FC2ブログ

#193 気が付けば、もうそこまで…

近頃、来る日も来る日も『メタルマックス3』を遊び続けていたしろへ~は、今週末にまで迫った夏コミの準備をすっかり失念しておりました。

よって、日曜日は…
1…軍資金の分割
2…軍需物資の調達
3…装備の新調
4…作戦区域の下調べ
…をしました。

お金の大半を千円札と五百円玉に両替して。
暑さと汗かき対策のグッズと小物を買って。
同じく、暑さ対策に帽子を一つだけ買って。
携帯食料を買うのをうっかり忘れてしまったのが画竜点睛を欠くところ。
(大袈裟)

最後に、去年と同じく同行する蓬莱君とマクドナルドで落ち合い、カタログとにらめっこ。
前回と同じく、今回も三日目(日曜日)に比重が傾いた作戦になりました。

どういう訳か、二人して二日目よりも三日目の方に行きたいサークルさんが偏っているのです。


…話は変わって、土曜日の事。

以前からちまちま話題にしていた唐揚げ屋さんですが、その店は意外にも、蓬莱君の知っていたお店だったようです。
過去に新居浜で食べたことがあるとか。

その日の仕事帰り、やはり彼と待ち合わせ、唐揚げを買って食べました。

で。
辛いやつと普通のやつを買ってきて、見た目や味を較べてみることにしました。
あの時問題になった件の解明のために。


……
………。

結論。

見た目だけで言うなら、あの時、お店から受け取った唐揚げは辛いやつで間違いなかった模様。
ただ、当時食べた唐揚げの辛さがほとんど感じられなかったのもまた事実。
同じ唐揚げの筈だけど、今回食べた唐揚げは確かに辛かった。

あれが本来の辛いやつとするなら、以前のやつが辛くなかった理由は何故?
たまたま香辛料が少なかったのか?


話を日曜日に戻して、夏コミの調べものなどを切り上げた後、夕食を摂って雑談に興じ、蓬莱君はゲーセンへ足を運び、しろへ~はそのまま帰宅。

…その後のしろへ~がする事といえば、もちろん『MM3』。
ついつい翌日の4時近くまでプレイ。
昼間、うとうとしながら仕事をしているしろへ~が居ました。
(大怪我or死の元)

このように、ほとんど毎日を『MM3』で遊んでいるしろへ~ですが、その進行度に関しては、どうやら周りの友人達よりも低いらしいです。

何しろ、現時点のしろへ~(ベオウルフ一行)が活動している地点は、9日前のき~ろ君が活動していたらしい地点なのだから(笑)。

き~ろ君が超高速なのか。
しろへ~が超鈍足なのか。
どの辺から差が出るのか。

多分、色々あるのでしょう(苦笑)。


…なお、買い忘れていた携帯食料は、今日の仕事帰りに買って来ました。
レーション、レーション!

#192 その様は、さながら…

『メタルマックス3』の話ばかりしてもアレなので、今回は近況を軽~く。


約一週間前。
ゲーム好きの同僚から、何か面白いPSPのゲームはないかと問われたしろへ~は、
彼が少しながら気にかけていた『ユグドラ・ユニオン』を貸してあげました。

そして今日。
「何度やっても、“タクティクスカード”が尽きて負ける~」

苦戦している様子。

タクティクスカードとは、1ターン毎に必ず消費し、そのターンの全軍共有の移動力や戦闘時の必殺技などを決めるカード。
『ユグドラ・ユニオン』の要のシステムの一つです。

“タクティカル・ファンタジー”なるジャンルの本作は、「きゆづきさとこ」さんによる可愛らしいキャラクターグラフィックのためか、“ただのキャラゲー”などと揶揄されることがありますが、その実、かなり過酷なゲームです。

気軽に人死にを出してくれるストーリー進行もさることながら、特筆すべきは、ゲームそのものの難度。

本編から離れた所で悠長にレベルアップを図るという事ができず、終始本番。
戦術と戦略の双方が要求される戦闘は、全てターン制限(加えて、移動力制限)あり。

これだけの説明では大したことないと思われるでしょうが、実際に遊んでみると本当に難しく、凡百のシミュレーションRPGとは勝手が違う事が解ります。

…最近、後継作として『ブレイズ・ユニオン』というゲームが発売されたらしいですが、キャラクターデザインがきゆづきさんではないのに落胆。

思い返せば、当の『ユグドラ』をクリアしていないし、DSの『ユニゾン』に至っては開封すらしていないという体たらく。

どうしたものやら(苦笑)。


…下の写真は、しろへ~の部屋にある蚊取り線香点火用の100円ライター。



拡大してみると…

ガスが一滴も残っていない。

こんな状態になってもなお、このライターは現役として活躍し続けています。

すぐ点火できないし、点いた火もひどく小さい。
それでも、蚊取り線香に火を点けるくらいはできるのだから立派なものです。

馬鹿な!こいつの何処にこんな力が!?

…これを見ると、『ファイナルファンタジーV』のガラフじいさんを思い出します。
ちょっとだけ。

#191 東カリマンタン

Q…「メタルマックス3って、どんなゲーム?」
A…「ヒロインが尾崎豊みたいなゲーム」

…的外れだけど、嘘は言ってません。
あと、このヒロイン、夏場は特に美味しそう。

でも、いつもお弁当をつくってくれる娘の方が、しろへ~の好みです(笑)。


『ドラゴンクエストIII』に“ルイーダの酒場”があるように、
『メタルマックス3』には“ヌッカの酒場”という施設があります。

その機能は同じもので、仲間のキャラクターをパーティに加えたり外したり、
新規のキャラクターを登録したり、逆に既存のキャラクターを抹消したりする所です。

初めてここに踏みいったしろへ~は、何の思い入れもない既存キャラクターを残さず忘れ(抹消し)ました。

続いて、各職業のキャラクターを一人ずつ新たに登録。
以下はそのラインナップ。

(名前…職業/性別の順で)
「ライム」…ハンター/女
「バット」…メカニック/オカマ
「ラルフ」…ソルジャー/男
「ドクターK」…ナース/男
「武雷闇」…レスラー/男
「ノダミキ」…アーチスト/女


…ここでもやって来ました、ライムさん。
ナースの由来は推して知るべし。超医師(笑)。
レスラーは“ブライアン”と読みます…とかなんとかいうよりなにより、初めに突っ込まざるを得ない箇所があります。

そこのオカマ、お前だ。


続きを読む

#190 荒野と俺の想定外

昨日、友人の蓬莱君と交わした会話の一節。

しろへ~「蓬莱君もDS買って、『メタルマックス3』やってみようよ。
“荒野でヒャーハー”が見れるよ!(笑)」

蓬莱「ちょ(笑)、いや別にヒャーハーが大好きな訳じゃないし(苦笑)」


鉄と火薬と血と汗とオイルと薬とアルコールの臭いにむせ返る、“戦車と犬と人間のRPG”……『メタルマックス3』。

これからしばらくの間、しろへ~のプライベートは、このゲームにかかりっきりでしょう。

夜遅くまでゲームをやって寝不足になるなんて、どれくらいぶりだろう…?

今回は、この『MM3』の話題を、ネタばらしにならない程度に綴るつもりです。


まず、“主人公と戦車の名前をどうしよう?”と悩んでいたしろへ~ですが、
今回の主人公は「ベオウルフ」と名付けました。
叙事詩や映画などで知られる英雄ですね。
(あまり知らないけど)

シリーズを初代から遊んでいる方にはバレバレでしょうが、
“赤い悪魔”こと「レッドウルフ」をあからさまに意識しています。

精悍な面構え。
丈の長い上着。
陰のある表情。
そして、赤毛。
レッドウルフの特徴によく似ている。

まあ、そう考える人は少なからず居たみたいです(苦笑)。

このキャラクターがウルフでなかったとしても、尋常ならざるストーリーをもって登場した男に相応しい名前だと思い、こう名付けました。
なんてね(苦笑)。

真相がはっきりするのが楽しみです。


また、今のしろへ~は、主人公ベオウルフに仲間を加えて旅をさせています。

今作は『ドラゴンクエストIII』と同じく、パーティの編成やキャラクターのネーミングが自由にできるみたいです。

戦車(クルマ)の扱い全般に秀でたハンター。
戦車の修理や機械の敵に強いメカニック。
火器の扱いに優れた白兵戦特化のソルジャー。
仲間の治療と対生物戦闘に強いナース。
己の肉体一つでモンスターと渡り合うレスラー。
創造と表現の技“ゲージツ”を使うアーチスト。

これらのうち、好きな職種のキャラクターを二人まで連れ歩け、最後にシリーズお馴染みの「犬」も加えて、最大三人プラス一匹の編成が可能。

犬には「ウォルフ」と名付け(デフォルトでは「ポチ」)、新しく登録した男ソルジャーと女アーチストを連れています。


初め、アーチストも男で行こうと考えていたものの、手頃なネーミングが思い付かなかったのです。

そこで、ふと女アーチスト(“芸術家”)のキャラクターイラストを見ると、それは“ピンク色の髪”をした、“明るい雰囲気”の娘さん。

…よし、女で行こう。
名前も決まった。

命名・「ノダミキ」

出典は『GA 芸術科アートデザインクラス』。
頑張って、この荒野の世界を生き抜いてくれよ、ノダ。


一方の男ソルジャーは、初めから名前を決めておりました。

その名は「ラルフ」。

往年のゲーム業界の雄「SNK」の誇るスーパー軍人、『ラルフ・ジョーンズ』(大佐)の名前を借りてきました。
ちなみに、SNKの元祖戦車乗りでもあります。

“男ソルジャー”と言われて、しろへ~の貧困な知識や文献を漁って浮かぶのは、
「クラーク」(ラルフの相棒)
「マルコ」(ゲーム『メタルスラッグ』)
「ターマ」(マルコの相棒)
「シュワルツェネッガー」(映画『コマンドー』)
「スタローン」(映画『ランボー』)
くらいなものでした(苦笑)。
しかも、ほとんどがマッチョ(笑)。

肝腎のキャラクターイラストは、別段マッチョには見えないものでしたが、キャラクター登録当時は気にも留めていませんでした。

が。

彼らを連れて戦闘を重ねるうちに、しろへ~は気付いてしまいました。

こいつ(ラルフ)、忍者だ…!

頭に巻いた鉢金。
首からたなびくスカーフ(みたいなやつ)。
地味な色彩の装束。
そして何より、戦闘終了後の決めポーズ。

あの、ハットリ君あたりが“どろん”と消えるときとかにやる、両手を組んで印を結ぶ、あのポーズ!

さらに言うと、レベルアップで覚える特技に“ニンジャステップ”というものまで!

…しまったなあ。
これでは本来のラルフ・ジョーンズ大佐をイメージできないよ。
これなら、「チップ」とか「ガルフォード」とか「ロジャー」の方が良かったなあ…(苦笑)。

それでも、消したりやり直したりするのもアレなので、今後もノダちゃんと一緒に頑張って貰うことにます。


次回は、彼らを斡旋してくれる場所の話をしようかと思います。

#189 ようこそ、『男の世界』へ…

…前回の唐揚げの件についてですが、またまたお店に行ってきました。

400円の骨無し唐揚げをひとつ注文して、ちょろっと事情説明をしたのです。
見た目がほとんど一緒で、辛さもほとんど感じませんでした、と。

すると、先方は謝ってきただけでなく、今頼んだ唐揚げのお代をサービスします、とまで言い出しまして。

事実確認さえできればよかったしろへ~は、その申し出を突っぱね、普通に買うことに。

ただ、その代わりにコロッケ(100円)をひとつ、おまけに戴きました。

これで前回発生した損益は帳消しです。
次は、普通のと辛いのを一緒に買って確かめよう…。


最近、『モンスターハンター』のノベライズ作品を古本屋で購入、読破していたのですが、無性にハンティングがしたくなり、久しぶりに「ティファ」の貸し切りで遊んできました。

また、例によって操作が怪しいところもあったけれど(苦笑)。
やっぱりいいですね、ハンター稼業は。

そして昨日、しろへ~の元に新たなハンター稼業が降り立ちました。


竜退治はもうあきた。
(声の出演…たてかべ和也)

またまだ未開封ながら、サウンドトラックに特典冊子、楽しみすぎます。

当面の悩みは、曰く付きの主人公と、入手した戦車のネーミングです(苦笑)。
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード