FC2ブログ

#138 戦車にひかれたい… ~後編~

〈前回からの続き〉
今後も一緒に活動する事にした四人は、ハンターオフィスで正式にパーティ登録を済ませ、新たなターゲットを探す事にした。

次なるターゲットは「デザートシャーク」。
つまりはスナザメ。

町から南にある砂漠をテリトリーにして、灼熱の砂中を泳ぎ回っているとか。

また、途中の渓谷地帯では、冒頭のグラップラー達が山賊行為を働いているそうで、注意が必要との事。

一行は戦車の補給と修繕を済ませ、南の砂漠を目指す。


道中、渓谷地帯に差し掛かったところで、埋設された振動感知地雷を発見。
情報通り、グラップラーの一団が襲ってきた。

あわよくば戦車の強奪、もし壊しても、ジャンクパーツをもぎ取って売り飛ばす目的だろうか?

無用の争いは好まぬが、振りかかる火の粉は完膚無きまでに払い除ける。
それがこの世界のJ(以下略)。

撃退。

戦車vs歩兵でも、一切の手加減はしない。
後顧の憂いを絶つためにも、逃げる残党も残さず撃滅。

また、少しだけ住みやすい世の中になった。

…渓谷地帯を越え、デザートシャークの縄張りに到着。
しかし、辺りを注意して観察しても、目印の背鰭はおろか、砂飛沫の一つも見付からない。

広い砂漠での事、何処か遠くで泳ぎ回っているのだろうと推測した一行は、警戒を怠らずに野営(夜営)の準備を始め、明日に備えた。

翌日。

改めて、デザートシャークを求めて砂漠を奔走するも、見付かる気配がない。
何か様子がおかしい。

そこで、情報収集と補給を兼ねて、砂漠の西にある町(仮称…マド)まで足を運ぶことに。
先のグラップラーとの戦闘でも、少なからず弾薬を消費していたのだ。

…ハンターオフィスで情報を提供して貰おうとした時、一行に遅れて入ってきた定期連絡便から、急報がもたらされた。

“賞金首のデザートシャークが、東の砂漠で死骸となって発見された”。

…異常事態だ。

同業者(ハンター)の仕業だというのなら、証明とともにオフィスに訪れて報告して、賞金を貰っている筈。
一体、何者の仕業なのか?

死骸の状態を問い質すと、“直径30センチ位の大穴が、二つ空いていた”という。

この時点で最有力の推測は、“モンスター同士の戦闘行為によるもの”という説。

この場合、デザートシャークの懸賞は消滅して、その賞金はデザートシャークを倒したモンスターに引き継がれる。

そこに、さらに強いモンスターとして賞金額が上乗せされて、新たなWANTEDモンスターとして公開されるのだそうだ。

…ひとまずは続報を待つことにして、補給と休養をとることに。


後日。
最有力の推測は的中していた。

新たな情報によると、同砂漠にて、デザートシャークを倒したと見られるモンスターが確認されたという。

サイの背中に大砲を載せた賞金首「サイゴン」の変種。
「キャノンサイファー」と命名されたモンスターには、デザートシャークの賞金額が引き継がれ、さらに同額が上乗せされたらしい。

先のレーザーライガーよりも上手とされる賞金首のデザートシャークをも上回る実力のキャノンサイファー。
しかも、その能力は全くの未知数。

…でも、ここで退くくらいなら、ハンターを廃業して堅気の仕事をするべきである。

「何故、危険を冒すのか?…そこに賞金首が居るからだ!」

誰がそう言った訳でもないが、キャノンサイファーへの挑戦を決意する一行。
(しなかったら話が進まないから…とか言ってはいけません)


戦車の整備も補給も万全。
キャノンサイファーと砲火を交えるべく、東の砂漠へ愛車を走らせるハンター一行…居た。

奴はこちらに気付くと、砂塵を巻き上げつつ突進してきた。
いよいよ、このセッションのクライマックスだ!


キャノンサイファー…前進
しろへ~…前進
き~ろ…前進
蓬莱…前進
水城…直進せずに、迂回

猪突猛進型のキャノンサイファーは、自分の正面以外の標的を攻撃する手段を持たないので、装甲の薄い水城さん(の戦車)は奴の後背に回る算段。

敵味方ともに、攻撃対象が射程に入り次第、攻撃を開始。

キャノンサイファーの背中に搭載された大口径砲は、想像に違わぬ高威力。
しろへ~(の戦車)の前部装甲の半分を軽く持っていく。

キャノンサイファーのような致命的ダメージを弾き出せない代わりに、我々は手数で応戦。
オートキャノン(戦車砲)や短距離ミサイルでがりがりと、奴の体力を削る。

戦闘シーン(スクエアマップ)の駒配置。

マップは緑色だけど、砂漠や荒野に居ると思って欲しい(苦笑)。
奴としろへ~はそのまま正面同士でにらみ合い、残り三人は奴の後背に回り、挟み撃ち。

互いに最大火力を敵に浴びせかけるも、たまには命中判定のダイスロールに失敗して弾を外すことも。


しろへ~戦車の最大火力は、いわゆる戦車砲。
命中判定に成功すれば、一定のダメージを確実に与えられる。

一方、残りのメンバーの最大火力であるミサイルは、搭載された発射器の数だけ命中判定を行う。
次に、命中した数だけ更にダイスロールを行い、出目に応じた数のダメージを与えられる。

瞬間の最大ダメージに関しては、ミサイルは戦車砲の数倍を弾き出すことも出来るが、デメリットも少なくない。

最初の命中判定に失敗してしまうと、ダメージが一切入らないのは勿論、成功した後のダイスロールの出目が低ければダメージも低くなる。
(ダメージが不安定)

そして、弾薬の単価が非常に高価であること。
いくらダメージの見返りが大きくても、弾薬の補給にかかる費用が収入を上回ってしまえば無意味である。

(これも、メタルマックス特有の仕組みです)


…戦闘が激しさを増す中、き~ろ君(の戦車)のミサイルが“会心の一発(クリティカルヒット)”を弾き出し、キャノンサイファーの背部主砲を破壊!

が。

敵の脅威が一つ減ったものの、奴にはまだ武器が残っていた。

キャノンサイファーの巨体と自慢の角から繰り出される重い一撃は、しろへ~戦車の装甲を更に奪っていく。

もう一撃、あの攻撃を食らえば、しろへ~の戦車は大破する…!

しかし、ここで退いても結果は変わらないと判断したしろへ~は盾として立ちはだかり、決死の覚悟で主砲を放ち…


キャノンサイファー、轟沈。


…極限状態の中、辛くも勝利を納めた一行は、キャノンサイファーの亡骸を牽引しながら町まで帰還。

賞金首ポスターが町に貼られてから、一日と経たない内に“済”スタンプが押されるという異例の事態。

周囲の称賛や驚嘆を浴びる中、一行は賞金首撃破の報告と賞金の受け取りを済ませ、勝利の美酒に酔いしれる…余裕などなく。

戦車の装甲の修繕と、湯水のごとく撃ちまくった弾薬の補給にかかった費用に目を回す、
新米ハンター一行の悲鳴が荒野に木霊する…。

以上、セッション終了!


試作ルールとは言うものの、かなり快適な戦闘システムでした。
(上の文章だと感じにくいでしょうが)

今回は単発シナリオ故に、戦闘を主眼においた感がありますが、
ゆくゆくは、ダンジョン探索や戦車の改造などといった“メタルマックスらしさ”を追究していきたい…とのこと。

実に楽しかったです。


…セッションの参加者の方々および、ここまでお読みくださった皆様、お疲れ様でした。

最後に。

続きを読む

スポンサーサイト



#138 戦車にひかれたい… ~中編~


最近使った、ローションを染み込ませた(らしい)ポケットティッシュ。

お弁当で使う箸を拭くのにも、水洗いした眼鏡を拭くのにも使いづらい。
たった一日で、使うのやめました。

…で、
“プレミアムにしっとり”って何だ?


〈前回の続き〉
一同のキャラクターメイキングを済ませ、総帥Nさんとしろへ~の用意したコドゥーグ(小道具)もスタンバイ完了。

いざ、セッション開始。
(以下、非常に長いのでご注意ください)


…誰かから譲り受けたのか、大枚をはたいて購入したのか、自力で組み上げたのか、はたまた何処かから掘り起こしたのか…。

相棒たる戦車(クルマ)を入手した四人の戦車乗りは、とある町(仮称…エルニニョ)でハンターとしての第一歩を踏み出す。

この時は、全員が赤の他人。

酒場で情報収集している矢先、この町でのさばっている悪党(仮称…グラップラー)と同業者が喧嘩を始めていた。

乱闘騒ぎになりつつある中、慎重さに長けているPC達は静観(約一名逃亡)を決め込む(笑)。

(消極的と言ってはいけません。
無用のトラブルを避けることが、この世界で生きる為の掟なのです・苦笑)

実は、この時の行動のお陰で、折角の人間戦闘をふいにしてしまったのだった。
高速振動剣を振り損ねた…。

が。

喧騒の中、火打ち石にも似た衝撃音と、それに伴う得体の知れない危険に気付いた一人がいち早く叫んだ。
「全員、散れっ!」


刹那。

一条の凶悪な光が一閃し、衝撃と轟音が後に続く。

突然の出来事に群衆が散り散りになっていく中、残っていたのは新人ハンター四人だけ。
(約一名、マイ戦車に避難中)

そして、彼らの視線の集まる先に居たのは…。

「レーザーライガー」。
“WANTEDモンスター(賞金首)”だった。

この、獲物を求めて町までやって来たネコ科動物から逃げ延びれる保証はなく、自分が逃げ延びても、町や人に甚大な被害が出ることは間違いない。

ましてや、自分はハンター。新米とは言え、モンスターを狩るのが生業なのだから、ここで殺らねば誰が殺る!

そんな訳で、即席パーティを組んだ四人は戦車に乗り込み、賞金首相手に初陣のスタートを切った。


ここで、各人の戦車について簡単な説明を。

しろへ~の戦車は戦車砲・機銃・ミサイルを搭載した平均的な車輌で、最大の強みは装甲の厚さ。
本来は装輪式のところを装軌式にさせて貰った。

き~ろ君と蓬莱君の戦車は、共に重量級の車輌。
しろへ~の戦車に次ぐ装甲と強力なミサイルを持ち、攻守の均整がとれている。

水城さんの戦車はホバー走行の軽量車輌。
装甲は薄いが、抜群の機動力と多くの強力なミサイルを積んだ玄人向けの戦車。


…戦車に乗っているとは言え、駆け出しのハンターが賞金首に挑むのは無謀だが、四対一なら話は別。

リスクは四分の一、ダメージ効率は四倍になり、ピンチらしいピンチも訪れることなく、レーザーライガーを撃破!

四人全員が、華々しい勝利でハンターデビューを飾ったのだった…。

が。

レーザーライガーから受けた戦車のダメージと、消費した弾薬の量は軽くなく、
この後、四分の一に分けた賞金のうち、幾らかを戦車の補給と修繕に回さねばならなかった。

(これがメタルマックスの特色。
いくら戦車が強くても、それは無償の強さではないのです)


〈後編に続く〉
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード