スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#54 走り出すモンコレ

27日に、『GA 芸術科アートデザインクラス』(「きゆづきさとこ」さん作/芳文社刊)の最新第三巻が発売されたらしいので、
翌28日に“エロブックス”ことメロンブックスまで買いに走りました。

すると、レジにて特典の缶バッジを頂戴しましたよ。
1251615368-2009082919320000.jpg
主役五人組の比較級的代表格「如月」さん(ファーストネーム)。
昔の看護婦の服装で、メンソレータムを彷彿させますが、手にしているのは絵筆とポスターカラー。
小業が利いています。

1251615367-2009082621580000.jpg
そう言えば、また別の日には『みりたり!』なる四コマ漫画(「まもウィリアムズ」さん作/一迅社刊)を購入しました。

…ちゃくちゃくと増えていく“四文字タイトル”…。
もうそろそろ、『○○○○みたび』の為の調査をするかねえ…。
(『犬福帳』はどうした?)


では本題。

前述の『GA』を購入した日、しろへ~は『GAMEショコラ』にて『モンスター・コレクションTCG』の大会に参加しました。

今回は、しろへ~を含めて三人による総当たり戦。少なっ!(苦笑)。
まあ、恒例一騎討ちよりはまだましかな?

人数は少ないけれど、これはれっきとした公式戦。
参加者全員に貰える“参加賞”と、優勝者と不特定の参加者一人にのみ貰える“上位賞(お楽しみ賞)”として、プロモーションカードが用意されています。

今期の参加賞は、定番の魔法打ち消しアイテムカード『魔力のスクロール』のクラシックデザイン。
上位賞及びお楽しみ賞は、戦闘に参加した、自らを含む全てのユニットを爆炎に包むという危険な火属性ユニット『炎の魔神スルト』のクラシックデザイン。

スルトさん、昔はレアリティが最高クラスの“極稀”だったのに、今では一段階下がって“稀”になっちゃいました。
そんな境遇のカードは、現在ではまだまだたくさんあります(泣)。

話を戻して、いざ開始。

『モンコレ』の遊び方の概要は“陣取りゲーム”。

縦に4、横に3のマスで構成されたフィールドを舞台に、

中央列の両端のマスにそれぞれ設置された“本陣”からユニットを召喚、“パーティ”を結成し、

橋渡しの要領で“地形”カードを配置して、相手の“本陣”へと進軍、

幾度かの戦闘を経て、敵軍の“本陣”を陥落させる事で勝敗を決める…という、カードゲームとしては珍しいルールです。

イメージは、『大戦略』等の戦略戦術シミュレーションゲームに近いですね。

今回はこの位の説明で済ませて、またいつか追々解説してみましょう。
(これで『モンコレ』に興味を持って戴けると嬉しいです。)

結果…一勝一敗で二位。優勝を逃しました。
しかも、その一敗は反則敗け。

試合の展開そのものは、こちらがかなりの優勢だったのですが、うっかりデックに同じカードを四枚放り込んでいたんですね。

(公式ルールでは、基本的に同名のカードは三枚までと決められています)

ションボリング・ベイ。

次の対戦では、件のカードはちゃんと引き抜いて、別のカードを差しておきました。そして勝利。

結果としては、優勝を逃しましたが、自分の納得のいく内容の対戦が出来たと満足しています。


…つい最近、新しいカードセットが発売されて、新作デックの創作意欲が湧いてきます。
『ショコラ』内でも、『モンコレ』に興味を抱く人が少しずつ増えているようで、これからに期待が持てます…が。

しろへ~には、『モンコレ』のこれからについて、一抹の不安があるのです。
それはまたいつか。


最後に、『#49 「はじめてのなつこみ」 ~出撃篇・下~』にて先延ばしにしていた話題を。

続きを読む

スポンサーサイト

#53 リンク紹介! その5

前回(『#52』)のコメントにて、しろへ~の洗脳によって犬福ファンになったFire君が愛してやまない犬福『消防福』。
1251376921-2009082619510000.jpg
これが消防福。
(ゴマブックス刊『犬福守』より)

“職業系”の最終進化形態、つまりは、エンディングでしか拝めない犬福です。
可愛くも凛々しい!

…『犬福』って、さりげなく書籍化もされているんですよ。一冊だけだけどね。


それでは、今回の本題。

過日、当ブログ『放逸見聞録』を読んでくれている方から、ご自分のブログとの相互リンクを希望する旨のお話を受けまして、

そのような有難いお話を断る理由は何処にも無いしろへ~は、二つ返事でリンクを結ばせて戴きました。

それが『薙空間』
「薙」さんの運営するブログです。

『薙空間』では、薙さんの愛好する数々のゲーム(デジタル)の攻略やデータ検証、プレイレポート等を主として扱っています。

シリーズタイトルの一例を挙げると、

『METAL MAX』及び『METAL SAGA』
(以下“MM”)
『ロマンシング・サ・ガ』
『悪魔城ドラキュラ』

等があり、ここ最近では
『ウルティマオンライン』(以下“UO”)のプレイ記録を綴っています。

薙さんは、「大破」さん(「Crash」さん)の運営するホームページ『Silver Tank』のコンテンツ“UO冒険記”に影響を受けてUOを始めたらしく、
大ベテランたる大破さん一行に揉まれつつ、めきめきと力をつけている模様。

とてもUO歴半年足らずの身とは思えません(笑)。
それと、操るキャラクター達の名前がイカしてます(笑)。

…薙さん及び『薙空間』の特筆すべき美点は、

“物事を徹底追求する、貪欲な迄のバイタリティー”

これに尽きます。

攻略記事にしてもデータ検証記事にしても、事細かに記してあって、“妥協”という言葉を知りません。

特に、『MM』における各種のデータ検証記事は、同じ敵を相手にした戦闘を百回単位で繰り返すという、気の遠くなるような作業から成り立っています。

余程の情熱がなければ出来ない芸当です。

ちなみに、上記の検証結果は、もう一つの新規リンクサイト、『MM』シリーズの読者参加型ファンサイトである
『METAL MAniaX』にて見ることができます。
(トップページ→100の質問回答者一覧→薙さんの名前をクリック!)

『MM』シリーズのプレイヤーや『MM』に興味のある方は是非どうぞ。

他にも、『薙空間』では、日々の趣味的お買い物の話題やゲーム動画の話題、『ドッツ』(※)による素敵な作品の数々を見る事なども出来ます。

『キャノンホッパー』だなんて、誰が解るんだ!?(笑)
(おそらく解る人…きーろさん、ジョージさん、水城さん、しろへ~)

※…四角い頭の色付きピンを升目に刺していく事で、いわゆる“ドット絵”のキャラクター等を作れる玩具。数種類のセットがある。

ゲームが好きな方、特に、ヘビーユーザーの方にはおすすめのブログですよ。

…しろへ~も、『犬福帳』の為の調査プレイをしなきゃ…。

#52 吉凶記念日

選挙の押し迫る昨今、偶々見ていたニュースで選挙区云々の話題になり、その中の一節で流れた
“○○一区、二区は…”が

“○○みっくみくは…”

等と聴こえてしまい、少しばかり死にたくなったしろへ~です。


今回の話題は、本来23日にアップしたかったのですが…、
ここ最近の寝不足の解消を優先して“まあ、いいや”と眠ったのです。

お陰で、今はあまり眠たくありません。

それでは本題。

…8月23日。
この日は、しろへ~にとって重要なメモリアル・デイなのです。

一つは、
“PS2版『すくすく犬福2』発売記念日”。


『クイズ&バラエティ すくすく犬福2 ~もっとすくすく~』は、1998年に発売されたアーケードクイズゲーム
『クイズ&バラエティ すくすく犬福』の続編として、
2007年3月に登場し、同年8月23日にプレイステーション2用ソフトとして発売されました。

私しろへ~と親しい人物ならば(しろへ~の洗脳によって)御存知でしょうが、
よく知らない方のために軽く説明します。
(注・軽くない)
1251133765-2009082420320000.jpg

この作品は、“何だかよくわからない不思議な生き物”「犬福」(画像中央)を、クイズやミニゲーム等を通じて育てていくゲームです。

初めは足のない「ちび福」(犬福の左)から始まり、少し成長すると足が生えます。それが犬福。

そこから、ストーリー中に現れる、個性的過ぎる人物や犬福を相手にクイズやミニゲームをこなし、
そうして逐一変動するパラメータに応じて、さまざまな姿に進化します。

一例をあげると、「騎士福」(犬福の右上)、「まほう福」(タイトルロゴのすぐ左下)、「くのいち福」(タイトルロゴの左上)、「わんぱくでぶ福」(ちび福のすぐ上)等があります。

こうして、一年間犬福を育て上げると、エンディングで「貯金福」(犬福の右)等の“最終進化形態”という“おとな”の姿になります。

この一連のプロセスそのものが『すくすく犬福』の醍醐味で、前作を含めた全ての犬福のバリエーションは百数十種類。

ゲーム中の犬福の形態にも意味があり、対戦格闘ミニゲームやシューティングミニゲームで固有の攻撃性能を持っていたり、
クイズの最中にも形態ごとの特殊能力でプレイヤーをサポートしてくれたりします。

…今時、アーケードクイズゲームと言えば『クイズマジックアカデミー』(コナミ)と『ネットワーク対戦クイズ Answer×Answer』(セガ)の二大ネットワーク対応クイズゲームが主流です。

そんな中、『すくすく犬福2』はネットワーク非対応のクイズゲームとして怯むことなく登場し、前作からのファンをはじめとした多くのプレイヤーを魅了したのです。

しろへ~の知る限り、『すくすく犬福2』は、アーケードのネットワーク非対応クイズゲームの最後の作品と思われます。
(2009年8月現在)

この、しろへ~が心から愛するゲームのスタッフロールに、自らの名を刻めたのは身に余る光栄でした。

そんなゲームの家庭用ソフトですから、しろへ~的には立派な記念日なのです。

発売二周年、おめでとう!




…そして、もう一つの記念日。

警告します。
ここから先、『あずまんが大王』の「美浜ちよ」ちゃん(下図)のような方は、読まない方が身のためです。
1251133763-2009082422030000.jpg

その手の耐性を持っている方、あるいはしろへ~の知人で経緯を御存知の方のみどうぞ。



〈以下レッドゾーン(文字通り)〉

続きを読む

#51 「はじめてのなつこみ」 ~総括篇~

夏コミ最終日から一週間が経過して、ようやく最終回を迎えるシリーズ「はじめてのなつこみ」です。

その締めくくりを書き記す前に、一つ、ご覧の皆様に伝えたいことがあります。

それは、前回の記事について。

前半部分、しろへ~が西館第二ホールで訪ねていったサークルさんなのですが、
一ヶ所抜かしていました。

“『STUDIO COSMOS』→『トラツグミ』”。

本来、上記のサークルさんとの間に
『32GIRL』(「岩崎つばさ」さん)にもお邪魔していたのですが…、

しろへ~的に当たり前の事過ぎて失念していました。

あれだけ持ち上げといて、忘れるか?普通。

以下、しろへ~の自戒の念を込めたイメージムービーをお楽しみ下さい。
(皆様の脳内で・笑)

〈イメージムービー開始〉
「しろへ~さん、何ですか?前回のあの記事は」
「あ、お義母様…っ」
「アナタ、西館第二ホールで訪問したサークルさんの中で、ただ一つ『32GIRL』の話を忘れていましたね?」
「あ…っ」
「あれだけ自分で“大本命サークルです”とか公言しておきながら、この体たらく。一体どういう了見なのかしらね」
「それは…、わたしの中では当たり前の事過ぎて、つい…」
「どうかしらね?口では何とでも言えますからね。岩崎つばさファンと言っても、所詮はその程度ではなくて?」
「わたし、そんな事っ…」
「母さん、それは言い過ぎじゃないのか!?」
「…白鯨さん…っ」
「…」
「しろへ~だって、何も悪気があってやった事じゃないんだから、その辺でいいだろう?」
「アナタは黙ってなさい」
「ごめんなさい、白鯨さん…。でもいいの。これはわたしの問題だから…」
「しろへ~…」
「何を偉そうに。もう、これはアナタ一人の問題ではないのですよ?こんな記事を世界に発信するなんて」
「母さん!」
「わたし…今すぐ記事の補足に…っ」
「もう結構です。ワタクシが済ませておきました」
「申し訳ありませんっ、お義母様…」
「いつもいつも人の顔色を窺っていてばかり…。謝るべき相手が違うのではなくて?」
「~~~っ」
「母さん!いい加減に…」
「やめてっ、白鯨さんっ!全部わたしが悪かったんだから………お願いだから、喧嘩しないで」
「…」
「解ったよ、しろへ~。今日は疲れたろ?もういいから部屋でお休み」
「…はい。………お義母様、失礼します」
「………」
「お休み、しろへ~」

……
………
「母さん、話があるんだ」
〈イメージムービー終了〉

という訳で、前回の記事に補足しておきました。
岩崎つばささん、どうか、平にご容赦ください。


さて、“総括篇”と言いますが、まあ、簡単に今回の経験をまとめようかと。

1…準備は万全の体制で臨め!
服装、金銭、体調、小物…想定しうる事態に備えること!
フェイシャルペーパーは便利だ!
自己採点…100点

2…会場内での体調管理、水分、栄養補給もしっかり!
利尿作用のあるお茶系列は、トイレ行きの頻度を増やすから控えるべし。
水分は摂りすぎると、その場で汗に変わる様なもの。控え目に!
かさばらない携帯食料と甘過ぎない氷砂糖はいい感じ。
自己採点…80点

3…行動の時間配分は計画的に!
本当にやりたい事は、後回しにせず、迅速に済ませること!
でも、その場の状況を配慮すること!
自己採点…50点


…総計、230点(満点…300点)。

後悔は少なからずあるけれど、初めてにしては上出来の結果と言えます。

これも、蓬莱くんをはじめ、幾人もの方々のお陰です。
有難うございました。

次回は、また来年の夏コミでしょうか。


…最後に、この「はじめてのなつこみ」での戦利品の紹介をダイジェストで公表しようかと思いましたが、

表紙だけの表示で、出典を明確にする“引用”でも、
紹介がしち面倒くさいやり過ぎると“無断転載”のレベルになるので、著作権問題を考慮して、ちょっと控え目にしてご紹介。

1251022691-2009082022110000.jpg
1251022690-2009082022120001.jpg

『横山浩子Presents』にて入手した、新作犬福エコバッグ。
表裏でデザインが違います。

1251022694-2009082220020000.jpg
1251022692-2009082220020001.jpg

もう一つは、“東京ビッグサイト土産”と称するペットボトル飲料(500ml)。
萌えイラストレーターの大御所「七瀬葵」さんのデザイン。
いつか、『GAMEショコラ』の面子に争奪戦をさせよう(笑)。



…以上を持ちまして、長編連載「はじめてのなつこみ」は完結します。
お疲れ様でした(俺が)。

最後に一言。
『天王洲アイルー』。
(なにそれ?)

#50 「はじめてのなつこみ」 ~決戦篇~

8月16日(日曜日)。

…とうとう、今夏の『コミックマーケット』も最終日です。

しろへ~にしても蓬莱くんにしても、この日の戦果がそのまま今夏の遠征の成否に繋がっている…という程に、それぞれの本命サークルがひしめいているのです。

そんな理由をも考慮して、この日は、土曜日の出発時刻よりも一時間早く出発しました。

その甲斐あって、この日の入場時刻は前日よりも30分は早かったかと思います。
この日のしろへ~が西館を第一に攻略するのに対し、蓬莱くんは東館を攻撃目標にしていたので、入場早々別行動。
互いの武運を祈る。

…入場者の肉体と精神を苛む蒸し焼き通路を越えて、
しろへ~の向かうは西館第二ホール。

ここに、しろへ~の大本命サークルさんが密集しているのです。

特に、“い”の列と“く”の列。
一直線になっていて、
(以下、五十音順)

「いけ」さんの『AltitudeAltitude』、
「岩崎つばさ」さんの『32GIRL』、
「梅川和美」さんの『STUDIO COSMOS』が!

そして、“き”の列には、
「中村哲也」さんの『トラツグミ』。

…これらのそうそうたるラインナップ(少なくともしろへ~にとっては)を僅差で押し退けて、
この日の最大目標となるサークルが…、

「六鹿文彦」さんの『CHOCOLATE UNIT』、
「横山浩子」さんの『横山浩子Presents』の夫婦サークルのスペースです!

お二人は、イラストレーターさんであり漫画家さん、更にゲームデザイナーさんという経歴を持っています。

ことに、横山さんのオリジナルキャラクターをベースにして、
六鹿さんが企画、構成等に携わったアーケードクイズゲーム
『すくすく犬福』は、少なからず好評を博した作品であり、しろへ~が最も愛好するゲームです。

もう少し詳しい話を知りたい方は、当ブログの記事のカテゴリ“リンク紹介”内の『リンク紹介! その4』をご覧ください。

ここで、『すくすく犬福』の企画者と原作者であるおふたりに会えればなあ…。

そう思いつつ、速攻で到着。
売り子さんが幾人か居りましたが、その中に女性の姿はなし。

ひとまず、新作の犬福エコバッグを軽く6つ購入するのを皮切りに、
しろへ~の所有していない同人誌を全て購入。
しめて一万三千円超。

流石にエコバッグ6つ九千円は大きいですね。間違いなく、今回最大のお買い物です。


その際、六鹿さんと横山さんの所在を尋ねてみると、
六鹿さんは席を外しており、横山さんは欠席との事。

代わりに、横山さん宛のメッセージ記入用ノートが置いてありました。
また後で記入しに行こう。

お次の目的地は『AltitudeAltitude』。

こちらの代表者である「いけ」さんは、新進気鋭の漫画家さん。しろへ~より丸一年若い方のようです。
現在、『ねこむすめ道草日記』を連載しています。

また、同作品のベースとなる世界観の異色TRPG『ゆうやけこやけ』シリーズのキャラクターデザインも手掛けています。

例によって、「全部ください!」という流れのつもりでしたが、新刊一冊のみの販売だったようです。
勿論購入。

こちらも、当のいけさんが不在の状況だったので、次のサークル『STUDIO COSMOS』へ。

代表者の「梅川和美」さんは、獣医師免許を持つ漫画家さん。
数々の作品を執筆する中、代表作である長編連載『ガウガウわー太』が最終回を迎えたばかり。
(単行本のみの購読なので、つい最近知りました)

この場でも、お馴染みの呪文「全部ください!」を唱えます。

同人誌数冊、ストラップ、ちっちゃい団扇を各一点ずつ購入したのですが、

その際、売り子も務めていた梅川さんご本人から、何やらどでかい封筒(『STUDIO COSMOS』のロゴ付き)に入った景品を多量に戴きました。

一点お買い上げごとに一つ進呈される、この景品。

後で調べてみると、これは梅川さんの執筆された作品の実際の原稿をコピーして、各所に使用するスクリーントーンの指定表にしたもの…との事。肉筆、そしてサイン入り。

かなり珍しい代物を戴きました。

ここで、「あ、そうだ♪」と思い立ったしろへ~は、先程入手したばかりの『犬福エコバッグ』を梅川さんに進呈しました。

梅川さんと犬福に直接の因果関係はありませんが、しろへ~的には、ほんのちょっぴり繋がりがあるのです。

それは、前述の『ガウガウわー太』にあります。

この作品の登場人物で、主人公の「社太助(やしろたすけ)」くん…の父親(笑)。
彼の名前が「社犬福(やしろいぬふく)」というのです(笑)。

なんたる偶然!
これは是非とも話題にせねば!
…という事です。

梅川さん自身は『犬福』をご存知ではなかったようですが、普通に犬福の可愛らしいデザインが気に入ったご様子。よしよし♪

梅川さんと別れの挨拶を買わした後、
(ここから補足!)
「岩崎つばさ」さんの『32GIRL』まで文字通り直行。

岩崎さんは、しろへ~が猛烈にプッシュしている漫画家さんにしてイラストレーターさん。

サークル名の『32GIRL』とは、岩崎さんの代表作『30girl.com』のスピンオフ作品のタイトルで…
って、以前説明したような…?

ともかくも、本編の主人公を押し退けかねない人気を誇る“主人公の義理の姉”を主人公にした作品で、
しろへ~が今回の夏コミで最も欲しがっていた同人誌です。

岩崎さんの主な活動の詳細は、当ブログの記事のカテゴリ“リンク紹介”内の『リンク紹介! その2』をご覧ください。
いや、決して手抜きでは(苦笑)。

『32GIRL』に辿り着き、まずはご挨拶。前日に引き続いてお疲れ様です。

ここで岩崎さんの目に留まった物は、つい先程しろへ~の購入した犬福エコバッグ。

“しろへ~と言えば犬福”という図式を覚えていて下さったのは、しろへ~としては光栄な事です。

そして、お目当ての一冊、
『32GIRL』の別冊『トラベラーズ』を購入。
この夏限定生産のレアアイテム♪

ここで、かねてから予定していた“粗品の進呈”をしようかと思ったのですが、
まだ時間に余裕があったので、また改めてお邪魔する旨を岩崎さんに伝えて、一旦その場を後にしました。
(補足終了!)

次なる目的地である、
「中村哲也」さんの『トラツグミ』へ。

中村さんは漫画家さんにしてイラストレーターさん。
漫画での代表作は『マジック・ザ・ギャザリング』をベースにした『DuelFighter刃』など。
『腐り姫』『SEVEN-BRIDGE』といったPCゲームの原画も担当し、
『モンスター・コレクション』『妖精伝承』などのイラストレーションも手掛けています。

そしていつもの「全部ください!」発動。

『トラツグミ』での一番の収穫は、「コミック電撃帝王」に連載されていた作品の『公圜カフェに、いらっしゃい』。

男の子が可愛いんですよ、ヲトコノコが(病院へ)。
あったかで微笑ましいお話で、単行本化を期待していたのですが、よもや同人誌で刊行とは…!

(しばらく時間を置いてから改めて出向いて、カードへのサインをお願いしたのですが、そういった依頼は一切受けないという事でした。残念ですが、諦める他ありません。

サインとかスケブというものは、請け負った側に手間だけでなく責任をも負わせてしまい、当事者に悪気はなくても何らかのトラブルに発展する場合が多いそうです。

それならば、初めから請け負わなければ、手間はかからないし、トラブルも発生しない。理に適っています。
中村さん、余計な時間を取らせてしまい、申し訳ありませんでした。)

続きを読む

#49 「はじめてのなつこみ」 ~出撃篇・下~

〈前回のあらすじ〉
いよいよ「はじめてのなつこみ」に出撃したしろへ~。

窮屈ながらも涼しい電車の移動を経て、しろへ~は遂に『東京ビッグサイト』を目の当たりにする。

その喜びも束の間、入場までの長く過酷な行軍が待ち受けていた。

長蛇の列を通り越し、もはや“世界蛇”ヨルムンガルドを彷彿させる行列。

半ば強制気味の牛歩戦術。

ラストスパートとばかりに待ち構える、蒸し風呂の様な連絡通路。

「はじめてのなつこみ」の過酷さを身を以て実感し、体力を甚大に消耗するも、水とポカリ、そして氷砂糖の力を借りて、しろへ~は辛い行軍を耐えきった。

そして今、即売所(ホール)にしろへ~は突入する!



…これって、まだ夏コミ2日目(土曜日)の話なんですよね。

今のしろへ~は既に松山に帰還して、寝不足のまま仕事をこなしている身です。
まだ、3日目(日曜日)の話も残ってるし(苦笑)。

気を取り直して、続きをどうぞ。



…まずは東館第一ホールへ。

喉元過ぎれば…とは違う気もするけど、ホール内は思ったよりも風通しが良好でした。

この日の最大の目的はサークル『めじろ屋』。

こちらのサークルさんに同席しているイラストレーターの「相沢美良」さんと面会し、
相沢さんの手掛けた『モンスター・コレクションTCG』のカードにサインをお願いする事!

『めじろ屋』に到着、確認の後、展示された品物全てを購入。

お一人で陣取っているご様子なので、ひとまず相沢さんの所在の確認。

この時は残念ながら、相沢さんは西館に旅立っているらしいので、カードへのサインをお願いする旨を伝えて、他所へ巡回。

『GA』と『モンハン』の同人誌や同人クッズをひとしきり買い漁り、お外で荷物整理ついでに携帯食料で腹ごしらえ。

再び『めじろ屋』に顔を出すも、相沢さんは西館からの帰還に手間取っているそうな。大渋滞で大変です。

相沢さんの戻るまでの間、こちらも西館に向かうことに。

西館での用事はただ一つ。
『すっぽこ電脳大飯店』に赴き、「岩崎つばさ」さんとの初顔合わせを果たす事です。

蓬莱くんの携帯ナビにより、何とか『すっぽこ電脳大飯店』に到着。

遂に、岩崎つばささんとご対面~♪
握手も交わして戴きましたよ!

軽い雑談(炭酸ゼリー缶飲料を凍らせる話とか)を交わし、

「並んでるもの全部ください!」

…と言い放ち、お隣のスペース『ぽてちゃか』さんの作品も(おそらく)全て入手!(※)

同人誌14冊、しめて六千円超。土曜日一番の買い物。

大本命の『32GIRL』(『30girl.com』のスピンオフ作品)を除いて、あとは全て『ラグナロクオンライン』(通称“RO”)の作品群です。

ROプレイヤーじゃないから、解らない単語が沢山あるけど、ROの勉強がてら、いっちょ読破してみようかと。

ごくノーマルな成人男性だから、腐女子向けの内容に気圧され気味ですが、BLの勉強がてら、いっちょ読破してみようかと(笑)。

ま、『パタリロ!』で馴れてるし(笑)。
いざとなれば、カップリングの“後ろ側”のキャラクターを女の子に脳内変換するだけさ(笑)。

※…『ぽてちゃか』の「ぽてこ」さんと『すっぽこ電脳大飯店』の「岩崎つばさ」さんは、『すっぽこぽてちゃかONLINE』という合体サークルを結成しています。

…岩崎さんと日曜日の再会と粗品の進呈を約束し、西館を後にし、東館の『めじろ屋』へ。

相沢さんは既に戻っていらしたらしく、しろへ~をずっと待っていて下さっていました。

余計な心配をさせてしまったことをお詫びして、本題のサインをお願いしたところ、相沢さんは快諾してくださいました♪

サインの対象は3枚のカード。
何のカードかは、いずれ紹介します。

持参したサインペンとカードを手渡すと、相沢さんは次々とサインを入れてくださいました。

が。
この時、しろへ~は一つの失敗を犯していたのです。
カードにサインを入れて貰う経験などなかった故の無知でした。
これは、次回にお話しします。

ともあれ、サイン入りカードを受け取り、相沢さんにひとしきり御礼を述べて、精一杯の応援の言葉で別れの挨拶としました。

この場を借りて、改めて相沢さんに御礼申し上げます。
サイン入りカードは後生大事に致します。
今後のご活躍をお祈り申し上げます。


この日は、蓬莱くん共々、やる事を全て終えたので、そのまま会場を後にしました。

次回は、いよいよ最終日。
「はじめてのなつこみ」 ~決戦篇~です!

#49 「はじめてのなつこみ」 ~出撃篇・上~

行って参りました、
「はじめてのなつこみ」!

しろへ~及び同行の蓬莱くんは、この日に大した重大性を問わなかったので、

“この一日で、コミケの雰囲気とかビッグサイトの造り(地理)を体感するつもりで、のんびり行きましょう”

という蓬莱くんの言葉通り、この日は比較的ゆっくり出ていきました。

ゆっくりしていってね!
(特定人種のみ解るネタ)


ゆっくり朝食、しっかり朝食。
新宿から電車を使い、直行で国際展示場前の駅まで。(本来、大崎で乗り継ぐ必要がある)

…この段階で、既にしろへ~達と同じ香りのする人々が居ます。
というか、いつしかそんな方々ばかりになっていました(笑)。


………

目的の駅に到着。
ここから、過酷な行軍が始まります。

長い、長過ぎる。
…“長蛇の列”という言葉がありますが、これはさしずめ
世界蛇ヨルムンガルド。

本来、駅から軽く歩く程度で到着する筈なのに、とてつもない回り道で行列を作っていました。

行列整理に終始するスタッフさん全員に敬意を表します。

1250349905-2009081510030000.jpg


この辺りから、かなりの時間、列が進まなくなりました。
凄い人数。あの遥か先の先まで人間がひしめいています。

これなら、オタク一個師団位は軽く編成できるでしょう。
(一日の参加者全てなら、一軍や二軍くらい?)

携帯電話で現状を報告する人。
デジカメや携帯電話で、この人混みを撮影する人(しろへ~含む)。
手持ちの文庫本や同人誌を読み始める人。
オタクしりとりを始める人。
携帯ゲーム機で遊び始める人(しろへ~含む)。

『モンスターハンターポータブル2ndG』を起動して、誰か近くに狩人が居ないか捜索すると…いた。

最上位クラスの狩人(しろへ~、蓬莱くん含む)も居れば、まだまだ始めて日の浅い狩人も居ました。

幾人かとギルドカードを交換し、

新米ハンターさんのクエストに図々しく付いていき(笑って承諾してくださいました)、

下位クエストのモンスター相手に大人気ない破壊力の装備のまま襲い掛かって瞬殺、

新米ハンターさんの度肝を抜いては称賛を浴びるという、

それはそのまましろへ~の大人気なさを露呈していました。

でも、参加したりクリアしたりはするものの、
そのたびしろへ~の側で通信が切断されてしまい、
折角貰ったギルドカードのデータをセーブしないままに終わったのが残念でした。

まあいい。向こうには渡せたし。

狩りの最中、渋滞していた行列が動き出し、ちょっとハプニングも。

そうこうしているうちに、遂に『東京ビッグサイト』に入場!
田舎者しろへ~、感動!

が、

過酷な行軍のクライマックスが待ち構えていました。
それは、即売所に当たる展示場への連絡通路。

天井が低い+高い人口密度=死ぬほど暑い。

アレばかりは、本気で挫けたくなった。
当然、許されませんから、苦しいときこそニヤリと笑って耐え抜きました。



さあ、いよいよ即売所に!以下次号。


って、もう最終日に日付が変わったよ!
今度は本気で挑むから、早起きしなきゃいけないのに!

シャワー浴びて寝る!
お休みなさい。
(前回と同じ)

#48 「はじめてのなつこみ」 ~特別篇~ “はじめてのあきはばら”

「秋葉原」。

曰く、“電気街”。
曰く、“オタクの聖地”。

遂に、しろへ~は蓬莱くんと共に魔都東京の(ある種の)伏魔殿(パンデモニウム)とも言える街に、(しろへ~は初めて)踏み込みました。

すげぇ。

1250267464-2009081417500000.jpg

電車から降りるなり、駅のホームから手厚い歓迎。

駅のポスターも何もかも、
萌!、萌!!、萌!!!

蓬莱くん曰く、何かのイベントがあるから、それで広告を出しているとか。
日にちが日にちだけに、特別に…とか何とか。

街並みは、今日がたまたまなのかも知れないけれど、
秋葉原を闊歩する人たちののバリエーションは思った程痛くなかった。

それでも、耳を生やした女の人は見ました。

それと、いかにもオタク然といった出で立ちの男性は多かったですね。
ああ、俺もそうなのか?

アニメイトの裏手にて催されていた某イベントの商品を購入する蓬莱くん。
片面に美少女のプリントを施された紙袋を手に、彼は感慨深そうに

“秋葉原には何度か来たけど、俺も遂にこんな紙袋を手にして歩く日が来るとは…”

と、呟きました。

あ、しろへ~の収穫は、とあるゲームの設定資料集一冊です。ほくほく♪

1250267467-2009081417220000.jpg

同人ショップの大御所『とらのあな』の管理しているであろう自販機コーナーを発見しましたよ。
上はくずかご。

1250267465-2009081417230000.jpg

こちらは自販機。いい感じかも。
その後、もう一件のカードゲームのお店へ行き、伏魔殿秋葉原を後にした改めて新宿へ。

ホテルにチェックイン。
(細かいことは一気に省略するが、実はかなり手こずった)

1250267462-2009081418560000.jpg

最後に、東京都庁舎の勇姿をぱちり。

…あのビルの中央から都庁レーザーが一閃されるんですね(『SONIC WINGS』より(笑)。

ねこ君達と合流、ご飯食べて、しばしうろついてからホテルへ帰還。
夜食のおにぎり食べながら、眠気と闘いながら、このブログをアップしました。

うわ!もう一時半!?
シャワー浴びて寝る!
今日は本番だ!
お休みなさい。

#47 「はじめてのなつこみ」 ~行軍篇~

母さん僕は魔都東京にいます。

はい。現在、しろへ~は魔都東京は新宿のホテル(蓬莱くんが取ってくれたやつ)にて、ブログをこちこちしています。

蓬莱くんと共に、松山から飛行機で一時間程度。魔都東京に到着。
流石は文明の利器!
JALの機内サービス、コンソメスープが美味♪

しろへ~は乗り物に若干弱いタイプなので、酔ってしまわないかと心配でしたが、思ったよりも無事にフライトを終えました。

次はモノレールで浜松町まで、続いて山手線で新宿まで。
ここで、しろへ~は酔いました。

揺れるんですよ。
停車の仕方も優しくないんですよ。
お腹空いてたんですよ。
ヒップバッグでお腹が圧迫されてたんですよ。

それでも、もどしてしまう迄には至らず、新宿に到着。
コインロッカーに大きな荷物を預けてから、やや遅めの昼食。

ついでに、旅のお供、エメラルド・スプラッシュを一粒。(前回参照)
控えめで、長持ちする甘さが良いのです。

お次は、カードゲームのお店へ。

蓬莱くんもしろへ~も、それぞれ欲しいカードがあらかた入手できて満足。

お店の中の品で、『マジック・ザ・キャザリング』のカードの一枚の価格が
\129,999というのは驚きでしたね。(冗談ではなく)

そして二人は、魔都東京の中でも特に高濃度の障気の漂うあの街へ歩を進めるのでした。

以下次号。

#46 「はじめてのなつこみ」 ~支度篇~

ありゃりゃ…。
更新を滞らせてしまった。
『放逸見聞録』の更新頻度の目安は、基本的に二日に一度と定めていたのですが…。
(しろへ~の心の中で)

…まあいいか。目安はあくまで目安。
“無理のない定期更新”
ということを第一に掲げているから。
(『Silver Tank』の「大破」さんのアドバイスから)

無理なく、程よく、引き締めて。



…はい。今日の仕事も終わって、これからぼにゃーすみです。
明日はいよいよ魔都東京へ旅立ちます!

な訳で、ちょろっと旅の支度を始めようではありませんか。

まずは、足りないものを買いましょう。

携帯電話の予備電源。
折り畳み傘。
ウェットティッシュ…のつもりが
洗顔ペーパー。
サインペン。(サインお願い用)

1250152142-2009081316530000.jpg

携帯食料。

1250152143-2009081316540000.jpg

そして氷砂糖。
しろへ~と友人達との間では、これをエメラルド・スプラッシュと呼び親しんでいます。

1250152145-2009081317300000.jpg

花京院典明さん(17)
(『ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダスト・クルセイダーズ』)より


こんなものかな?

あとは、旅客機と旅籠のチケットに各種着替え、

あわよくば作家さんにサインを入れて戴くための『モンコレ』のカード。

コミックマーケット開会待ち時間の暇潰し?のPSP(モンハン)とDSi(ドラクエに非ず)。ピクトチャットとか出来るらしい!?

上記のゲーム機と携帯電話の充電器。

二手に分けた現金(主に千円札と五百円玉)。

最後に、コミケカタログ。

よし、完璧!たぶん。

さあ、荷造りでぃ!
管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。