マイナー寄りに分類されるかどうかのMMシリーズの楽曲が大っぴらに公演されるなんて、ファンを自称する身としては嬉しい限りです。
(一部分に限り駄作と評価したけど・苦笑)

イベント開催の報を知った瞬間の気分といったらもう。

メタル野郎の血が騒ぐ。

で。

この素敵すぎるイベントの開催地を調べてみると…、『渋谷 O-EAST』。
行けるか馬鹿野郎。


こちとら海を隔てた島に住む田舎者だぞ?
陸続きならともかく、ただの日曜日に魔都東京まで足を運べるほど、俺っちは暇でも金持ちでもないっての。
嫌がらせか?

いっそのこと、北海道から沖縄まで全国行脚するイベントだったら良かったのに。
いっそのこと、こんなイベントの存在そのものを知らないでいれば良かったのに。

のに。
のに。
のに!


…いささか取り乱しましたが、非生産的な八つ当たりはここらで止めておくとして。
代わりに大人しく布団に潜り込み、涙で枕を濡らしつつ眠りにつこうかと思います。

おやすみなさい。

管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。