スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#422 犬福帳 ~ま行続き~

〈しろへ~、ある日のお土産〉
「デコポン、ゲットだぜ」

職場で貰ったのだ。

おやつ代わりに食べてみたけど、これが美味いこと美味いこと。
いくらでも食えそう。

もうそろそろ、“みかんの季節”もおしまいかねえ。



…ありていに言いまして。
このところ、ネタになる見聞もないので、“犬福帳”の項を更新しようかと。

最後に本編の大辞典を更新したのが…丸々一年前じゃんか。
とりあえず、わからない人のために説明を。


〈犬福帳とは?〉
筆者しろへ~が最も愛好するビデオゲーム『すくすく犬福』を取り上げ、キャラクターや用語などを可能な限り網羅した大辞典(のようなもの)で、しろへ~個人による同人(二次創作)作品です。


〈項目分類と数字の説明〉
“犬福”…犬福の各種形態。また、『すくすく犬福』の登場人物に飼われている犬福

“イベント”…『すくすく犬福』のゲーム本編で発生するイベントに関するキーワード

“キャラクター”…『すくすく犬福』に登場するキャラクター(犬福を除く)

“ゲーム”…ミニゲームやゲームシステム等、『すくすく犬福』のゲームプレイに関わる用語

“台詞”…魅力溢れるキャラクター達の、インパクト溢れる名(迷)台詞

“その他”…『すくすく犬福』をより楽しむ為の豆知識


数字は各項目の登場作品。

“1”は初代『すくすく犬福』、“2”は『すくすく犬福2』を指し、“(家庭用)”はコンシューマー版特有の項目。

数字のないものは、両作品に直接関係しない項目。


【犬福帳 ~ま行(続き)~】

南方有弘(みなみかたありひろ)
…キャラクター/1

実家である銭湯「南方湯」で番頭をしている、ちょっと無骨で体格のいいあんちゃん。
家業を継いでいるのか、はたまた単なる手伝いなのかは明らかではない。

年齢は26歳。
小学5年と3年の妹(※)がいるらしく、一人おもちゃ屋に足を運んで誕生日プレゼントを買おうとするなど、面倒見のよいところを見せているが…?

「なまぞ福」の“なまぞう”を飼っており、時折肩に乗せて一緒に出歩いている。
自身も犬福好きなために、利用客が犬福連れで浴場に入ろうとしても一旦咎めるだけにとどまり、結局「まあいいか」と容認してしまう。

初代『すくすく犬福』の終盤には、「世界初」と自負する“ある試み”を実行した。


※…初代『すくすく犬福』での学年。


南方湯(みなみかたゆ)
…イベント/1

『すくすく犬福』の舞台である町に建つ、一軒の銭湯。
主人公以外の登場人物も訪れる、この銭湯の暖簾をくぐれば、有弘あんちゃんが番台に鎮座している。

昔ながらの佇まいながらも、世界初(自称)の“犬福専用湯船”を備えている画期的な銭湯として、地域住民に親しまれている…と思う。


ミニゲーム(みにげーむ)
…ゲーム/1・2

『すくすく犬福』というゲームを三つの要素に分けたとき、“クイズ”と“育成”、最後にくるのがこれ。
クイズの時と同じく、最大4つのボタンだけで操作するのが共通の特徴。

初代『すくすく犬福』には7種類、『犬福2』では16種類のミニゲームが用意されており、どちらの作品でも本編中に発生したミニゲームの勝ち負けや成否で、犬福のパラメータの増減が変化する。
無論、勝利(成功)した方がパラメータの上昇値は高くなる。

一部の種目には、犬福の形態で性能が大きく変わって、対戦での有利不利に影響されるものがあるが、これこそがすくすく犬福の醍醐味と言っても過言ではない。

なお、初代のアーケード版では、犬福の形態だけでなく“すばやさ”や“ちから”の数値までもが性能に影響しており、育て方次第では目を疑うような大活躍を見せることもしばしばだった。


ミニゲームギャラリー(みにげーむぎゃらりー)
…ゲーム/1・2(家庭用)

コンシューマー版(PS2版)にのみ実装されているコンテンツで、ゲーム本編に登場するミニゲームだけを抜き出し、何度でも遊べるようにしたもの。
苦手なミニゲームを練習するも良し、対戦ツールとして遊ぶも良し。

特に、『犬福2』のミニゲームは、本編一周を通して一度しか遊べないものが多いので、ここで練習を繰り返してクリアできるようにすると良いだろう。


ミルク(みるく)
…ゲーム/1・2

犬福に与えるえさの一つで、ごくふつうの牛乳。
わりかし“身長”の伸びが良いという以外、取り立てて特徴はない。

犬福を太らせたくない、どのえさを与えようか迷う、そんなときに選ぶと良いかも。
犬福の受けも悪くなく、きっともぐもぐと食べてくれる筈。

牛乳は、よく噛んで。


みんなでクイズ地獄(みんなでくいずじごく)
…ゲーム/1・2(家庭用)

初代『すくすく犬福』の“クイズ地獄モード(100問クイズ)”を最大四人で同時に遊べるようにしたもので、“ミニゲームギャラリー”と同じくコンシューマー版のみのコンテンツ。

このモードを三人以上で遊ぶときは、一つのPS2コントローラーを二人のプレイヤーで共有する…というユニークな操作法が最大の特徴。
一人は従来通り○×△□のボタンを使い、もう一人は上下左右の方向キーを使ってクイズに答えることになる。

これ以外は、通常のクイズ地獄のルールと変わらない。
スポンサーサイト

#411 しろへ~、一階級昇進 ~後編~

〈漫画『ドリフターズ』のわかりやすい概要〉
“平野耕太の『ワールドヒーローズ』”。

私しろへ~に言わせると、あれは“かっこいいワーヒー”です。
いや、漫画自体は面白いんですよ?

ちなみに、初代ワーヒーは、しろへ~が生まれて初めてワンコインクリアしたアーケードゲーム。
しかも、初回プレイで(笑)。

どんだけぬるいゲームだったんだ?



(前回の続き)
コアな人気を誇る『HELLSING』の名悪役、少佐。

『ラピュタ』のムスカ大佐の身長を縮める代わりに横幅を増やし、さらにお肉を増量したような彼の見栄えは、とてもエレガントとは言い難い。

が。

悪といえども決して揺るがなかった信念と執念、最期まで悠然とした物腰と弁舌からは圧倒的なカリスマ性がみなぎり、作中の同志と読者の多くを魅了した…ことと思う。

つい最近読破した程度のにわか読者が、こんな解説をするのは甚だ滑稽であることは百も承知ですので、その辺は見逃してくださいまし。


…とまあ、そんな少佐の内的宇宙をこれでもかと見せつけてくれた名台詞が、以下の演説。
馬鹿長いので要注意。
(単行本4巻より抜粋)



諸君、私は戦争が好きだ
諸君、私は戦争が好きだ
諸君、私は戦争が大好きだ

殲滅戦が好きだ
電撃戦が好きだ
打撃戦が好きだ
防衛戦が好きだ
包囲戦が好きだ
突破戦が好きだ
退却戦が好きだ
掃討戦が好きだ
撤退戦が好きだ

平原で、街道で
塹壕で、草原で
凍土で、砂漠で
海上で、空中で
泥中で、湿原で

この地上で行われる、ありとあらゆる戦争行動が大好きだ

戦列をならべた砲兵の一斉発射が轟音と共に敵陣を吹き飛ばすのが好きだ

空中高く放り上げられた敵兵が効力射でばらばらになった時など心がおどる

戦車兵の操るティーゲルの88mm(アハトアハト)が敵戦車を撃破するのが好きだ

悲鳴を上げて燃えさかる戦車から飛び出してきた敵兵をMGでなぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった

銃剣先をそろえた歩兵の横隊が敵の戦列を蹂躙するのが好きだ

恐慌状態の新兵が、既に息絶えた敵兵を何度も何度も刺突している様など感動すら覚える

敗北主義の逃亡兵達を街灯上に吊し上げていく様などはもうたまらない

泣き叫ぶ虜兵達が私の振り下ろした手の平とともに金切り声を上げるシュマイザーに薙ぎ倒されるのも最高だ

哀れな抵抗者(レジスタンス)達が、雑多な小火器で健気にも立ち上がってきたのを
80cm列車砲(ドーラ)の4.8t榴爆弾が都市区画ごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える

露助の機甲師団に滅茶苦茶にされるのが好きだ

必死に守るはずだった村々が蹂躙され女子供が犯され殺されていく様はとてもとても悲しいものだ

英米の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ

英米攻撃機(ヤーボ)に追いまわされ害虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだ

諸君、私は戦争を、地獄の様な戦争を望んでいる

諸君、私に付き従う大隊戦友諸君
君達は一体、何を望んでいる?

更なる戦争を望むか?
情け容赦のない糞の様な戦争を望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし、三千世界の鴉を殺す嵐の様な闘争を望むか?

「戦争(クリーク)!!」
「戦争(クリーク)!!」
「戦争(クリーク)!!」

よろしい、ならば戦争(クリーク)だ

我々は満身の力をこめて、今まさに振り下ろさんとする握り拳だ

だが、この暗い闇の底で半世紀もの間堪え続けて来た我々に、ただの戦争ではもはや足りない!!

大戦争を!!
一心不乱の大戦争を!!

我らはわずかに一個大隊、千人に満たぬ敗残兵にすぎない

だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している
ならば我らは諸君と私で、総兵力100万と1人の軍集団となる

我々を忘却の彼方へと追いやり、眠りこけている連中を叩き起こそう
髪の毛をつかんで引きずり降ろし、眼を開けさせ思い出させよう

連中に恐怖の味を思い出させてやる
連中に我々の軍靴の音を思い出させてやる

天と地のはざまには、奴らの哲学では思いもよらない事がある事を思い出させてやる

一千人の吸血鬼の戦闘団(カンプグルッペ)で
世界を燃やし尽くしてやる

「最後の大隊、大隊指揮官より全空中艦隊へ」
目標、英国本土、ロンドン首都上空!!

第二次ゼーレヴェー(あしか)作戦
状況を開始せよ

征くぞ、諸君



…こんなの。

この馬鹿長い演説が大ウケし、それからというもの、文中の単語を好き勝手にアレンジして、面白おかしい演説に仕立て上げる暇人達が出始める訳で。

“私はソニーが好きだ”とか“私はシュークリームが好きだ”とか“私は原哲夫ワールドが好きだ”とか。

で、私しろへ~もそれに倣い、ひとつ演説をおっ始めてみる。
なに、いつものやつですよ。

続きを読む

#278 犬福帳・コラム ~俺とゲースと犬福と~

フランス人しろへ~、ある日の呟き〉
「あ…ありのまま 今起こった事を話すぜ!
『おれは 一冊の漫画を買うだけの為に本屋に入っていたと思ったら いつのまにか八冊の漫画を買っていた』

な…何を言っているのかわからねーと思うが
おれも 何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…
抱き合わせ術だとか超セールスだとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……」

しかも、目的の漫画は見つからなかった(苦笑)。
また明日探すさ。
…ってか、この漫画すげー面白え!買って正解♪


〈以下、本題〉

…“ゲース”が、潰れた。

いや、正確に言うと、“潰れていた”だろうか。

何故なら、それは、しろへ~が“ケンさん”こと「はたのけん」さんのブログ『はたのさんちの雑記帳』を拝見していて初めて知った事だったから。

先日、ケンさんが所用で愛媛松山に帰還し、久々に市街中心部を散策していて気付いたそうな。

よりにもよって、ゲースから程近い場所に住んでいる筈のしろへ~が知らなかったとは!
どれだけの間、あの近辺に立ち寄らなかったのかが窺い知れよう。

過去にも述べたが、ゲースとは、愛媛松山のアーケード街“銀天街”に存在するゲームセンター「GAME IN BASE(ゲーム・イン・ベース)」の事。

そこは、かつてのしろへ~が頻繁に通っていた、二階構成のちょっと狭苦しいゲーセンだった。

そして何より、しろへ~が初めて『すくすく犬福』というゲームに出逢ったゲーセンだった。


…以下、例によって馬鹿長くなるので、気の向かれた方のみどうぞ。

続きを読む

#274 犬福帳 ~ま行続き~

〈しろへ~、ある日の呟き〉
「…ATM(※)ならローソン♪」

※…“Anti Tank Missile”=対戦車ミサイル。


…夏のコミックマーケットやらメタルマックス3など、何やかやあったお陰でしばらく更新が止まっていた“犬福帳”。
と言うか、上の文章は去年の10月の話題です。

一体、どれだけ放置していたというのか。

…気を取り直して。
今回は、「む」「め」「も」の項目をいってみましょう。
いつにも増して馬鹿長いので、注意して御覧くださいませ(苦笑)。

これ以前の記事に興味をお持ちの方は、カテゴリ“犬福帳”をどうぞ。


〈項目分類と数字の説明〉
“犬福”…犬福の各種形態。また、『すくすく犬福』の登場人物に飼われている犬福

“イベント”…『すくすく犬福』のゲーム本編で発生するイベントに関するキーワード

“キャラクター”…『すくすく犬福』に登場するキャラクター(犬福を除く)

“ゲーム”…ミニゲームやゲームシステム等、『すくすく犬福』のゲームプレイに関わる用語

“台詞”…魅力溢れるキャラクター達の、インパクト溢れる名(迷)台詞

“その他”…『すくすく犬福』をより楽しむ為の豆知識


数字は各項目の登場作品。

“1”は初代『すくすく犬福』、“2”は『すくすく犬福2』を指し、“(家庭用)”はコンシューマー版特有の項目。

数字のないものは、両作品に直接関係しない項目。


【犬福帳 ~ま行続き~】

昔の癖(むかしのくせ)
…イベント・台詞/1

初代『すくすく犬福』で、11月のイベントの最中に主人公が銭湯「南方湯」の前で“大滝姉妹”の妹である「まい」さんと遭遇、会話するシーンでの事。

別れ際、彼女が男湯側の入り口から入っていこうとするのを呼び止めてみると…
「あら?いっけな~い。つい昔の癖で…」
…というリアクションが返ってくる。

「“昔”って!?」と主人公も突っ込んでいるように、彼女の過去が大変気になる思わせ振りの台詞だが、真相が明かされることはなかった。


メカキートン
…その他/1

初代『すくすく犬福』で登場した玩具セット「怪ロボットセット」に入っている、赤くて怪しいロボットの名前。

本名は「ブラスター・キートン」。
「緋炎」や「真尾まお」などと同じく、シューティングゲーム『ソニックウイングス』のパイロットキャラクターである。

アーケード版のシリーズ全てに登場する彼だが、第一作の彼はいたってシリアスな生身の人間で、正義を愛する強気な熱血アメリカンだった。
エンディングでは宇宙空間の只中で行方不明となり、星になったかと思いきや、次作で珍妙なメカとなって復活を遂げる。

以降、回を重ねる毎に性能と奇天烈さがパワーアップ。
同時に性格までもがぶっ飛び始め、すっかりイロモノキャラクターとしての地位を不動のものにしてしまった。

腕のドリルと鉄球が最高に渋い、通常の3倍のパワーを誇るロボットである。


メカ福・地上型(メカふく・ちじょうがた)
…犬福/1・2

“介護”“愛玩”をコンセプトに、「板良エリー」女史が開発、設計したという『メカ犬福』の試作第一号。

実際の犬福と比較すると、足が車輪だったり耳が尖っていたり、何より顔つきがメカっぽい。
色とシルエット、強いて言えば尻尾が似ている程度の出来である。

とにもかくにも、愛嬌の欠片も感じられない面構えが致命的な特徴だが、このシリーズの顔が終始変わることはなかった。

“パンを食べる”という(無駄な)機能が搭載されており、主人公の犬福とミニゲーム『ジャンプぱく』で対決する。
試作なだけあり、性能はさほど高くないらしく、勝利は比較的容易。


〈メカ福こぼれ話〉
『犬福2』では、この“地上型”が商品化されるエピソードがある。

厳密には、下の“Ver.Ik”のイベントを見るための条件を満たしていない状態で、3月に“模型屋”へ行った場合に発生する汎用イベントなのだが。

“本物以上”とさえ言われる、このメカ福の気になる性能だが、以下に挙げてみよう。

1…移動速度、時速1000mm。
2…10時間充電で3分間稼働。
3…三得ナイフ装備。


…確かに(ある意味)凄い性能である。

が。

それゆえに、このメカ福の開発元がかの“板良研究所”であるとは到底考えにくい。
一体、どこのメーカーが開発したのだろうか…?


メカ福・“Ver.Ik”(メカふく・バージョンアイケイ)
…犬福/2

「板良研究所」の科学者「郁瀬」さんが、数年かけて研究、開発してきた『メカ犬福』の完成形。

基本的には前述の“地上型”と外観が同じだが、耳や車輪に黄色のカラーリングが施され、何より特徴的な“角”が取り付けられているのが相違点。

“本当に人々の為に役立つメカ福をつくる”という想いの元、幾度かの改良と二度の大事件を経てついに完成、商品化された。

『犬福2』で郁瀬さん関連のイベント全てをこなし、かつ途中のミニゲーム『ラブミーテンダー』をクリアした状態で、3月の行き先に“模型屋”を選ぶとイベント発生。
“Ver.Ik”の姿が見られる。

「ゴーリキー」の看板娘「富田」さん曰く、“マスターでグレードな出来栄え”とのこと(笑)。


メカ福・飛行試験タイプ(メカふく・ひこうしけんタイプ)
…犬福/1・2

「板良エリー」女史が研究、開発した、『メカ犬福』の試作第三号。

従来の愛嬌ゼロな表情はそのままに、こちらは青のカラーリングが施されている。
「格好良いでしょ?」とはエリー女史の言だが、同意を求められてもちょっと困る。

足代わりのタイヤを廃して四基のブースターを搭載しており、通常はホバーで移動し、ジャンプの際にはジェット噴射(?)で上昇する。
自在な飛行はまだ出来ないらしい。

“パンを食べる”(要らない)機能も変わらず、地上型と同じく『ジャンプぱく』で対決。

初代『すくすく犬福』では電柱から降りられなくなった子猫を助けていたが、『犬福2』ではエリー女史の企みにより、他のメカ福と共に街中を荒らしていた。


メガ福平和記念公園(メガふくへいわきねんこうえん)
…イベント/2

『犬福2』の舞台となる街にある広場で、観光名所として知られる。

記念碑によると、
「これはかつてこの街に出現し、市民を恐怖させた犬福型汎用兵器“メガ福”の残骸です」
…とあり、広場の中央には前作に登場、陸上自衛隊の“特殊現象対策班”によって破壊されたメガ福の巨大な残骸が、モニュメントとして遺されている。

だが、その水面下では板良エリー女史による修理と改造が進んでおり、遂には『オメガ福』として復活を果たした。
その際、残骸が飛んでいってしまったため、広場には記念碑しか残されていないものと思われる。


女神様(めがみさま)
…キャラクター/2

『犬福2』のエンディングにのみ登場するキャラクター。

主人公のマンションの管理人さんに“福耳”(犬福の耳)を付けて、純白のドレスを着せた姿をしており、彼女と同じく京言葉を、おっとりとした口調で話す。

桜並木での最終クイズパートの直後、場面切り替わりと共に「おおきに~、女神どす~」という第一声で現れるさまはどうにも胡散臭い。
しかし、外見がはるかに優遇されている分、前作の「神様」よりは幾分ましに思える(笑)。

一方、主人公(プレイヤー)への一言コメントや犬福の最終進化の紹介、それと次回のプレイングを促すメッセージを述べる辺りは、神様と何一つ変わらない。

ちなみに、“ミサイルは大切に”という台詞は特に出ない…筈。


メタ福(メタふく)
…犬福/1・2

初代『すくすく犬福』から登場している、“すばやさ系”の進化形態。
目元のメイクとモヒカンヘアー、どうやって弾くのか分からないギターと、見たまんまのヘヴィでメタルな犬福。

初代は7月と12月に“すばやさ”が最も高い時、『犬福2』ではパラメータの高い順に、すばやさ>ちから>しんらい>かしこさ…の状態で育つとこの形態に進化する。

クイズパートの特殊能力は“コンボライフ回復”で、『ラブミーテンダー』のショットは“火炎放射タイプ”。

アーケードゲーム情報誌の『月刊アルカディア』で、“ミニゲーム『犬福ファイト』ではギターを振り回して…”という記述がなされたが、これは一切の事実無根であり、同誌次号で訂正された過去がある。
(犬福ファイトには一度も参戦していない)

余談だが、初代のイベントで、銭湯の湯船に浸かってくつろぐ姿が非常にかわいい。
是非とも一度は見て戴きたいワンシーンである。


模型メーカー(もけいメーカー)
…その他

『すくすく犬福』シリーズに登場する女性キャラクターのネーミングのモチーフ。
(ただし、一部を除く)

筆者の知る限りで、以下に列挙してみる。
“「キャラクター名」→『模型メーカー名』”で表記。

〈登場人物五十音順〉
「青島ふみ」→『青島文化教材社(アオシマ)』
「秋令斗」→『アキュレイトミニチュア』
「彩(あや)」→『アトリエ彩(アトリエさい)』
「板良エリー」→『イタレリ(イタラエレイ)』
「大滝りあ&まい」→『大滝製作所』
「田宮静香」→『株式会社タミヤ(田宮模型)』
「富田」→『株式会社タカラトミー』
「長谷その子」→『株式会社ハセガワ』
「藤(先生)」→『フジミ模型株式会社』
「龍 雲猫」→『ドラゴンモデル(ズ)』

厳密には模型メーカーではないが、『犬福2』の「小鹿」さんと「恩田」さんにも由来がある。

「小鹿」→株式会社タミヤの『小鹿第一工場』
「恩田」→株式会社タミヤ本社の所在地『静岡県静岡市駿河区恩田原』

…女性キャラクターに関しては上記の通りだが、一方の男性キャラクター名の由来は…。


問題チェンジ(もんだいチェンジ)
…ゲーム/2

「まろ福」の、クイズパートにおける特殊能力。
名前の通り、出題された問題をリスク無しで無効化し、新しい問題に変更する効果である。

一問ごとに確率で発動するタイプの能力で、制限時間内であれば、プレイヤーの任意で効果を発揮できる。無論、プレイヤーが問題チェンジの必要を感じなければ、あえて発揮しなくとも良い。

問題チェンジの操作は、1Pなら1P側の、2Pなら2P側のスタートボタンを押すだけ。

解らない問題を運良くチェンジできたからと言っても、次の問題に答えられるかどうかはまさしく別問題なので、くれぐれも過信は禁物である。





…ああ、疲れた。
寝よ寝よ。

#166 犬福帳 ~や行~

いよいよ6月に突入しました。
この一月で一年の半分が終わるというのだから、早いものです。

もう少しで梅雨になり、それが過ぎれば灼熱の真夏がやって来る。
しろへ~の苦手な季節。

とりあえず、必要最低限の雨だけ降って貰って、速やかにからりとした夏になって欲しい…と切に願うしろへ~どす。


『METAL MAX3 Limited Edition』という、つまりは限定版のゲームソフトが、エビテン(エンターブレイン)の“ファミ通販”かAmazonの通販でしか入手できないと判明して俺様呆然。

パーティメンバーの新職業に「レスラー」「ナース」「アーチスト」が追加されるという本作ですが、アーチストって芸術家?

それってどうやって戦うのだろう?
『GA』の如月さんみたいに、尖った鉛筆投擲するのかな?
はにかんだ顔して。


ネタもないので、ここは一つ、久しぶりに“犬福帳”を更新させましょう。

〈項目分類と数字の説明〉
“犬福”…犬福の各種形態。また、『すくすく犬福』の登場人物に飼われている犬福

“イベント”…『すくすく犬福』のゲーム本編で発生するイベントに関するキーワード

“キャラクター”…『すくすく犬福』に登場するキャラクター(犬福を除く)

“ゲーム”…ミニゲームやゲームシステム等、『すくすく犬福』のゲームプレイに関わる用語

“台詞”…魅力溢れるキャラクター達の、インパクト溢れる名(迷)台詞

“その他”…『すくすく犬福』をより楽しむ為の豆知識


数字は各項目の登場作品。

“1”は初代『すくすく犬福』、“2”は『すくすく犬福2』を指し、“(家庭用)”はコンシューマー版特有の項目。

数字のないものは、両作品に直接関係しない項目。


【犬福帳 ~や行~】

焼きいも(やきいも)
…イベント/1

初代『すくすく犬福』のイベントの一つ。
10月の始めに「ゆんまお」嬢と遭遇した時、彼女が小脇に抱えていた袋の中身が大量の焼きいも。

「焼きいも食べる?」の一言に思いがけず驚く主人公に対して“ちょっと買い過ぎただけ”と抗議する彼女だが、買い過ぎる事自体が彼女の欲張りぶりを露呈している。

さらに、アーケード版のイベント画面では、袋に入った焼きいもの一つ一つが一口ずつかじられており、このひとコマだけでも彼女の食い意地の悪さが窺い知れる。

ちなみに『犬福2』では、小脇に抱えた袋に豚まんが大量に入っていた。


焼さんま(やきさんま)
…ゲーム/1・2(※)

犬福に与えるえさの一つ。秋刀魚。
庶民に広く親しまれる秋の味覚で、“犬福にはもったいない”とまで言われる(笑)。

パラメータの上昇バランスが良く、豊富なDHAのお陰か「かしこさ」の上昇値に優れ、犬福もよく食べてくれる。

『犬福2』では、“種別…和食”という隠し要素を持ち、ある事柄と密接に関わっている…らしい。


※…『犬福2』での表記は「サンマ」。


横山浩子(よこやまひろこ)
…その他

愛くるしい謎生物「犬福」を生み出した原作者、いわば“犬福のお母さん”。

初代『すくすく犬福』の企画・キャラクターデザイン・犬福デザイン・グラフィックを手掛け、『犬福2』でも犬福デザインや女性キャラクターデザイン等を担当した。

本来、1996年に女史が個人で制作、発表した犬福だったが、後に「六鹿文彦」氏の企画によりクイズゲームのメインキャラクターに起用される。
そこから膨大なバリエーションの犬福が生まれ、1998年に『クイズ&バラエティ すくすく犬福』が登場し、今に至る。

なお、横山女史は犬福とは別に、『こま福』というキャラクターを個人の著作物として発表している。


予防接種(よぼうせっしゅ)
…イベント/1・2

飼い犬福の「のーてんき病」予防のため、全ての犬福ブリーダーに義務付けられているもの。

初代『すくすく犬福』では4月か5月に、『犬福2』なら7月か8月に予防接種を受けさせるよう促されるので、素直にルート選択をするだけで良い。

この期間の予防接種を怠った場合、その二ヶ月後にのーてんき病が発病し、以降、特殊なイベントが発生する。
特に、初代『すくすく犬福』では難度が格段に上昇するので注意が必要。

なお、『犬福2』の時系列では、この年から飼い主自身で接種ができるように法律が変わったらしく、練習の一環として下記のミニゲーム『予防接種を成功させろ!!』が発生する。


予防接種を成功させろ!!(よぼうせっしゅをせいこうさせろ!!)
…イベント、ゲーム/2

『犬福2』で、7月と8月のいずれかの月に動物病院まで足を運ぶと遊べるミニゲーム。

右へ左へランダムで逃げ回る犬福に狙いを定め、注射器の針を垂直落下させて接種を行うという内容。
操作法は、右移動・左移動・注射器投下のそれぞれに連動した三つのボタンで行う。

時間制限がある上にチャンスが一度きりなので焦ってしまいがちだが、落ち着いてやれば大抵どうにかなる(笑)。
一方に向かって“長駆”する犬福を追い詰めるように注射器を動かし、犬福が方向転換したところを狙うのがコツ…か?

二人同時プレイの場合、いずれかが失敗しても、もう一方が成功すれば両者クリアとなる。

しかも、命中させる対象は必ずしも自身の犬福でなくともよく、単純に標的とチャンスが二倍になったと考えると二人同時プレイの方が成功率は格段に高い。

このミニゲームの成否で「しんらい」が増減するが、失敗してものーてんき病に罹患する事はないので安心である。

#153 犬福帳 ~ら行~

…結局、“犬福帳”のら行は三分割の構成になりました。


〈項目分類と数字の説明〉
“犬福”…犬福の各種形態。また、『すくすく犬福』の登場人物に飼われている犬福

“イベント”…『すくすく犬福』のゲーム本編で発生するイベントに関するキーワード

“キャラクター”…『すくすく犬福』に登場するキャラクター(犬福を除く)

“ゲーム”…ミニゲームやゲームシステム等、『すくすく犬福』のゲームプレイに関わる用語

“台詞”…魅力溢れるキャラクター達の、インパクト溢れる名(迷)台詞

“その他”…『すくすく犬福』をより楽しむ為の豆知識


数字は各項目の登場作品。

“1”は初代『すくすく犬福』、“2”は『すくすく犬福2』を指し、“(家庭用)”はコンシューマー版特有の項目。

数字のないものは、両作品に直接関係しない項目。


【犬福帳 ~ら行~】

ラーメン(らーめん)
…ゲーム/2

犬福に与えるえさの一つで、自宅でつくったインスタントラーメンらしい。

「ちから」と「しんらい」がそこそこ上昇し、犬福の受けもそこそこ。また、肥満度もそこそこ上昇する。

また、これには“種別…中華料理”という、ある事柄に密接に関わる隠し要素が存在する。


ライカ・茨木(らいか・いばらき)
…キャラクター/1・2

「とら福」“チーグル”の飼い主で、日本人と外国人とのハーフの為、金髪碧眼。
公式設定は不明だが、ロシア人とのハーフではないかと推測。

初代『犬福』では14歳で登場し、チョコレートで理性を失った犬福の暴走を、強烈なチョップで止めてくれた事がきっかけで知り合い、一度は故郷に戻るものの『犬福2』でバイクに跨がり再登場。

少しばかり生意気で荒っぽい所もあるが、根は優しくて正義感の強い好男子。

超国家組織『プロジェクト・ブルー』に所属しており、かの“犬福虐待女”と因縁浅からぬ様子だが…?


ライフ(らいふ)
…ゲーム/1・2

プレイヤーの“体力”の様なもの。
目盛りつきのゲージで表示され、クイズやミニゲームのミスで減少(※)、ゼロになるとゲームオーバー。

“工場出荷設定”では、一度のミスで1目盛り分減少する。

設定により、目盛りの上限を加減したり、減少量を抑えたりできる(増やすことができるかどうかは不明)。


※…『犬福2』では、ミニゲームのミスでライフは減少しない。


ライフ回復(らいふかいふく)
…ゲーム、イベント/1・2

1…ゲーム本編で、定期的に通りかかる謎の「老紳士」から賜る救済措置(ごほうび)。

ライフを1目盛りだけ回復してくれるが、その前に老紳士から出題されるクイズ(通常、ノルマは1目盛り)に答える必要がある。

ライフが初めから満タンだったとき、初代『すくすく犬福』の場合は3000点のボーナスポイントを獲得する。
『犬福2』の場合、二人同時プレイ時に限り、“ちから”“かしこさ”“すばやさ”“しんらい”の全パラメータが10ずつ上昇する。

初代『すくすく犬福』では、犬福の「予防接種」を怠って、7月に「のーてんき病」を発症させた場合、同じ月に出会う老紳士が激怒する。

すると、クイズのノルマは通常1目盛りのところが6目盛りにまで増やされ、その上、この月のライフ回復を無効にされてしまう。
(しかも、次の月にはミニゲーム『犬福虐待女の恐怖』が待ち構え、過酷な展開になる)

2…『犬福2』における「でぶ福」の特殊能力。

各クイズパートの開始時に確率で発動し、画面中のでぶ福がチョコレートを嬉しそうにパクつく演出と共に、減少したライフを1目盛りだけ回復してくれる。

…聞く限りでは便利な能力に思えるが、実は致命的なバグを抱えている能力でもある。(※)


※…ライフが満タンの状態で発動し、もたんもたんとでぶ福がエンドレスで跳ね続け、ゲームが進行しなくなった。
跳ねるでぶ福はとても可愛いのだが、結局、泣く泣くゲームを中断する羽目に…(泣)。

これは筆者(しろへ~)のアーケード版『犬福2』での実体験。
家庭用(PS2版)ではバグが修正されており、ライフ最大値ではライフ回復自体が発動しない…とのこと。
(2014年5月20日、情報提供を受け訂正)


ライフ減少無効(らいふげんしょうむこう)
…ゲーム/2

『犬福2』における、「騎士福」の特殊能力。

問題が出題されるごとに確率で発動し、その問題に間違えるか時間切れになったときのライフ減少を無効化する。

能力の発動時、自慢の大盾を眼前に構える騎士福の姿が凛々しい。

見た目に恥じぬ鉄壁の能力は、発動確率の高さも相俟って、各特殊能力の中でもトップクラスの性能と言えるだろう。


『ラビオレプス』(らびおれぷす)
…その他

『RABIO LEPUS』。1987年に「ビデオシステム株式会社」が発売した、アーケードシューティングゲーム。
(横スクロールタイプ、8方向レバーで2ボタン使用)

家庭用としては、PCエンジン版とプレイステーション2版が発売された。

雪うさぎを模したロボット「USAGI」を操り、傍若無人な妖魔王によってさらわれた、「ラビット王国(バニーランド)」の王女様たちを助け出すという物語。

物語もさることながら、各キャラクターの方向性は混沌そのもので、どうにもとらえどころのない雰囲気が漂う。

その実、丁寧に作り込まれた各種システムとゲーム性は斬新さも伴い、初心者から玄人まで幅広く遊べる異色の名作だった。

初代『すくすく犬福』では、自機のUSAGIと“国王”「北白川太郎」に加えて6面ボス「テヌキーチャウド」が出演。
『犬福2』には、“王女”「北白川小桃」が、さらに、ある最終進化形態の犬福が…?


ラブミーテンダー(らぶみーてんだー)
…ゲーム/2

『犬福2』のミニゲーム。
犬福専用戦闘機『INUファイター』を操作し、「オメガ福」を撃破するのが目的。

前作の『犬福ラブミーテンダー』と同じく、縦方向のシューティングゲームだが、その内容はより本格的に、より複雑になった。

アーケード版では、ちび福を除く進化形態全てでプレイが可能で、“バルカン”“大型ミサイル”“ツインビーム”“火炎放射”“クナイビーム”“ホーミングミサイル”のいずれかのショットタイプが割り当てられ、移動速度もそれぞれで違っている。
(ショットの説明は別項にて紹介)

左移動と右移動のボタンを同時に押すと自機(INUファイター)が真っ直ぐ前進し、両方を離すと真っ直ぐ後退する。
片方だけを離した場合、押しているボタンの方向に後退する(完全に下がっているときは左右移動)。
斜め上への移動はできない。

自機の操作法が一般的なシューティングゲームのそれと違う上、オメガ福の攻撃もかなり苛烈で難度は高く、時間内に撃破できないか、自機が撃墜されてしまうと失敗となる。

ゲーム本編では一度しか遊べないミニゲームで、ある特定のルートを選択して進む必要があるが、あまり大がかりな手順ではないので、比較的容易に挑戦できるだろう。

#152 犬福帳 ~ら行続き~

【訂正の儀】、またまた始まります。

〈イメージムービー開始〉
お義母様「しろへ~さん、ちょっと」

しろへ~「あ、総帥Nお義母様…っ」

お義母様「アナタが以前更新した“ドリーム販売”の記事ですけど、あれは何一つ可笑しい話ではありませんよ」

しろへ~「え…?」

お義母様「はあ…っ、アナタ、本当に無知な田舎娘ですことね。
…いいですか?あの“ドリーム販売”は看板の『HONDA』ロゴが示す通り、『本田技研工業』のメーカー純正品を取り扱っている正規取扱店の称号の一つなのです」

しろへ~「ええっ!?」

お義母様「簡単に言えば、“うちは本田技研のお墨付き店舗です”ということね。
この“DREAM店”の他に、“PRO'S WING店”“PRO'S店”“WING店”とあって、それぞれが取り扱い車輌の排気量上限だったりHONDA車輌の専門店を示す訳です」

しろへ~「はい」

お義母様「中でも“DREAM店”は、スポーツ車輌を中心に、原付一種から大型二輪まで、HONDAの二輪車全般を専門に扱っている店舗の事。
まあ、詳しくはこちらの公式サイトを見る事ですね」

しろへ~「………お義母様、お詳しいですね…」

お義母様「…いや、まあ、アナタはこの手の知識にとんと疎いですから仕方ないですし…って、ワタクシの事よりもアナタの記事の問題です!」

しろへ~「申し訳ありませんっ、お義母様。出過ぎたことを言いました…」

お義母様「…まあ、いいでしょう。今回は無責任な嘘情報を載せた訳でもありませんし…。
…何をしているのです、今すぐに記事を訂正しにお行きなさいな」

しろへ~「はい、お義母様。教えてくださってありがとうございます」

お義母様「…ふん…っ」
〈イメージムービー終了〉

…お義母様、ちょっとツンデレ?


…ここから本題、“犬福帳”です。

〈項目分類と数字の説明〉
“犬福”…犬福の各種形態。また、『すくすく犬福』の登場人物に飼われている犬福

“イベント”…『すくすく犬福』のゲーム本編で発生するイベントに関するキーワード

“キャラクター”…『すくすく犬福』に登場するキャラクター(犬福を除く)

“ゲーム”…ミニゲームやゲームシステム等、『すくすく犬福』のゲームプレイに関わる用語

“台詞”…魅力溢れるキャラクター達の、インパクト溢れる名(迷)台詞

“その他”…『すくすく犬福』をより楽しむ為の豆知識


数字は各項目の登場作品。

“1”は初代『すくすく犬福』、“2”は『すくすく犬福2』を指し、“(家庭用)”はコンシューマー版特有の項目。

数字のないものは、両作品に直接関係しない項目。


【犬福帳 ~ら行続き~】

陸上自衛隊基地祭(りくじょうじえいたいきちさい)
…イベント/1

初代『すくすく犬福』で発生するイベントの一つで、自衛隊施設とその装備の一般公開イベント。

似たようなイベントに、海上自衛隊の“観艦式”や陸上自衛隊の“総合火力演習”といったものもあるが、それぞれ意味合いは異なる。

ここでは、自衛官の制服に身を包んだ田宮さんと「戦車福」の“のこたん”に会うことができ、ミニゲーム『犬福ファイト』が発生する。

なお、田宮さん登場時のクイズパートを“一問も間違えずに”クリアすると、その後の犬福ファイトの終了直後に隠しイベントが発生。

“一日師団長”の「真尾まお」が登場するというサプライズはファン必見!


陸上自衛隊特殊現象対策班(りくじょうじえいたいとくしゅげんしょうたいさくはん)
…その他/1

自衛官の田宮さんが所属する部署。

一般常識では対処できない事態に対応するための特殊部隊と思われる。
『ウルトラマン』における“科特隊(科学特捜隊)”と同義の部署だろうか?

また、『犬福2』に登場する小鹿さんと恩田さんに関しても、田宮さんを上官と仰いでいる描写を見る限り、どうやら同部署の所属である様だ。

竜福“ぱいろん”(りゅうふく・ぱいろん)
…犬福/1・2

“よく食べる人”(笑)ゆんまお嬢が、小さいときから修行を積ませながら育て上げたという犬福。
ぱいろんとは、恐らく“白龍”の事だろう。

赤い目、長いひげ、立派な角など、本来の犬福と違う風貌をしている上、雲に乗ってふわふわ浮くこともできる、かなりハイレベルな最終進化形態らしい。

知能も高く、飼い主のゆんまお嬢と一緒に中華料理店の手伝いまでこなす、実に良くできた犬福である。

初代『すくすく犬福』のミニゲーム『犬福飯店』では、操作説明のガイド役(?)として登場するだけで、こちらの犬福と張り合うことはない。

この竜福は、プレイヤーの犬福もエンディングで進化できる形態で、プライズマシンの景品としてぬいぐるみにもなっている。

…私事で恐縮だが、当時の筆者(しろへ~)と友人たちとの間では、この犬福を“たつふく”と読んでいた(苦笑)。
正しくは“りゅうふく”とのこと。


両替機(りょうがえき)
…その他

高額の紙幣や貨幣を、より少額の紙幣や貨幣に分割してもらう機械。
ゲームセンターにおいて、これが近くにあるかないかで、コンティニュー時の緊迫感は段違い。

行きつけのゲームセンターで、両替機までの距離に不安を感じたなら、店員さんに近くに置いて貰えるようお願いしてみるのも悪くないだろう。

さもなくば、あらかじめ小銭を山ほど準備しておくべきである。
コイン投入に間に合わなくて、泣きを見ないように!


りんご
…ゲーム/1・2

犬福のえさとして選べる食べ物の一つ。

パラメータの上がり方は「バナナ」のそれと似ていて、別段秀でたところはない。
しかし、甘酸っぱくて美味しい食べ物のため、犬福はわりと喜んで食べ、“しんらい”の上がりが良い。

パラメータばかりを気にした食事だけでなく、たまにはこういった食べ物を息抜きに与えてあげても良いだろう。

#150 犬福帳 ~ら行続き・わ行~

…ここ最近、当ブログ及びしろへ~の体内で犬福分が不足しているので、ここらでチャージします。

そこで白羽の矢が立ったのは、しろへ~が長いこと忘れ去っていた“犬福帳”。
(懲罰必至)

日常の話題も特に無いので、ここぞとばかりにつらつらと綴ってみましょう。
挿絵の掲載は、追々やっていこうかと。

ちなみに、ブログの記事掲載の都合上、あ行からのスタートではなく、ら行わ行からのスタートになります。


…『犬福帳』、本編の前に。

〈項目分類と数字の説明〉
“犬福”…犬福の各種形態。また、『すくすく犬福』の登場人物に飼われている犬福

“イベント”…『すくすく犬福』のゲーム本編で発生するイベントに関するキーワード

“キャラクター”…『すくすく犬福』に登場するキャラクター(犬福を除く)

“ゲーム”…ミニゲームやゲームシステム等、『すくすく犬福』のゲームプレイに関わる用語

“台詞”…魅力溢れるキャラクター達の、インパクト溢れる名(迷)台詞

“その他”…『すくすく犬福』をより楽しむ為の豆知識


数字は各項目の登場作品。

“1”は初代『すくすく犬福』、“2”は『すくすく犬福2』を指し、“(家庭用)”はコンシューマー版特有の項目。

数字のないものは、両作品に直接関係しない項目。


【犬福帳 ~ら行続き~】


りんどうを討て!!(りんどうをうて!!)
…ゲーム、イベント/2

『犬福2』のミニゲーム。
画面に現れる4種類の犬福の内、「くのいち福」の“りんどう”を素早く探し当て、その位置に連動したボタンを押す…という内容。

ボタン入力の受け付け時間はかなり短く、呑気に構えていると失敗は免れない。
画面全体を漠然と眺め、“特に赤い犬福”の居る位置のボタンを押すやり方がおすすめ。

ゲーム本編ではたった一度しか遊べない特別なミニゲームで、“りんどう”の飼い主である小鹿さんと恩田さんの登場する、全てのイベントを発生させる為のルート選択が必要である。


レーサー福(れーさーふく)
…犬福/2

『犬福2』で登場した“すばやさ系”の進化形態で、レーシングヘルメットがトレードマーク。
パラメータが“すばやさ>ちから>かしこさ>しんらい”の順番で育った犬福が進化する。

クイズパートの特殊能力は“タイマースロー”。
ミニゲーム『ラブミーテンダー』でのショットはツインビームタイプ。

『犬福ファイト』での使用も可能で、スパナやホイールを駆使して戦う。
必殺技は、地上、空中共に削り性能が高いのが特長。
特に、地上必殺技は、一部の飛び道具系必殺技をすり抜ける事のできる優れ物として重宝する。


レバー(ればー)
…その他

アーケードビデオゲーム全般で広く使われる、左手で扱う“アレ”。
「ジョイスティック」とも呼称される。

基本的に、アーケード版の『すくすく犬福』には無関係な代物だが、実はゲーム筐体内部の接続と設定次第で、レバーの上下左右を回答ボタンとして対応させることも可能。
(筆者=しろへ~が体験済み)

ただし、クイズの回答はともかく、コレでミニゲームの操作をするのは無理があるだろう。


老紳士(ろうしんし)
…キャラクター/1・2

たびたび主人公の前に現れてはライフを回復してくれる、温厚で上品な、実に素敵なおじ(い)様。
後述のロンチー様同様、神出鬼没である上、すぐに目の前から姿を消すので正体不明…と思いきや、その正体は「犬福神様」。

ちなみにこの人、『ラビオレプス』では“ラビット王国(バニーランド)国王”「北白川太郎」として登場し、
『ソニックウイングス』シリーズでは“プロジェクト・ブルー”の隊長にして“第二次大戦のエース”、「リヴァー・N・ホワイト卿」としても登場している謎の人である。

だが、彼が何者かはこの際どうでもよく、まずはライフ回復をお願いするのが犬福ブリーダーの常である。


ロンチー(ろんちー)
…キャラクター/1・2

犬福をいじめることを至上の喜びとし、犬福をいじめる為に主人公の町に出没し始めた、通称“犬福虐待女”。

犬福をいじめる為なら、他人の家を突き止めて、土足で上がり込むことも辞さない行動派。

かなりのセクシー美女だが、紙一重系の出で立ちと危険な言動の為、地域住民から、特に犬福ブリーダーと飼い犬福に恐れられている。
(あんなのが白昼堂々うろつけばなあ…)

初代『すくすく犬福』では絶対に遭遇するお邪魔キャラだった。
だが、『犬福2』の彼女は特定ルートを通らないと出現しない、隠しキャラクターに近い立ち位置である。

いずれにせよ、彼女に遭遇してしまった犬福は、恐ろしいミニゲームへの挑戦を余儀なくされてしまう。

警察も捜査しているのだが、あまりの神出鬼没ぶりにほとほと手を焼いているとか。
また、超国家組織“プロジェクト・ブルー”にも追われている身であるらしい。

彼女の正体や、犬福をいじめる理由は明らかにされていない。
しかし、『犬福2』では彼女の正体の鍵を握る人物が…?

なお、ロンチーは“竜吉”と書き、彼女の正式な名前は「竜吉公主」であるらしい。


龍 雲猫(ろん・ゆんまお)
…キャラクター/1・2

“三度の飯より飯が好き”(あれ?)という感じのする、ロングヘアーの女の子。

初代『すくすく犬福』では、「竜福」の“ぱいろん”と共に中華料理店でアルバイトをしていた17歳の高校生として登場。
彼女の登場するイベントでは、大概“犬福飯店”のミニゲームが楽しめる。

『犬福2』でも登場するが、学生なのか社会人なのかははっきりしていない。

食べ物が絡むと、たとえ豚まん一つでも目の色を変えて執着し(比喩ではない)、
もしも奪われようものなら、奪った相手の顔は決して忘れない粘着質。
逆に自分の手中に納めれば、この上ない至福の表情を「むふ~」と浮かべる。

このような彼女の食い意地の悪さを、自身は全く自覚していないらしいが、
基本的にさっぱりと気っ風のよい、友達としては理想の性格。

料理の腕には自信があるらしい。


【犬福帳 ~わ行~】


『わくわく犬福園』(わくわくいぬふくえん)
…その他

『すくすく犬福』シリーズのオフィシャルウェブサイト。

各種イベント情報や読者による犬福写真投稿等、犬福全盛期にはそこそこ賑わっていたようだが、
2007年5月の更新を最後に、現在では残念ながら活動を停止している。



わんぱくでぶ福(わんぱくでぶふく)
…犬福/2

『犬福2』で登場した“ちから系”の進化形態。
はち切れんばかりのジーンズと片耳に被った野球帽がかわいい。

進化条件は、“ちから”のパラメータが最も高い状態で、かつ肥満度が32パーセントを越えた時。

クイズパートでの特殊能力は“得点3倍”。
ミニゲーム『ラブミーテンダー』でのショットは大型ミサイルタイプ。
残念ながら、『犬福ファイト』には参戦しない。

通称“石塚福”(笑)。



わんぱく福(わんぱくふく)
…犬福/1・2

前後逆に被った野球帽と、ほっぺたの絆創膏がトレードマークの犬福で、“ちから系”の進化形態。

初代『すくすく犬福』では7月と12月に“ちから”が最も高い状態で、
『犬福2』では、パラメータの高い順にちから>すばやさ>しんらい>かしこさ…で育てると、この形態に進化する。

クイズパートでの特殊能力は“得点2倍”で、
ミニゲーム『ラブミーテンダー』でのショットはツインビームタイプ。

前述のわんぱくでぶ福同様、『犬福ファイト』には参戦しないのが悔やまれる。
また、初代『犬福ラブミーテンダー』でも使用できなかった、不遇の進化形態でもある。

個人的には、ミニゲームで負けた後の、涙をぽろぽろこぼした泣き顔が可愛くて好きである。

#36 犬福帳 はじめに

…皆様は、この記事から丁度10回前の記事、『#26 カテゴリあれこれ』を覚えていますか?

当ブログ『放逸見聞録』の記事のカテゴリ(部門)の一つ一つを説明した記事です。
軽く調べてみるとわかると思いますが、『#26』で説明したカテゴリは9種類。

一つ足りません。

これは、しろへ~が忘れたわけではありません。
しろへ~が故意に忘れたように見せかけ、賢明なる読者の皆様に“一つ足りないよー?”としろへ~への指摘を促し、逆に皆様の注意を引く…という策略でした…が。

皆様からのご指摘、なし。

策士策に溺れる。

…気付かれなかったか。
ションボリ・ラ。
という訳で、残り一つのカテゴリの説明をします。

続きを読む

管理人の自己紹介

しろへ~

Author:しろへ~
社会的地位…のったりと日常生活を送る傍ら、スリリングなハンター稼業に身を投じる落第社会人。
モットー…“真面目に、楽しく、気楽に、全力で!…程々に”
座右の銘…「自己制御」「笑門来福」「至誠通天」

大好物…『犬福』
(自画像?の奥に居る、白くて丸いの)

Twitterアカウント…「srh_hakugei」

ご案内…初めてお越しの方は、カテゴリ“ご挨拶”をご覧戴く事をお勧めします。

閲覧上の注意…当ブログの記事は、「しろへ~」の認識不足により、間違った情報を悪意なく載せてしまう事があります。
その際は、遠慮なくご指摘ください。

挨拶…「しろへ~」の人となりは、当ブログを読めば解るような解らないような感じですが(笑)、どうぞ宜しくお願い致します。

個人的趣味のおすすめリンク集
管理人の趣味でリンクさせて戴いております。(一方通行多し)
可憐だ…(及川光博)
最新記事の表示や、カテゴリー別検索なども可能みたいですよ。

ブロとも申請?本気かね?
ちょっと待ってくれ、話し合わないか? (ブロともになろうという前に)

この人とブロともになる

検索フォーム
ブログを翻訳してみよう!
国旗をクリックすると、ブログの内容がその国の言語に翻訳されます。
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。